クライスラーの買取査定相場と市場での位置づけ

クライスラーの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

GM、フォードとともにかつては「米国ビッグスリー」の一角を占めていたアメリカを代表する自動車メーカー。

 

1925年にウォルター・P・クライスラーが創業。

 

独自のクルマ作りでアメリカ自動車文化に寄与してきた歴史を持ちます。

 

1998年にダイムラーベンツと合併し、一時は業績を伸ばしたものの、2007年に合併が解消され2008年には経営破綻。

 

その後、2014年にフィアットと経営統合してFCA(フィアットクライスラーオートモービルズ)の一員となり、正式な企業名は「FCA US」となっています。

 

 

 

 

現在の車種ラインナップは少なく日本へ輸入されているのはクライスラー300の一車種のみ。

 

日本市場ではジープブランドのセールスに力を入れています。

 

そんな同社の車種別の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて各ページで解説しています。

 

 

 

クライスラーの買取査定相場と市場での位置づけ記事一覧

クライスラー300の買取査定相場と市場での位置づけ

現在のの買取価格の相場は、47.6万円〜349.0万円クライスラー300の買取相場一覧クライスラー300の買取査定の事例を一覧にまとめました。査定時期年式車名・グレード・走行距離査定額2017年11月2015年(平成27年)300 リミテッドプラス / 0.3万km3,210,000円2017年9月...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談