素人でも確認できる!中古車を買うときの3つのチェックポイント

素人でも確認できる!中古車を買うときの3つのチェックポイント

 

 

 

一つとして同じコンディションのものがないのが中古車。

 

 

ですから販売店で中古車を物色するときには、外装から内装まで可能な限りチェックするというのはドライバーの常識となっています。

 

 

ではそのときに、どこにポイントを置いて見ていけばいいのでしょうか?

 

 

一台一台、何時間もかけてチェックするわけにもいかないし、クルマにもそれほど詳しいわけでもない。

 

 

そんな人が特に注意して見ていくべきなのは「ボディ」「運転席」「エンジンルーム」の状態です。

 

クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

ボディチェックで明らかな事故修復跡を見つける

 

車のボディの状態を見る目的は、キズ・ヘコミなどから事故アリではないか?を確認することにあります。

 

 

事故歴は中古自動車の価値を大きく下落させるもの。

 

 

良心的なお店では事故車であれば、そのことを客にわかるようにしているものの、残念ながらそういった販売店ばかりではありません。

 

 

うまく修復して「バレなければ、そのぶん高く売れて利益が出る」と考える会社もあるということを知っておきましょう。

 

 

そして、そんな店に限って補修の仕方もいい加減なものですから、しっかりとチェックすることで、素人目にも事故車かどうかを判明できる可能性が高いと言えます。

 

 

板金場所のあるなしを見極めるには、クルマに対して前後方向から斜めにボディを見るようにしましょう。

 

 

真横からではわかりにくい、波打った板金跡がわかるケースがあります。

 

 

また、ボンネットとフェンダーの色が違っている場合、間違いなくぶつけてどちらかを取り替えている証拠です。

 

 

自損事故でこすったりぶつけたりする場所といえばバンパーかフェンダーですから、その周辺を重点的に見ていくようにしましょう。

 

 

当然ながら、事故車や、事故歴が疑われるクルマは、購入対象から外すのがベスト。

 

 

よほどの希少車種でもない限り、「問題ないだろう」と考えて買っても、あとあと泣きを見る可能性が高まるだけです。

 

 

 

動かせるところは全部動かしてみる

 

運転席チェックでは「動かせる箇所はすべて動かしてみる」のが鉄則。

 

 

エンジンをかけてから、計器類やワイパー、ヘッドライト・ウインカー・ブレーキランプなどの灯火類、エアコン、ステレオ、カーナビなどは全部つけて動作を確認しましょう。

 

 

それから見落としがちなのがシートです。

 

 

シートの明らかなつぶれ、ヘタレを感じるようなら、そのクルマは相当酷使されていると考えられます。

 

 

シートを含め、内装が“走行距離に対して明らかに劣化が進んでいる”と思えたなら、最悪の場合、販売店がメーターの巻き戻しをしている可能性も考えられます。

 

 

 

エンジンの見た目から販売店と前オーナーを見極める

 

「エンジンなんか見ても、良くわからないし」と思っても、一応ボンネットを開けて確認しておきましょう。

 

 

まず見るべきポイントは “汚すぎないか” ということ。

 

 

最近ではエンジンルーム内もきれいに磨いて展示している販売店がほとんどです。

 

 

つまり、それすらやっていない店が、どんな姿勢で商売をしているのか・・・ということの判断材料になります。

 

 

エンジンが汚れたままだと、オイル漏れがある場合に、その場所すらわかりません。

 

 

整備のしようすらない=満足な整備を期待できない店 ということにもなりますから注意してください。

 

 

また、エンジン周りにやたらと配線が張り巡らされているクルマを見ることがあるかもしれません。

 

 

そんな車は、前オーナーがクルマいじりが大好きで、かなりヤンチャをしていたと考えたほうがいいでしょう。

 

 

ノーマル車を求めているなら、当然ながら敬遠したほうが無難です。

 

 

以上は見た目のチェックですが、実際に動かしてみた時のエンジンの調子については、ほかにもいろいろと確認方法があります。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

クルマの買い替えるときって、ワクワクしますよね。

 

でも、商談してるときに新しい車の値引き額ばかり気にしてませんか?

 

実は「今の車をいくらで買い取ってもらえるか?」のほうが重要だったりします。

 

私自身、下取り10万円と言われたスイフトが買取専門店で25万円で買い取ってもらえたことがあります。

 

その差額を購入代金にあてて、次のクルマのグレードをひとつアップできてしまいました。

 

それからは、クルマを売るときは “まずは一括査定を試してみる” と決めています。

 

試してみて1万円でも高く売れるなら、損をしないで済むということですからね。

 

申込は1分で終わるし、すぐに高額査定の会社が分かるから便利ですよ。

 

そのまま下取りに出したら

10万円以上損してるかも?

関連ページ

購入に必要な2種類の諸費用
中古車の購入時に必要な2種類の諸費用「法定費用」と「代行手数料」の違いや内容について解説しています。
オートオークションとは
中古車の販売店にオートオークションに加盟しているステッカーが貼ってあったり、のぼりが建てられていることがあります。そういうお店であれば、どんな車種でも探してくれます。
国産車と外車の利益率の違い
中古車販売の利益 国産車と外車の利益率の違いについて。元、中古車業界で仕入れ、販売をしていました。その中であまり消費者の耳に入らない中古車の利益について書き下ろしたいと思います。
輸入新古車は本当にお得?
状態のいい外車をおトクに購入したい人にとっては気になる輸入新古車。「ほぼ新車状態の輸入車を新車よりも格段に安く買える」ということで、購入するなら新古車狙い!という人も増えているようです。そこで今回は輸入新古車は本当にオトクなのか?買うとしたら注意点は?というところについて、メリット・デメリットを洗い出していこうと思います。
輸入車は高い?壊れやすい?
輸入車は高い?壊れやすい?など、輸入車ディーラーに販売員として勤めていたこともあって、こういった質問を散々されてました。ただ、逆に言えば、輸入車のことをあまり知らない人はみなさん、上記の項目くらいしか聞いてこられませんでした。突っ込んで聞くほどくわしくないし、気になるポイントは共通しているということのようですね。そこで今回は、Q&A方式でこれらの質問に回答してみたいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談