輸入車は高い?壊れやすい?外車ディーラー販売員の本音

輸入車は高い?壊れやすい?外車ディーラー販売員の本音

 

 

・輸入車は壊れやすいの?

 

・修理費は高いの?

 

・修理の部品は日本にあるの?

 

・輸入車は値段が高いの?

 

 

輸入車ディーラーに販売員として勤めていたこともあって、今までに、こういった「国産車に比較した品質」「かかるお金」についての質問を散々されてきました。

 

ただ、逆に言えば、輸入車のことをあまり知らないみなさんは、上記の項目くらいしか聞いてこられませんでした。

 

突っ込んで聞くほどくわしくないし、気になるポイントは共通しているということのようですね。

 

そこで今回は、Q&A方式でこれらの質問に回答してみたいと思います。

 

 

Q、輸入車は壊れやすいの?

 

A、はい。壊れます。

 

しかし、機械自体が壊れやすいわけではありません。

 

消耗品の交換が必要になるだけです。

 

国産車よりも消耗品の消耗スピードが速いのです。

 

例えば、国産車よりもブレーキの性能が優れているため、ブレーキパットの消耗が早いなどです。

 

交換サイクルが早いのですね。

 

アメリカやヨーロッパでは、自動車は直しながら長く乗るという考えが当たり前です。

 

20万km、30万kmくらいの距離は、みんな当たり前に乗り続けます。

 

Q、修理費は高いの?

 

A、確かに高額な修理が必要な場合もあります。

 

しかし、主に修理といっても消耗品を交換するというメンテナンスの一環ですので、想像をはるかに超える費用はかかりません。

 

ブレーキパットなどは、国産車と変わらぬ金額です。

 

※一部、特殊車両などは、部品が高額の場合があります。

 

Q、修理の部品は日本にあるの?

 

A、あります。

 

海外メーカーも日本に正規代理店を設置しています。

 

そのため、いつでも部品の手配は可能です。

 

輸入車は、20年前の車の部品でも、比較的簡単に手に入れることができるのも魅力の1つです。

 

Q、輸入車は値段が高いの?

 

A、車自体に設定されている金額は国産車に比べ、高額の設定をしている車が多いです。

 

その理由としては

 

1.国産車と同クラスの車でも開発/基本部分にコストをかけている

 

2.日本仕様に作り変えている(左ハンドル ⇒ 右ハンドル など)

 

3.輸送費(船便)がかかる

 

4.日本車よりも圧倒的に少ない台数しか売れない

 

などがあります。

 

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

 

 

 

関連ページ

素人でもわかるチェックポイント
一つとして同じコンディションのものがないのが中古車ですから、購入前の状態確認は必須。ではどこにポイントを置いて見ていけばいいのか?について説明しています。
購入に必要な2種類の諸費用
中古車の購入時に必要な2種類の諸費用「法定費用」と「代行手数料」の違いや内容について解説しています。
オートオークションとは
中古車の販売店にオートオークションに加盟しているステッカーが貼ってあったり、のぼりが建てられていることがあります。そういうお店であれば、どんな車種でも探してくれます。
国産車と外車の利益率の違い
中古車販売の利益 国産車と外車の利益率の違いについて。元、中古車業界で仕入れ、販売をしていました。その中であまり消費者の耳に入らない中古車の利益について書き下ろしたいと思います。
輸入新古車は本当にお得?
状態のいい外車をおトクに購入したい人にとっては気になる輸入新古車。「ほぼ新車状態の輸入車を新車よりも格段に安く買える」ということで、購入するなら新古車狙い!という人も増えているようです。そこで今回は輸入新古車は本当にオトクなのか?買うとしたら注意点は?というところについて、メリット・デメリットを洗い出していこうと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談