スマート (smart) の買取査定相場と市場での位置づけ

スマート (smart) の買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

 

時計メーカー・スウォッチとダイムラー・ベンツが手を組んで、1994年にMCC (Micro Car Corporation) が設立されたのがブランドの始まり。

 

その後スウォッチが手を引き、現在はダイムラーのみで開発と生産を行っています。

 

「最小限の中に最大限の才能を」というコンセプトのもと、今では「スモールカー、マイクロカーといえばスマート」と言われるほどの存在に。

 

また、ハイブリッド車や電気自動車もラインアップして世界で累計150万台以上を販売しています。

 

 

 

 

道路事情が小型車に適している日本でも人気で、累計で3万台以上の販売実績を誇っています。

 

そんな同社の車種別の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて各ページで解説しています。

 

 

 

 

スマート (smart) の買取査定相場と市場での位置づけ記事一覧

スマートの買取査定相場と市場での位置づけ

現在のスマートの買取価格の相場は、2.9万円〜161.0万円スマートの買取相場一覧スマートの買取査定の事例を一覧にまとめました。査定時期年式車名・グレード・走行距離査定額2017年10月2002年(平成14年)K K / 6.4万km31,000円2017年8月2008年(平成20年)フォーツークー...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談