アルファロメオ ジュリエッタの買取査定相場と市場での位置づけ

アルファロメオ ジュリエッタの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のジュリエッタの買取価格の相場は、90.3万円〜250.6万円

 

手っ取り早く愛車の最高買取額を知りたいときは?

↓   ↓   ↓

 

 

アルファロメオ ジュリエッタの買取相場一覧

 

アルファロメオ ジュリエッタの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2012年(平成24年) コンペティツィオーネ / 1.6万km 1,104,000円
2016年2月 2015年(平成27年) スプリント ジュニア / 0.8万km 1,960,000円
2016年1月 2013年(平成25年) コンペティツィオーネ ホワイトエディション / 2.7万km 2,155,000円
2016年1月 2014年(平成26年) スポルティーバ / 3.5万km 1,938,000円
2015年12月 2012年(平成24年) コンペティツィオーネ / 2.9万km 1,312,000円
2015年10月 2013年(平成25年) スポルティーバ / 0.3万km 2,327,000円
2015年7月 2013年(平成25年) コンペティツィオーネ ホワイトエディション / 1.5万km 2,210,000円

 

ジュリエッタを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

アルファロメオ ジュリエッタの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

往年の名車の名が5ドアハッチバックでリバイバル。

 

 

第二次世界大戦後、量産車メーカーに転換したアルファロメオ社が1960年代に誕生させた“伝説のクルマ”を、アルファ147の後継として復活させたのがジュリエッタです。

 

 

盾型グリルがインパクトのある、少しファニーなフロントデザインが印象的ですね。

 

 

登場当初は1.8Lターボに6速MTが組み合わされたクアドリフォリオ ヴェルデがイメージリーダーでしたが、現在は2ペダルのみとなっています。

 

 

充実装備ながら320万円を下回る価格が魅力的だった「スプリント」が廃止になったのは残念。

 

 

現在は「スポルティーバ」が最安モデルとなっています。

 

 

 

 

全長4,350mmのキビキビ走るショートボディは、顔つきこそ変わったものの、147、156など近年のモデルに馴染んだアルフィスタには身近に思える存在でしょう。

 

 

アルファロメオ ジュリエッタの買取査定アップポイント

走行距離の少ない個体であれば、条件の良い査定額が出ている一台です。

 

 

乗り換えを考え中なら、早めの見積もり確認がグッドですよ。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

クルマの買い替えるときって、ワクワクしますよね。

 

でも、商談してるときに新しい車の値引き額ばかり気にしてませんか?

 

実は「今の車をいくらで買い取ってもらえるか?」のほうが重要だったりします。

 

私自身、下取り10万円と言われたスイフトが買取専門店で25万円で買い取ってもらえたことがあります。

 

その差額を購入代金にあてて、次のクルマのグレードをひとつアップできてしまいました。

 

それからは、クルマを売るときは “まずは一括査定を試してみる” と決めています。

 

試してみて1万円でも高く売れるなら、損をしないで済むということですからね。

 

申込は1分で終わるし、すぐに高額査定の会社が分かるから便利ですよ。

 

そのまま下取りに出したら

10万円以上損してるかも?

関連ページ

ミト
アルファロメオ ミトの年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
147
アルファロメオ アルファ147の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
159
アルファロメオ アルファ159の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
GT
アルファロメオ アルファGTの年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
アルファスパイダー
アルファロメオ アルファスパイダーの年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談