アウディA3の買取査定相場と市場での位置づけ

アウディA3の買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のアウディA3の買取価格の相場は、19.6万円〜334.6万円

 

手っ取り早く愛車の最高買取額を知りたいときは?

↓   ↓   ↓

 

 

アウディA3の買取相場一覧

 

アウディA3の買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年12月 2014年(平成26年) セダン1.4 TFSI LEDライト/コンビニエンスパッケージ / 1.3万km 1,566,000円
2016年11月 2013年(平成25年) スポーツバック1.4 TFSI コンビニエンスパッケージ / 2.0万km 1,392,000円
2016年10月 2009年(平成21年) スポーツバック1.4 TFSI SEパッケージ / 6.8万km 694,000円
2016年9月 2008年(平成20年) スポーツバック1.8 TFSI リミテッド / 3.4万km 505,000円
2016年7月 2012年(平成24年) スポーツバック 1.4 TFSI / 3.6万km 379,000円
2016年6月 2005年(平成17年) スポーツバック アトラクション / 6.2万km 98,000円
2016年4月 2012年(平成24年) スポーツバック 1.4 TFSI Sラインパッケージ / 2.2万km 530,000円
2016年3月 2005年(平成17年) スポーツバック 3.2 クワトロ / 3.7万km 795,000円
2016年3月 2009年(平成21年) スポーツバック 2.0 TFSI クワトロ SEパッケージ / 4.8万km 1,058,000円
2016年2月 2014年(平成26年) セダン1.8 TFSI クワトロ 4WD / 1.3万km 2,576,000円
2016年2月 2008年(平成20年) スポーツバック 2.0 TFSI クワトロ / 4.0万km 821,000円
2016年1月 2007年(平成19年) スポーツバック 2.0 FSI SEパッケージ / 5.5万km 366,000円
2016年1月 2009年(平成21年) スポーツバック 1.4 TFSI / 5.0万km 1,110,000円

 

アウディA3を高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

アウディA3の特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

“小さな高級車”として1996年に初代が発売されたアウディのエントリーモデル(当時)も、現モデルで3世代目。

 

 

“ゴルフクラス”と呼ばれるCセグメント・ハッチバック市場で累計生産300万台を達成し、日本でも同社の主力車として好セールスを続けています。

 

 

現行型では最新のモジュールプラットフォームが採用したことで、量産性と軽量化を実現。

 

 

フォルクスワーゲン ゴルフと主要メカニズムを共有することから、実用性の高い効率的なパッケージを誇ります。

 

 

大勢でドライブすることが多かったり、大きな荷物を積むのでない限り、必要十分だと感じられるでしょう。

 

 

インパネやダッシュボードのデザインはゴルフとは全く異なり、同社らしい高級感のある仕様となっています。

 

 

 

 

3代目では、5ドア(スポーツバック)のみだったバリエーションにセダンを追加したこともニュースになりました。

 

 

両タイプともに車両幅は1,800mmを切る設定で、大きすぎず扱いやすいサイズ感となっているのは、どんどんボディが幅広になるこのご時世では嬉しいところです。

 

 

エンジン構成は、FFには1.4L、クワトロ(フルタイム4WD)には1.8Lを搭載。

 

 

さらに2015年10月には、1.4Lターボに電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデル“e-tron”を追加して、選択の幅を広げています。

 

 

 

 

アウディA3の買取査定アップポイント

乗り比べると明らかなのですが、同クラスの日本車とは“走りの心地よさ”がまるで別次元の一台です。

 

 

そこのところを知らずに「同じ小型車だから・・・」と安値で買い取ろうとする業者には売らないようにしましょう。

 

 

外車の良さ、違いを熟知している輸入車取扱い業者を選んで売却したいものです。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

クルマの買い替えるときって、ワクワクしますよね。

 

でも、商談してるときに新しい車の値引き額ばかり気にしてませんか?

 

実は「今の車をいくらで買い取ってもらえるか?」のほうが重要だったりします。

 

私自身、下取り10万円と言われたスイフトが買取専門店で25万円で買い取ってもらえたことがあります。

 

その差額を購入代金にあてて、次のクルマのグレードをひとつアップできてしまいました。

 

それからは、クルマを売るときは “まずは一括査定を試してみる” と決めています。

 

試してみて1万円でも高く売れるなら、損をしないで済むということですからね。

 

申込は1分で終わるし、すぐに高額査定の会社が分かるから便利ですよ。

 

そのまま下取りに出したら

10万円以上損してるかも?

関連ページ

A4
アウディA4の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
A5
アウディA5の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
A6
アウディA6の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
A8
アウディA8の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
TTクーペ・ロードスター
アウディTTクーペ・ロードスターの年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談