キャデラック エスカレード 買取 査定 相場

キャデラック エスカレードの買取査定相場と市場での位置づけ

キャデラック エスカレードの買取相場一覧

 

 

 

キャデラック エスカレードの買取査定額をまとめました。

 

※随時、最新情報を追加していく予定です。

 

エスカレードを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2007年(平成19年) ベースグレード / 11.6万km 2,368,000円
2016年2月 2008年(平成20年) エスカレード / 9.6万km 1,295,000円
2016年1月 2005年(平成17年) エスカレード / 4.1万km 1,809,000円
2016年1月 2008年(平成20年) ベースグレード / 14.3万km 2,065,000円
2015年12月 2015年(平成27年) プラチナム / 1.0万km 9,774,000円
2015年9月 2006年(平成18年) ベースグレード / 5.2万km 4,945,000円

 

愛車の最高買取額を知りたいときは?

 

当サイトで一番オススメの一括査定サイトは『ズバット車買取比較』!

 

 

キャデラックエスカレードの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

ゼネラル・モーターズ(GM)のキャデラックブランド部門が開発生産しているフルサイズSUV。

 

 

2015年に登場した現モデルは4代目で、先代よりもさらにサイズアップ。

 

 

全長5195mm、全幅2065mm、全高1910mmと、とにかくアメリカンなビッグボディを誇り、3列シートに最大8名が乗車できてミニバン的な使い方も可能になっています。

 

 

基本メカニズムは3代目・GMT900からのキャリーオーバーですが、内外装は一新。

 

 

外装は最近のキャデラックらしくエッジの効いたシャープなデザイン。

 

 

内装にはナッパレザーやウッドをふんだんに使って、いい意味でアメ車らしくない丁寧な仕上がりが特徴です。

 

 

 

 

やや古典的な味わいのある6.2リッターV6のOHV直噴エンジンは426ps、63.5kg-mの出力を発揮。

 

 

その一方で、気筒休止機構などを備えて燃費削減も図られるという新世代パワートレインを採用しています。

 

 

初代からの伝統であるハシゴ型のラダーフレームにボディを乗せる基本構造は変わらないため、セダン系のかっちりとした乗り味とは違い、適度に緩さのあるドライブ感覚を醸し出しています。

 

 

キビキビと飛ばして走るのではなく、ゆったりと運転を楽しみたくなる一台です。

 


現行モデル購入アドバイス!

「プラチナム」は内装を含めて最上級の仕上がり。

 

 

プレミアムSUVとして欧州勢に全く引けを取らない高級仕様です。

 

 

しかし、約100万円廉価な「プレミアム」でもフルLEDヘッドライトは装着され、セミアニリンではないもののフルレザーのシートを装備するので大きく見劣りすることはありません。

 

 

そのうえ、BOSEノイズキャンセリングも装備されていて、室内の静粛性も高いです。

 

 

キャデラック エスカレードの買取査定アップポイント

輸入される台数も限られるこのクルマは希少価値も高く、そのぶんリセールバリューは良好です。

 

 

もちろんアメリカ車の流通に詳しい買取業者に見積もりを依頼すればの話ですが。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ