バッテリー上がりの対処と基礎知識 ジャンプや交換の正しい手順

バッテリー上がりの対処と基礎知識 ジャンプや交換の正しい手順

 

 

クルマに乗っていると突然のトラブル発生に呆然としてしまうことってありますよね。

 

 

自動車の2大トラブルといえば、「バッテリー上がり」と「タイヤのパンク」。

 

 

どちらのケースでも車を動かせなくなってしまうので、出先だったり急ぎの用事があるときにはあせってしまいます。

 

 

ですが、そうした状況に見舞われたときに、対処方法を知っているか?いないか?では大違いです。

 

 

適切に対処できればスピーディに問題解決できるうえに、家族や彼女からの評価もグッと上がるはず!

 

 

そこで今回は、「バッテリー上がり」の対策方法や知っておきたい基礎知識をご紹介。

 

 

正しい手順を知っておけば、いざというときに慌てないで済みますよ。

 

 

 

こちらもチェック!【自分でできるメンテナンス】

 

 

 

 

 

バッテリー上がりはJAFへの依頼理由NO.1

 

 

キーを回してもクルマがウンともスンとも言わない・・・

 

 

そんなときに、まず怪しむべきなのがバッテリー上がりです。

 

 

特にサンデードライバーなどの、たまにしか車に乗らないという人に起こりがちなトラブルの一つです。

 

 

また、夏場にエアコンを酷使したことで、弱っていたバッテリーにトドメを刺してしまった・・・というケースもよくあります。

 

 

JAFロードサービスの出動理由でダントツの1位をしめる、車を運転する人ならだれもが用心するべきメジャーなトラブルなんですね。

 

 

そんなバッテリー上がりが起こってしまう原因は、前述のエアコンやランプのつけっぱなしなどがあるものの、そもそもバッテリーが劣化していたという場合がほとんどです。

 

 

 

こんな症状があったら即交換!

 

 

ご存知のとおりバッテリーは消耗品。

 

 

ですから、定期的な交換が必要です。

 

 

では、どのくらいの期間で交換すべきかというと、使用用途や頻度によるものの一般的には2〜5年で寿命がくると言われています。

 

 

ただし、新しくしてからそれほど経っていなくても、以下のような症状があるときには要注意!

 

 

未然のトラブル回避のためにも、ガソリンスタンドやカー用品店(オートバックスやイエローハットなど)での即交換がおすすめです。

 

  • バッテリー液が規定量より減っている
  •  

  • エンジン始動時にセルモーターの音が弱い
  •  

  • パワーウィンドウの速度が落ちた
  •  

  • ヘッドライトが暗くなってきた
  •  

  • 充電警告灯が点滅している

 

 

最後の「充電警告灯の点滅」があるときは、バッテリー本体ではなくオルタネーター(発電機)のトラブルや、オルタネーターを駆動するためのベルトが切れている恐れがあります。

 

 

できるだけ早急にプロに相談しましょう。

 

 

 

バッテリーの種類と規格の読み方

 

いざ交換するとなってカー用品店に行っても、さまざまなタイプのバッテリーがあって迷うこともあるかと思います。

 

 

定番の鉛バッテリーひとつみても、開栓型やシールドタイプなど種類はさまざま。

 

 

それぞれにメリット・デメリットがあるので、予算や用途に応じて(ときには店員さんと相談しながら)愛車にあったバッテリーを探し出しましょう。

 

 

種類

開栓型バッテリー

 

一番オーソドックスで多くの車種に使われているのがこの「鉛蓄電池」タイプ。

 

 

上部にフタがあり、ここから電解液を補充できるようになっています。

 

 

価格と性能のバランスが一番優れている一方で、定期的な液量チェックが必要という面もあります。

 

 

密閉型バッテリー

 

次第に主流になりつつあるのが、「シールドタイプ」「メンテナンスフリータイプ」と呼ばれるこちら。

 

 

これも鉛蓄電池なのですが、電解液が減りにくい構造となっていて補充の手間が省けるというメリットがあります。

 

 

リチウムイオンバッテリー

 

ドライバッテリーとも呼ばれる、軽量かつ小型なタイプがこちら。

 

 

さらにはハイパワーなのでとても高性能なのですが、そのぶん価格が高いのがネック。

 

 

最近見かけることが多くなったものの、まだまだ“競技用途のためのバッテリー”というイメージが強くあります。

 

 

規格の読み方

 

 

たとえば、本体に「100 D 23 - L」と書いてある場合、

 

@100 は始動性能や容量の大きさを示す「性能ランク」

 

AD は「バッテリー側面の短いほうのサイズ」を表す規格(A〜Hまである)

 

B23 は「バッテリー側面の長いほうのサイズ」を表す規格(23は23cmのこと)

 

CL は「端子の位置」(プラス端子が左側にあるのがL、右がR)

 

を表しています。

 

 

いくらパワーがありそうだからといって、自分のクルマにどんな大きなバッテリーでも積めるというわけではありません。

 

 

車種やグレードによってサイズや型式は決まっているので、自分で選んで買うときには注意しましょう。

 

 

メーカー指定のものよりサイズが大きいと台座に収まらない恐れがありますし、容量が小さいと思わぬトラブルの引き金にもなりかねません。

 

 

詳しくない場合には、バッテリー本体や車の取扱説明書に記載してある「ノーマルと同じ規格のもの」に交換するのが基本です。

 

 

 

バッテリージャンプと交換のやり方

 

自分でできるバッテリー上がりの対処法は2種類。

 

 

それが、ブースターケーブルを利用する「バッテリージャンプ」と「本体の交換」です。

 

 

特にバッテリージャンプは、出先での思わぬトラブル対処法として、ドライバーなら手順をおぼえておきたいところです。

 

 

バッテリージャンプの手順

 

 

バッテリージャンプをするには、ブースターケーブルと電力を流してくれる救援車が必要になります。

 

 

また、あくまでも応急処置なので、いったん復活しても寿命の近いバッテリーは早めに交換すべきです。

 

 

1.バッテリー上がり車のプラスにつなぐ

 

まずはボンネットを開けて、ケーブルが無理なく届く範囲まで救援車を寄せます。

 

 

そして、バッテリー上がり車のプラス端子に赤いケーブルをつなぎましょう。

 

 

2.救護車のプラスにつなぐ

 

赤のケーブルのもう一端を救護車のバッテリーのプラス端子につなぎます。

 

 

電力がしっかりと伝わるように、クリップでガッチリと端子をはさみこんでください。

 

 

また、このときはまだ、救護車のエンジンは切ったままにしておくこと。

 

 

3.救護車のマイナスにつなぐ

 

今度はもう一本の黒いケーブルを、救護車のマイナス端子につなぎます。

 

 

4.バッテリー上がり車のマイナスにつなぐ

 

最後に、黒いケーブルのもう一端をバッテリー上がり車のマイナス端子につないで完成です。

 

 

このときに火花が散ることもありますが問題はありません。

 

 

クリップでしっかりと挟み込んでください。

 

※クルマの説明書に専用のアースポイントが指定されている場合は、その指示に従ってください。

 

 

5.救援車のエンジンをかける

 

 

 

ブースターケーブルの4端をつなぎ終わったら、救援車のエンジンを始動させます。

 

 

そのまま1分ほど待ちましょう。

 

 

その間、救援車はアクセルを踏んで少しエンジン回転数を上げておくのがポイントです。

 

 

そうすることで、ジャンプしたときにエンジンストールが起こるのを防ぐことができるからです。

 

 

6.バッテリー上がり車のエンジンをかける

 

クルマのスターターを回してみましょう。

 

 

見事復活!となったら、ブースターケーブルをすべて外します。

 

 

外す順番は、つないだときと逆の手順で行います。

 

 

始動したクルマは、しばらくエンジンをかけたままにしておいてください。

 

 

ジャンプを行ってもエンジンがかからない原因は?

以上の作業を行っても、必ずエンジンがかかるわけではありません。

 

 

その原因は大きく2つ。

 

 

まず、バッテリーが完全に死んでいる場合

 

 

もうひとつは、ケーブルが細すぎる場合です。

 

 

コードが細すぎてバッテリーの容量にあっていないと、ジャンプできないケースもあるので注意が必要です。

 

 

たとえば軽自動車用の細いケーブルで大排気量車を救護しようとしても、電気をしっかりと供給できないことがあります。

 

 

また、トラックや一部のSUVは24V仕様になっているため、12Vの普通車には直接バッテリージャンプできないようになっています。

 

 

バッテリー交換の手順

 

 

バッテリー本体は重いものの、交換作業自体は難しくありません。

 

 

ディーラーにお願いすると工賃もかかるため、自分で挑戦してみるという手もあります。

 

 

ただし、「新品に替えたのにエンジンが上がってしまう!」という場合は、発電を行うオルタネーターに不具合がある可能性が。

 

 

その場合は自分では交換が難しいので、自信がない人はプロに任せるのが無難です。

 

 

1.マイナス端子を緩める

 

エンジンルーム内のバッテリー(車種によっては他の場所に設置されていることも)を取り外す作業から行います。

 

 

まずはマイナス端子から。

 

 

メガネレンチやスパナで固定ボルトを緩めていきます。

 

 

2.マイナス端子を外す

 

ボルトが緩んだらマイナス端子を取り外します。

 

 

端子が汚れていると接触不良を引き起こすこともありますから、白い粉汚れなどが付着している場合はワイヤーブラシなどでキレイにしておきましょう。

 

 

3.プラス端子を緩める

 

同じ手順で次はプラス端子を緩めて外します。

 

 

このときにプラスとマイナスの端子が接触させないように注意すること!

 

 

あやまって通電させてしまうとショートの原因になります。

 

 

4.バッテリーを外す

 

端子からコードを外したら、固定用のステーのボルトも撤去します。

 

 

そして本体を取り外すのですが、かなり重いので落下させたりしないように慎重に作業してください。

 

 

5.新品を装着する

 

新品バッテリーを設置して、取り外したのと逆の順序でボルト・端子を取り付けていきます。

 

(プラス ⇒ マイナスの順で端子をつなぐ)

 

 

エンジンがかかるか、ライトやワイパーなどの電装品がきちんと動くかを確認して、問題がなければボルトの本締めをして作業完了です。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

関連ページ

素人でもできる車の日常点検メニュー
車のコンディションを維持するために何よりも重要なのは日常の点検です。「点検なんてプロに頼まなければムリなんじゃない?」と思うかもしれませんが、それは大きな間違い。プロの手を借りなくても、“素人が” “無料で” 可能な点検メニューも数多くあるので紹介しています。
パンクしたときのタイヤ交換
タイヤ交換というと初心者にはハードルが高いように感じてしまいますが、車載工具さえあればできてしまうものです。緊急時に備えて知っておきたいタイヤの交換方法・手順について解説していきます。
エンジンオイル交換
エンジンオイルとオイルフィルター(エレメント)交換の手順と、作業時の注意点について説明していきます。初めてチャレンジするときにやりがちな失敗についても書いているので、参考にしてみてください。
クーラント交換
自動車のクーラント(冷却液)の交換の手順について解説しています。クーラント(ラジエーター液と呼ぶことも)は、エンジンオイルと同じく定期的な交換が必要です。劣化したまま放置していると冷却性能が落ちるのはもちろん、ゴミが溜まって冷却水の流路が詰まることも考えられます。
ブレーキパッド交換
ブレーキパッドの交換手順について解説しています。片持ちキャリパーと対向キャリパーでは作業内容が違うため、それぞれについて説明しています。なお、ブレーキは重要保安部品なので作業は慎重に行いましょう。
ホイールバランスをとる必要性
カーショップなどでタイヤの入れ替えやホイールを交換するときに、「ホイールバランスとりますか?」と聞かれたことはないでしょうか。そのときに「イヤ、いいです」「じゃあお願いします」などと返事をしたかもしれませんが、『どうしてホイールのバランスを取る必要性があるのか』を理解している人はどのくらいいるでしょうか?ホイールバランスの調整は大切です。では、なぜ大切なのか?について解説していきます。
ホイールのガリ傷補修
ホイールのガリ傷をDIYで補修するために知っておきたいコツ&テクニックを紹介しています。アルミパウダー入りの超強力パテをベースにすれば、塗装後の仕上がりもかなり自然に。リムそのものが曲がってしまっていなければ、かなりキレイにホイール傷を修正できてしまうのでオススメです。
暖気運転はエンジンを長持ちさせる?
暖気運転はエンジンを長持ちさせるために必要なのか?という疑問にお答えします。エンジンに負担をかけないために、なにより気にすべきなのは最適運転温度です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談