ニスモコンプリートモデルの魅力 ジューク&マーチをチェック!

ニスモコンプリートモデルの魅力 ジューク&マーチをチェック!

 

 

クルマ情報サイトや雑誌、テレビCMを見ていると、「最近、日産のNISMO(ニスモ)が元気いいよな」って感じがします。

 

 

ニスモといえば、日産のモータースポーツ部門を担当するワークス集団のことで、トヨタのTOMs(トムス)、スバルのStiに似た存在です。

 

 

そのニスモが、2013年以降、大きな変貌を遂げています。

 

 

それが新たに打ち出した「コンプリートカー戦略」です。

 

 

日産自動車と共同で開発されたコンプリートモデルは、それまでのような限定販売ではなく、通常販売されるモデルとして登場。

 

 

「NISMOの魅力をより多くの人に届けたい」「日産車にさらなるワクワクを与えたい」をコンセプトに、グローバル戦略をスタートさせたのですね。

 

 

ジュークを皮切りに、フェアレディZ、マーチ、GT-R、そしてノートに設定。

 

 

すでに累計2万台以上が販売されています。

 

 

今回はそんなNISMOコンプリートカーの中から、「ジューク ニスモRS」「マーチ ニスモS」という2台のコンパクトモデルについて魅力を紹介していきます。

 

クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

ジュークNISMO RS

 

 

ニスモコンプリートモデル第一弾となるジュークNISMO RSはSUVとは思えない鋭い走りが魅力!

 

 

専用チューニングによって214ps/250Nmに引き上げられた1.6L直噴ターボエンジンはノーマルよりも確実にパワフル。

 

 

それが走り出した瞬間から感じられるうえに、力強さが高回転域まで途切れないのが最高です。

 

 

トランスミッションも専用品の8速マニュアルモード付きCVT + パドルシフト仕様で、変速スピードも速く、マニュアル操作すれば常においしいトルクバンドを外さずに走ることができます。

 

 

ベース車のジュークはコンパクトSUVなため、全高も重心も高いのですが、コーナリング時の不安感は一切ありません。

 

 

感覚としては「目線の高いスポーツカー」という感じ。

 

 

きっと、ロール量やロールスピードが適切にコントロールされているからこそなのでしょう。

 

 

乗り心地は固めながら専用サスペンションが柔軟によく動き、ショックの吸収性も良いので、「ノーマルよりも快適じゃない?」と感じるほどです。

 

 

最近は「スポーツSUV」がトレンドになっていますが、このクルマのパフォーマンスはクラストップレベルでしょう。

 

 

以上で紹介した以外のノーマルからの変更点としては

 

16ヶ所のボディ補強・専用AWD制御・大経ブレーキ・スポーツシート(レカロとの共同開発)があります。

 

 

また、パワートレイン/ボディ/AWD制御がノーマルの「NISMO」もラインナップされているので、「ニスモのルックスだけ欲しい」という人は、そちらを選択するのがおすすめです。

 

 

 

マーチNISMO S

 

 

現代に蘇ったホットなマーチ。

 

 

コンパクトなボディに専用チューンが施された、まさにこれぞホットハッチ!と呼びたくなるのがマーチNISMO Sです。

 

 

専用にチューニングされた1.5L自然吸気エンジンは、実用域から高回転域までトルクカーブが絶妙。

 

 

さらにターボ並みに中低速トルクが太く、クロスレシオした5速MTを駆使しながら小気味よく飛ばすことができます。

 

 

もともとが軽量さが魅力のマーチ。

 

 

そのボディの剛性を高めつつも車両重量は1,010kgに抑え、専用サスペンション&ESP制御などをプラスして、文字通り“キビキビ走る”一台に仕上がっています。

 

 

大パワーではない分、公道でエンジンパフォーマンスをフルに使いきって走ることが可能です。

 

 

外観はスーパーGTからノウハウを受け継いだエアロパーツ、内装は専用ステアリング/シート/メーターなどによってスポーティに演出されています。

 

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

 

 

 

関連ページ

ランボルギーニ・イオタ 数奇な運命を辿った究極のスーパーカー
数奇な運命を辿った究極のスーパーカー ランボルギーニ・イオタについて。
ジャガーXEが売れている!英国伝統メーカーが新規客を獲得中
最新のジャガーXEの日本での販売が好調だといいます。それも既存顧客の乗り換えだけでなく、新規オーナーを次々に獲得中とのこと。レクサスでもベンツでもBMWでもない、英国車ジャガーが選ばれている理由はどこにあるのでしょうか?
BMW2シリーズグランツアラーの実力は?
BMW初の3列ミニバン・2シリーズグランツアラーの実力について調べてみました。乗り味と使い勝手、アクティブツアラーとの違いについても書いています。
ベンツ500E ポルシェチューンの最強ミディアムセダン!
メルセデス・ベンツ500Eは、ポルシェの手によってチューニングされ、ポルシェの工場で作られたメルセデス版“羊の皮を被った狼”とも呼ばれるスーパー4ドアサルーンです。その弩級の性能や開発秘話についてお伝えします。
ルノートゥインゴがRRを採用して最強のシティコミューターに変身!
コンパクトカーといえばフロントエンジン/フロントドライブの「FF」が現代の常識。そんな中、ルノーがやってくれました。新型トゥインゴは、リアエンジン/リアドライブの「RR」という革新的パッケージを与えられて登場。単純に“右に習え”がイヤだったのか?それとも、既成概念をくつがえすイノベーションがそこにはあるのか?
フリードプラスは先代のスパイクとどこが変わったの?
コンパクトなサイズに3列シート&7人乗りを実現して人気のホンダ・フリード。トヨタのシエンタと並んでコンパクトファミリーミニバンの定番モデルとなっていますね。そのフリードの2列シート版が「フリード+(プラス)」。乗車人数は少なくなるものの、低床ラゲッジで使い方が広がるモデルとして注目です。このモデル自体、先代では「フリードスパイク」という名称を与えられていました。では、フリードプラスになって、なにが + されたのか?を見ていきたいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談