ベンツ500E ポルシェチューンの最強ミディアムセダン!

ベンツ500E ポルシェチューンの最強ミディアムセダン!

 

 

ポルシェの手によってチューニングされ、ポルシェの工場で作られたメルセデス版“羊の皮を被った狼”。

 

それがメルセデス・ベンツ500Eです。

 

ベンツのベストセラーセダンEクラスに500SLの5リッターV8エンジンを搭載。

 

基本部分を決定したあとは、すべての開発をポルシェに任せて完成させたスーパー4ドアサルーンと聞けば、車好きなら心躍るのではないでしょうか。

 

クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

メルセデスいわく “4ドアスポーツカー”

 

500Eは1991年から1995年にかけてメルセデスが製造・販売したミディアムクラスセダン。

 

世界で1万台あまりが販売され、そのうちの10分の1以上が日本で販売された人気車となりました。

 

その乗り味は「絹のような乗り心地に炎のような走り」と称されています。

 

スピードメーターは260km/hまで刻まれ、レッドゾーンは7000rpmからと、まさに4ドアのスーパースポーツカー。

 

大きく張り出した前後フェンダーが、その走りを予感させますね。

 

 

 

洗練された “鬼加速” を実現

 

 

500Eの加速はまさにロケットそのもの。

 

0〜100m加速は6.1秒、0〜1000m加速は25.6秒と、当時のポルシェ カレラに匹敵する瞬発力を身につけたバケモノだったのです。

 

しかもその上で洗練された走りを見せるのが、このクルマの真骨頂。

 

ベンツはそれまでにも「加速番長」といえる乗用車をたびたび登場させています。

 

300SEL6.3、450SEL6.9などの「紳士の顔をしたモンスター」を記憶にとどめているカーエンスーは多いはず。

 

しかしベンツ500Eはそれらとかなり異なる一台で、330ps/50kgmの強大なパワーとトルクを得ながら、あの500SLのスムーズなフィーリングを少しも損なうことなく、6.3や6.9以上の加速力を実現してしまっているのです。

 

 

 

ポルシェに任せておけば間違いない

 

 

メルセデス社は、ベースとなる300Eのホワイトボディ(塗装する前のボディシェル)と500SLのV8/5Lの4カム32バルブエンジンをポルシェ社のヴァイザッハ研究所に持ち込みました。

 

そこからはポルシェに全てを任せます。

 

ヴァイザッハでは、まず圧倒的パワーを受け止めるためボディに手を付け、フロアやピラーなどを徹底的に鍛え上げました。

 

その結果、1460kgだったホワイトボディが、強化後には1700kgにまで重量アップされます。

 

そしてチューニングカーのキモ、最重要ポイントがブレーキです。

 

500Eにはフロントに4ピストンキャリパ/マスターシリンダ容量300mmの大径大容量ブレーキシステムを搭載。

 

超高性能な走りを受け止める強大な制動力を手に入れることになります。

 

タイヤやホイール、サスペンションなど基本コンポーネンツが決まったとあとは、ポルシェお得意の走行実験に次ぐ走行実験・・・・。

 

世界最高のレース経験とスポーツカー作りの経験、エンジニアもテストドライバーも、そしてテストコースも完備しているポルシェです。

 

この種のクルマの開発をさせたら、同社の右に出るものはいません。

 

 

 

すでに伝説 中古車はプレミア化

 

 

生産終了から20年が経つ500Eですが、走行距離10万km以下の中古車だと、いまだに200万円以上の価格で販売されています。

 

間違いなく維持費はかかるでしょうが、“伝説のモンスターカー”を手に入れるなら今がラストチャンスかもしれませんね。

 

ちなみに4ATなので、オートマ限定免許でも運転できるスーパーカーだということをお伝えしておきます。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

クルマの買い替えるときって、ワクワクしますよね。

 

でも、商談してるときに新しい車の値引き額ばかり気にしてませんか?

 

実は「今の車をいくらで買い取ってもらえるか?」のほうが重要だったりします。

 

私自身、下取り10万円と言われたスイフトが買取専門店で25万円で買い取ってもらえたことがあります。

 

その差額を購入代金にあてて、次のクルマのグレードをひとつアップできてしまいました。

 

それからは、クルマを売るときは “まずは一括査定を試してみる” と決めています。

 

試してみて1万円でも高く売れるなら、損をしないで済むということですからね。

 

申込は1分で終わるし、すぐに高額査定の会社が分かるから便利ですよ。

 

そのまま下取りに出したら

10万円以上損してるかも?

関連ページ

ランボルギーニ・イオタ 数奇な運命を辿った究極のスーパーカー
数奇な運命を辿った究極のスーパーカー ランボルギーニ・イオタについて。
ジャガーXEが売れている!英国伝統メーカーが新規客を獲得中
最新のジャガーXEの日本での販売が好調だといいます。それも既存顧客の乗り換えだけでなく、新規オーナーを次々に獲得中とのこと。レクサスでもベンツでもBMWでもない、英国車ジャガーが選ばれている理由はどこにあるのでしょうか?
BMW2シリーズグランツアラーの実力は?
BMW初の3列ミニバン・2シリーズグランツアラーの実力について調べてみました。乗り味と使い勝手、アクティブツアラーとの違いについても書いています。
プジョー308SW
現在は国産車に乗っていますが、次はまた外国車に乗ってみたいと思っていたところ、以前から気になっていたプジョー308SWのディーゼルエンジン車が発売されると発表されたので、只今購入を検討しております。
ルノートゥインゴがRRを採用して最強のシティコミューターに変身!
コンパクトカーといえばフロントエンジン/フロントドライブの「FF」が現代の常識。そんな中、ルノーがやってくれました。新型トゥインゴは、リアエンジン/リアドライブの「RR」という革新的パッケージを与えられて登場。単純に“右に習え”がイヤだったのか?それとも、既成概念をくつがえすイノベーションがそこにはあるのか?
NISMOジューク&マーチ
ジューク ニスモS・マーチ ニスモRSという2台のコンパクトモデルについて魅力を紹介していきます。ニスモといえば、日産のモータースポーツ部門を担当するワークス集団のことで、トヨタのTOMs(トムス)、スバルのStiに似た存在です。そのニスモが、2013年以降、大きな変貌を遂げています。それが新たに打ち出した「コンプリートカー戦略」です。日産自動車と共同開発で開発されたコンプリートモデルは、それまでのような限定販売ではなく、通常販売されるモデルとして登場。「NISMOの魅力をより多くの人に届けたい」「日産車にさらなるワクワクを与えたい」をコンセプトに、グローバル戦略をスタートさせたのですね。ジュークを皮切りに、フェアレディZ、マーチ、GT-R、そしてノートに設定。すでに累計2万台以上が販売されています。
フリードプラスは先代のスパイクとどこが変わったの?
コンパクトなサイズに3列シート&7人乗りを実現して人気のホンダ・フリード。トヨタのシエンタと並んでコンパクトファミリーミニバンの定番モデルとなっていますね。そのフリードの2列シート版が「フリード+(プラス)」。乗車人数は少なくなるものの、低床ラゲッジで使い方が広がるモデルとして注目です。このモデル自体、先代では「フリードスパイク」という名称を与えられていました。では、フリードプラスになって、なにが + されたのか?を見ていきたいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談