ジャガーXEが売れている!英国伝統メーカーが新規客を獲得中

ジャガーXEが売れている!英国伝統メーカーが新規客を獲得中

 

 

ジャガーやアストンマーティンといえば、英国を代表する高級車メーカー。

 

ただ、クルマ好きにとって憧れは強くても、購入には二の足を踏む“別世界のブランド”という印象もあるのが実際のところでした。

 

ところが最新のジャガー、そのなかでもジャガーXEの日本での販売が好調だといいます。

 

それも既存顧客の乗り換えだけでなく、新規オーナーを次々に獲得中とのこと。

 

レクサスでもベンツでもBMWでもない、英国車ジャガーが選ばれている理由はどこにあるのでしょうか?

 


クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

XEの人気が上昇中のワケ

 

ジャガーのラグジュアリーサルーンは車格順にXJ・XE・XFの3車種が用意されています。

 

その3車種が2007年以降にデザインを一新。

 

クーペ風のスポーティで精悍な外装デザインを打ち出してきました。

 

 

 

 

それまでのジャガー車といえば、個性的で高級感はあるものの、どこか“伝統重視”で“古臭い”イメージがあったものが、新世代モデルではそれを払拭。

 

日本の若い世代のユーザーにも「これなら乗りたい!」と思わせる雰囲気をまとって登場してきたのですね。

 

特に中間グレードともいえるXEが40〜60代の男性に人気を博しています。

 

XEは車両価格が477万円からスタートする、ジャガーにしてはお手頃セダンです。

 

価格は国産高級車レベルにおさまり、サイズも使い勝手も実用性が高い。

 

しかも欧州車では定番になっているディーゼルモデルを選ぶことで、燃費や免税の面でもメリットありなのです。

 

 

 

 

エコでありながらスタイル良し。

 

インテリアも同価格帯の国産車のシート、デザインとは次元が違う。

 

実際にディーラーで実車を見てしまえば、惹きつけられること間違いなしの一台となっています。

 

しかもXEなら、お値段的にも手の届くところにあるという事実。

 

そんなわけですから、国産、ドイツ車からの乗り換えが増え続けているのも納得です。

 

 

 

もうすでに古い考えになっている「貴族の乗り物」

 

 

 

イギリスの伝統ブランド・ジャガーですが、過去の栄光に頼らない新しい時代のメーカーに生まれ変わってきています。

 

新開発のアルミ合金製の軽量ボディを手に入れ、安全性を高めるためにボンネットは厚みを増し、象徴だったマスコットも危険だからという理由で舳先(へさき)から消えました。

 

自動緊急ブレーキも標準装備していて、先進性を重視したい次世代オーナーからのウケも良好なようです。

 

またテニスの錦織圭選手をブランドイメージキャラクターに据えるなど、アジア市場での販売拡大にも意欲的。

 

「イギリス貴族の乗り物」というとらえ方は、過去の固定概念になりつつあります。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

クルマの買い替えるときって、ワクワクしますよね。

 

でも、商談してるときに新しい車の値引き額ばかり気にしてませんか?

 

実は「今の車をいくらで買い取ってもらえるか?」のほうが重要だったりします。

 

私自身、下取り10万円と言われたスイフトが買取専門店で25万円で買い取ってもらえたことがあります。

 

その差額を購入代金にあてて、次のクルマのグレードをひとつアップできてしまいました。

 

それからは、クルマを売るときは “まずは一括査定を試してみる” と決めています。

 

試してみて1万円でも高く売れるなら、損をしないで済むということですからね。

 

申込は1分で終わるし、すぐに高額査定の会社が分かるから便利ですよ。

 

そのまま下取りに出したら

10万円以上損してるかも?

関連ページ

ランボルギーニ・イオタ 数奇な運命を辿った究極のスーパーカー
数奇な運命を辿った究極のスーパーカー ランボルギーニ・イオタについて。
BMW2シリーズグランツアラーの実力は?
BMW初の3列ミニバン・2シリーズグランツアラーの実力について調べてみました。乗り味と使い勝手、アクティブツアラーとの違いについても書いています。
ベンツ500E ポルシェチューンの最強ミディアムセダン!
メルセデス・ベンツ500Eは、ポルシェの手によってチューニングされ、ポルシェの工場で作られたメルセデス版“羊の皮を被った狼”とも呼ばれるスーパー4ドアサルーンです。その弩級の性能や開発秘話についてお伝えします。
プジョー308SW
現在は国産車に乗っていますが、次はまた外国車に乗ってみたいと思っていたところ、以前から気になっていたプジョー308SWのディーゼルエンジン車が発売されると発表されたので、只今購入を検討しております。
ルノートゥインゴがRRを採用して最強のシティコミューターに変身!
コンパクトカーといえばフロントエンジン/フロントドライブの「FF」が現代の常識。そんな中、ルノーがやってくれました。新型トゥインゴは、リアエンジン/リアドライブの「RR」という革新的パッケージを与えられて登場。単純に“右に習え”がイヤだったのか?それとも、既成概念をくつがえすイノベーションがそこにはあるのか?
NISMOジューク&マーチ
ジューク ニスモS・マーチ ニスモRSという2台のコンパクトモデルについて魅力を紹介していきます。ニスモといえば、日産のモータースポーツ部門を担当するワークス集団のことで、トヨタのTOMs(トムス)、スバルのStiに似た存在です。そのニスモが、2013年以降、大きな変貌を遂げています。それが新たに打ち出した「コンプリートカー戦略」です。日産自動車と共同開発で開発されたコンプリートモデルは、それまでのような限定販売ではなく、通常販売されるモデルとして登場。「NISMOの魅力をより多くの人に届けたい」「日産車にさらなるワクワクを与えたい」をコンセプトに、グローバル戦略をスタートさせたのですね。ジュークを皮切りに、フェアレディZ、マーチ、GT-R、そしてノートに設定。すでに累計2万台以上が販売されています。
フリードプラスは先代のスパイクとどこが変わったの?
コンパクトなサイズに3列シート&7人乗りを実現して人気のホンダ・フリード。トヨタのシエンタと並んでコンパクトファミリーミニバンの定番モデルとなっていますね。そのフリードの2列シート版が「フリード+(プラス)」。乗車人数は少なくなるものの、低床ラゲッジで使い方が広がるモデルとして注目です。このモデル自体、先代では「フリードスパイク」という名称を与えられていました。では、フリードプラスになって、なにが + されたのか?を見ていきたいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談