ミニ コンバーチブルの買取査定相場と市場での位置づけ

ミニ コンバーチブルの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のミニ コンバーチブルの買取価格の相場は、24.5万円〜279.3万円

 

 

ミニ コンバーチブルの買取相場一覧

 

ミニ コンバーチブルの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2017年11月 2015年(平成27年) クーパー ハイゲートパッケージ / 0.7万km 1,650,000円
2017年10月 2014年(平成26年) ジョンクーパーワークス / 1.6万km 2,228,000円
2017年8月 2006年(平成18年) クーパーS 6速MT コックピットクロノパッケージ / 5.2万km 830,000円
2017年6月 2005年(平成17年) クーパー / 4.4万km 535,000円
2017年4月 2005年(平成17年) クーパー / 2.7万km 620,000円
2017年3月 2006年(平成18年) クーパーS / 9.7万km 619,000円
2017年2月 2009年(平成21年) クーパー S サイドウォーク / 1.3万km 790,000円
2017年2月 2004年(平成16年) クーパー S / 3.9万km 425,000円
2017年1月 2010年(平成22年) クーパー / 4.6万km 803,000円
2016年12月 2007年(平成19年) クーパー S サイドウォーク / 3.1万km 987,000円

 

 

 

ミニ コンバーチブルの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

派生車種の多いMINIの中で、オープンルーフの2シーターモデルは「ロードスター」、そして4シーターが「コンバーチブル」になります。

 

 

ロードスターは新生ミニの第2世代から、コンバーチブルは第1世代から登場していたモデルです。

 

 

コンバーチブルは一度販売を中断していたものが、2016年になって3世代目として復活。

 

 

ミニ 3ドアをベースにしたソフトトップスポーツモデルで、4人乗車時でも開放感を味わえるオープンエアドライブを満喫できるのが最大の魅力です。

 

 

また後部座席があるとないとでは、日常使いの利便性がまったく違ってきます。

 

 

手荷物や買い物袋を置くスペースがあるのはありがたいですし、子供のいる家庭のファミリーカーとしても候補に挙げることができますよね。

 

 

「オープンカーに憧れているけど、奥さんの許可が下りそうにない・・・」というパパさんなら、お洒落で奥様も運転しやすいサイズ、しかも使いやすさを犠牲にしていない一台としてプレゼンしてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

ミニ コンバーチブルの買取査定アップポイント

さまざまなオプションパーツを組み合わせることで “自分だけの一台” を作れるのもMINIの魅力ですが、このモデルでは、電動ソフトトップルーフにユニオン・ジャック模様を織り込むことが可能。

 

 

個性的なクルマに乗りたいというオーナーにもうってつけです。

 

 

また日本で人気絶大のミニブランドだけに、外車の中では再販価値が極めて高い。

 

 

車を売る時のことまで考えても、良い選択だと思いますよ。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

関連ページ

ミニ
ミニ(mini)の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。現在のミニ(mini)の買取価格の相場は、9.3万円〜285.6万円
クラブマン
ミニクラブマンの年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。現在のミニクラブマンの買取価格の相場は、33.6万円〜313.6万円
クロスオーバー
ミニクロスオーバーの年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。現在のミニクロスオーバーの買取価格の相場は、68.6万円〜278.6万円

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談