クライスラー300の買取査定相場と市場での位置づけ

クライスラー300の買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のの買取価格の相場は、47.6万円〜349.0万円

 

 

クライスラー300の買取相場一覧

 

クライスラー300の買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2017年11月 2015年(平成27年) 300 リミテッドプラス / 0.3万km 3,210,000円
2017年9月 2015年(平成27年) 300 リミテッドプラス クルージングパッケージ / 1.7万km 2,058,000円
2017年8月 2014年(平成26年) ベースグレード / 0.9万km 3,894,000円
2017年6月 2006年(平成18年) ベースグレード / 8.8万km 1,690,000円
2017年5月 2015年(平成27年) 300C ラグジュアリープラス / 0.5万km 2,827,000円
2017年3月 2006年(平成18年) 5.7 HEMI / 2.4万km 1,726,000円
2017年2月 2007年(平成18年) 5.7 HEMI / 5.5万km 1,433,000円

 

 

 

クライスラー300の特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

アメリカンマッスルカーを彷彿とさせる300は、日本に輸入されるクライスラーブランドの唯一の車種です。

 

 

日本車にも欧州車にもない独特のオーラを醸し出し、根強いファンがいる一台でもあります。

 

 

「300」というのは、もともと1950〜60年代に名を馳せた同社の高性能モデルの車名でした。

 

 

それが長いブランクを経て、1999年にFFプラットフォームを持つセダンとして復活。

 

 

さらにはダイムラーとの合併により生まれたFRのビッグセダンに「300」のネーミングが与えられて、2004年に世に送り出されたのです。

 

 

ダイムラー・クライスラー時代の300Cのプラットフォームをベースに、エクステリアデザインなどを見直したのが現行モデル。

 

 

つまり同車格のメルセデス・ベンツEクラスと血縁関係にあるともいえるクルマです。

 

 

2015年のマイナーチェンジでグレードは300S、300SRT8となり、スポーティ&ワイルドにイメージチェンジしました。

 

 

全長5070mm、全幅1905mmと絶大な存在感のあるフルサイズセダンで、高いウエストラインで面積を絞ったサイドウインドウがクラシカルで逆に新鮮です。

 

 

美しいブルーに輝くメーターパネルが特徴で、ナイトドライブ中の車内を鮮やかに彩ってくれます。

 

 

 

 

「現代の技術水準で味わえる古き良きアメ車」

 

 

そんなネオクラシックの代表格は2012から日本にも導入され、派手にカスタマイズされた車両を目にする機会も増えてきています。

 

 

個人的には、人気海外ドラマ『ブレイキング・バッド』の主人公ウォルター・ホワイトが、長年乗っていたポンティアック・アズテックからSRT8に乗り換えたシーンが印象的でした。

 


現行モデル購入アドバイス!

グレードは「S」と「SRT8」の2択。

 

 

燃費や税金など維持費の差が無視できないくらい大きいので、「S」がおすすめです。

 

 

それでもV6 3Lエンジンは余力十分でエンジンサウンドも心地よく、このクルマの醍醐味は存分に味わうことができます。

 

 

クライスラー300の買取査定アップポイント

国内での知名度は高くないものの、すでに書いたように熱狂的な愛好家もいます。

 

 

安易に下取りやオークションに出す前に、一括見積もりを利用してアメリカ車を得意とする業者を探してみましょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談