車を高く売るためのコツ 下取り・買取価格が変わるテクニック

車を高く売るためのコツ 下取り・買取価格が変わるテクニック

 

 

今乗っている車が、仮に10万円〜20万円高く売れたらどうでしょうか?

 

次に購入するクルマにオプションが1つ多く付けられたり、支払いが少なくなりますよね。

 

さらに、ワンランク上の車種を買うことも可能になるかもしれません。

 

ここでは、以前、中古車販売店と買取専門店に勤めていた筆者が「車を高く売るためのコツ」を紹介していきます。

 

 

 

下取りと買取で変わってくる査定額

 

まず基本知識として知っておきたいのが、「下取り」と「買取」という2つの車売却の方法についてです。

 

簡単に言えば、下取りは、新車ディーラーや中古車販売店にて車を購入して、今まで乗っていた車を納車時に入庫して、次の車を乗って帰ること。

 

買取は、買取店に査定をしてもらって売却することです。

 

それぞれメリット・デメリットがあり、どちらが良いかは、購入した車と今まで乗っていた車によっても違いますので、くわしくお話させていただきます。

 

 

ディーラーで新車を購入した場合

例えば、トヨタの新車を購入したとします。

 

今まで乗っていた車もトヨタの車だとした場合は・・・

 

ディーラーの下取り価格 ≦ 買取専門店の買取価格

 

今まで乗っていた車が他社メーカーだった場合には・・・

 

ディーラーの下取り価格 < 買取専門店の買取価格

 

となるケースがほとんどです。

 

基本的には、ディーラーも自社で中古車販売部門があります。

 

ディーラーで下取りした車を、自分の所で販売出来るかできないか?で変わってくると考えて下さい。

 

ここでの注意点は、新車を購入する場合に、値引き額を抑えて下取り額に上乗せする数字のトリックを行うことがあるということ。

 

そのことで、お客さん側が得をすることはまずなく、結果的に、多くのお金を損してしまいますので注意が必要です。

 

 

中古車屋さんで中古車を購入した場合

中古車屋と買取店で勤めている経験上・・・

 

中古車屋の下取り価格 < 買取店の買取価格

 

新車販売と比べて、中古車販売の場合は利益が少ないことが多く、下取りでも利益を確保する必要があるからです。

 

中古車の場合、値引きもほとんどできないことを考えると分かってもらえると思います。

 

 

買取店で売却した場合(下取りしないで買取へ)

値段だけで考えると・・・

 

下取り価格全般 < 買取専門店の買取価格

 

ここでの価格以外の注意点は、次の車の購入先と買取店で、窓口が2つになることです。

 

書類から支払いまで別々に対応する(してもらう)ことになりますので、ちょっと手間が掛かります。

 

ここで声を大きくして言いたいことは、そうやって手間を惜しんで『10万円〜20万円以上損しちゃってませんか?』ということです。

 

実際、お店選びや車種で20万円以上金額の差があることも多々あります。

 

ディーラーよりも買取店が買い取り価格が高い証拠としては、買取店の数の多さです。

 

ディーラーや中古車販売店よりもいい条件を出せなければ買取店の存在価値はないわけです

 

ですから、店舗数が増えているということは、それだけ高く売れる場所として認識が広まっているということになります。

 

 

 

下取り・買取価格が変わるテクニック

 

ここでは査定の前のちょっとした行動で、下取り・買取価格が変わるテクニックを伝授します。

 

 

査定の前に洗車しましょう

査定のときに車が汚れていると、外装の状態が分からないことがあります。

 

「細かいキズが分からないから良いのでは?」との声が聞こえそうですが、実際に査定をすると、やはり車が汚いと小キズは分かりません。

 

分からないときはどうなるか?・・・・査定時の評価を厳しくしてしまいます

 

なぜかと言いますと、買い取ったあとに車に傷があることがわかった場合、査定をした営業マンがキズを見落としたと判断され、店長ないし上司に、厳しく怒られることがあるからです。

 

 

車内は一度掃除をして荷物は下ろしましょう

査定の中で、内装の状態も評価しています。

 

掃除機をかけて拭き掃除をするだけでも、評価が変わる場合もありますので、ひと手間掛けて下さい。

 

あとは、下廻りの検査だけでは分からないときは、スペアタイヤ廻りも検査しますので、荷室スペースの荷物は無いほうが助かります。

 

 

車のキズは磨いて下さい

板金が必要なレベルの大きなキズはそのままでも構いませんが、小キズや枝で付いた擦り傷は、市販の微粒コンパウンドで磨いて下さい。

 

結構落ちるキズも多く、高く売却するポイントにもなります。

 

注意点は、あまり力を入れないことです。

 

塗装面が、白くくすんでしまっては元も子もありませんからね。

 

 

室内の臭いはできるだけ無いほうが良い

タバコやペット臭、強い芳香剤の匂いは、マイナス評価になります。

 

シートや天張り、内装についた臭いは落ちない場合がありますが、査定の数時間前には窓を開けておくことや、ファブリースや無香消臭剤などを使用して多少薄めることは可能です。

 

 

車の備品は事前に確認して下さい

例えば、取り扱い説明書・新車時の保証書・スペアキー・純正ホイールスタッドレスタイヤ・純正パーツなどの有無は事前に確認して下さい。

 

お車の車種によっては、純正部品が無いとマイナス評価になる車種もあります。

 

もちろん保証書が有るのと無いのとでは評価自体変わってきますので、個人情報などといって破棄しないで下さいね。

 

 

 

ディーラーで下取り・買取させるときの対策

 

ここからがある意味本題になります。

 

昨今買取店も多くなり、昔と比べれば、買取店を利用されるお客様も多くなってきました。

 

しかしながら、いまだにそのままディーラーへ下取りに入れる方が、9割近くと多いのも事実です。

 

新車を購入される際に、ディーラーで見積りをとって検討されますよね。

 

そのときにディーラーで商談されると必ず聞かれるのが・・・「今回は、お乗り換えですか?」

 

お車に乗って、ディーラーへ行かれていると思いますので、「乗り換えを検討しているんですよ」との流れになると思いますが、ここで3つのポイントを押さえるようにしてください。

 

 

下取りには出さないかもと話す

ディーラーの営業マンは、下取り車の入庫に対してもノルマが課せられています。

 

商談時には、当然当社に入庫しますよねと言うスタンスで話を進めてきます。

 

そのときに「今のクルマは親戚に譲るかもしれない」と先に言っておきましょう。

 

 

値引きと下取り査定を別にしてもらう

上記につながっていますが、営業マンは値引きと下取りを一緒にして話す手法を使って商談を進めてきます。

 

親戚に譲るかもしれませんと話すことによって、値引きと下取り価格を分けさせることができます。

 

 

契約前に下取りが無くなっても良い旨の確認をする

了承を得ておけば、買取店に売却することもできますので、押さえておく大事なポイントになります。

 

あとは、買取店に車を持ち込むか、電話又はHPより査定の申し込みを行って下さい。

 

 

 

 

 

買取店で査定をする前に

 

買取店で査定をする前に、気を付けるポイントについて説明します。

 

売却時期を明確にする

お乗り換えの場合には、次のお車の納車のタイミングで売却をご検討されていると思います。

 

ここで大事になってくるのが、多くの買取専門店は、買取したお車をオートオークションにて売却しているということです。

 

売却時期が月末ですと、翌月のオートオークションでの売却となり、当月の実績になりません。

 

月半ばから月末のご売却ですと、買取専門店で実績が足りない場合、より頑張った金額を引き出せる可能性があるということです。

 

 

引き渡し日を決めておく

多くの買取店の場合、お車と書類を渡してから2日〜3日後のお振込になっています。

 

ギリギリまで乗りたいと言うお気持ちも分かりますが、次のお車の支払いにとお考えでしたら、納車日の1週間前に引渡し日を設定されるとスムーズにお乗り換えができると思います。

 

 

数社に査定依頼をする

クルマの買取査定には、店舖で査定する方法と、自宅や会社へ出張査定してもらう方法の2パターンがあります。

 

店舖に行って査定を受けるならば、定休日を避けて時間のあるときに査定に行く形でいいと思います。

 

出張査定の場合は、わざわざ店に行かなくても済む利点もありますから、複数の会社に競合させて高額査定を狙いましょう

 

そのときには、できるだけ1週間前に予定を開けておいて翌週に来てもらうように依頼されることをおすすめします。

 

例えば、今日の明日で急に出張査定の依頼をしてしまうと、面倒なことになりかねません。

 

買取店舖によっては、「別の日しか行けません」だったり、朝に1社、お昼1社、夜1社など、日にちと時間が膨大にかかります。

 

一括査定で申し込む場合にも、上記同様に依頼をされると、2日も3日も朝から夜まで外で待つことになるのを避けることができます。

 

 

価格の交渉は下取り価格を基準にする

買取店の査定の中で、ディーラーの下取り価格を聞かれます。

 

ここは正直に、お話いただいて大丈夫です。

 

ただし、買取店1社のみで売却をされる場合には、「下取り価格 + 数万円」で交渉のち契約となってしまうことが多いので、注意が必要です。

 

しかし、今回は買取店数社に依頼され査定をしていますので、あまり買取価格の交渉をしなくても買取店同士で勝手に競合してくれます。

 

要するに、各買取店では、「高い買取価格を提示しないと買えない」と言う状況になっています。

 

大げさな話ですが、0円でも売るよと話しても、買取店は0円ですとは言えない状況なんです。

 

「下取りも含めて一番高い値段の所で売却します」と宣言しておければ、どこよりも高く売却することができます。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

関連ページ

現在の査定価値を知ることが大切
車を売却するにもさまざまなコツがあります。どうせ売るなら少しでも高く売りたいところですが、そのためには、まず、「いま乗っているクルマにいくらくらいの流通価値があるか」を知っておかなくてはなりません。そのための方法にについて解説しています。
ディーラー下取りのメリットとデメリット
車を売る時に気になるのが買取店の査定と販売店の下取りはどちらがお得なのか?というところ。車を売るつもりなら知っておきたいディーラー下取りのメリットとデメリットについて解説しています。
外車を国産ディーラーで下取りに出すと損する3つの理由
外車を国産ディーラーで下取りに出すと損する3つの理由について解説しています。国産ディーラーで外車・輸入車を高く下取りできないのにはワケがある!・・・という事実を知っておいたほうがいいでしょう。
新車高額車種が買取で安く買い叩かれてしまう理由
新車高額車種が買取で安く買い叩かれてしまう理由について解説。中古車の買取の世界は実に面白く、旬な商品をタイミング良く捌く事ができれば相場よりも高く売り抜くことができます。これは市場流通における需要と供給のバランスが成し得る妙技といえるでしょう。
洗車・掃除をしておくと10万円高く売れる?
キレイなクルマと汚いクルマとでは、査定額に5〜10万円もの差がつくこともあるのですから、お店に持ち込む前には可能な限り見た目をよくしておきたいところです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談