外車 買取 査定

新車高額車種が買取で安く買い叩かれてしまう理由

 

中古車の買取の世界は実に面白く、旬な商品をタイミング良く捌く事ができれば相場よりも高く売り抜くことができます。

 

これは市場流通における需要と供給のバランスが成し得る妙技といえるでしょう。

 

軽自動車は日本国内だけの規格車種なので、海外流通することはありませんが、例えば、新車として発表されたものの販売台数が伸びなかったとします。

 

そして、結果として廃盤になった車種があるとします。

 

当然、市場流通台数は知れているほどです。

 

それが、中古車のオークション市場に登場すると時として高値をつけることがあるのです。

 

不思議なもので、その車種の潜在的なニーズは案外と多く、「探している人」が結構いることが分かります。

 

そうした希少性の高い車種の場合は、プレミア価値の上乗せされた高値で取引されるか、販売終了後もやはり人気は低いままで全く買い手がつかないかのどちらかになります。

 

これはあらゆる商品に当てはまる一般的な理論で、車に限ったことではありません。

 

クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

真っ赤なC63 AMG・・・間違いなく希少車

 

先日、取引先の方と自動車の話になり、その方は長年メルセデス・ベンツを愛用していました。

 

現在の愛車の車種を聞くとC63 AMG。

 

サンルーフ、本革シート、ナビゲーション付きで装備は申し分ありません。

 

排気量も6200ccと大きいトップグレードで、走りは他の車種を寄せ付けないものです。

 

当時の新車販売価格は軽く1,000万円を超えます。

 

しかもボディカラーはレッド。

 

東京の都心であっても、とても目立つ車なのは間違いなしです。

 

 

 

 

その取引先の方が新しいクルマの購入を検討しているとのことで、次に何を乗るか聞いてみたところ、やはりメルセデスがいいとのこと。

 

S300ハイブリットにしようかなと。

 

 

 

評価のしようがない車種の行き先

 

「ところで、今のC63って、買取価格はいくらくらいかね?」とたずねられたので、輸入車にくわしい旧友にそれとなく聞いてみました。

 

オークションデータは、通常の場合、過去に開催された12回分のデータが掲載され、落札された車種や流札になったすべての車種のデータが写真付きで検索できます。

 

旧友いわく、C63の場合、絶対的な出品数の少なさ(つまりは、新車販売台数も少ないのかも。)が特徴で、流通価格もバラバラ。

 

結果として評価のしようがないというのが本音だそうで、経過年数5年物となると買取価格は一気に下がってくるとのことでした。

 

当然、走行距離も関係してくるはずですが、下手をすると300万円を切ってくるケースも。

 

中古車の店頭小売価格とは異なる仕入価格でありますから、誤解がないように説明しますが、この場合はあくまでもオークションでの価格は業者間の取引価格と理解してほしいと思います。

 

 

 

上手くハマれば超高額買取もありうる

 

 

経験則で言うならば、国産の2000ccクラス以下の車は5年で償却となります。

 

実際の査定価格がゼロになるわけではないものの、帳簿上はゼロになるようになっているということです。

 

ですから、1,000万円の車が償却を終えて3割残るかどうかというラインなら「合格点」とも言えるが、希少性の高い部類のメルセデス・ベンツC63AMGに関しては、
ケースによっては超高額で売れるけれど、全く売れなくて流札というケースも往々にしてあるということになります。

 

つまり、「上手くハマるかどうか」。

 

この話の詳細は、取引先の方にはまだ話していないのですが、個人売買か輸入車専門の買取業者に買取ってもらう方が良いのではないですか?と提案する予定でいます。

 

今回は、需要と供給のバランスから見れば、明らかに需要の少ない車種とも言えるでしょう。

 

高額な車種が必ずしも高額査定となるわけではない理由はここにあるわけです。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

関連ページ

現在の査定価値を知ることが大切
車を売却するにもさまざまなコツがあります。どうせ売るなら少しでも高く売りたいところですが、そのためには、まず、「いま乗っているクルマにいくらくらいの流通価値があるか」を知っておかなくてはなりません。そのための方法にについて解説しています。
ディーラー下取りのメリットとデメリット
車を売る時に気になるのが買取店の査定と販売店の下取りはどちらがお得なのか?というところ。車を売るつもりなら知っておきたいディーラー下取りのメリットとデメリットについて解説しています。
外車を国産ディーラーで下取りに出すと損する3つの理由
外車を国産ディーラーで下取りに出すと損する3つの理由について解説しています。国産ディーラーで外車・輸入車を高く下取りできないのにはワケがある!・・・という事実を知っておいたほうがいいでしょう。
洗車・掃除をしておくと10万円高く売れる?
キレイなクルマと汚いクルマとでは、査定額に5〜10万円もの差がつくこともあるのですから、お店に持ち込む前には可能な限り見た目をよくしておきたいところです。

ホーム RSS購読 サイトマップ