暖気運転はエンジンを長持ちさせるために必要なの?

暖気運転はエンジンを長持ちさせるために必要なの?

 

 

「冷えたまま走り出すとエンジンに良くない」

 

「寒い日には止まったまま暖気運転をしてから発進すべき」

 

 

とくに昔から自動車に乗っているベテランドライバーほど、このように考えているかもしれません。

 

 

ですが、これは一昔前の運転方法で、現代の車では少し事情が違います。

 

 

結論から言うと、「エンジンに余計な負担をかけないために暖気運転は必要」

 

 

ただ、「クルマを停めたまま行う必要はない」というのが正解になります。

 

 

ですから、始動したらすぐに発進しても問題はないのです。

 

クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

気にすべきなのは最適運転温度

 

現代の自動車は技術の進歩によりエンジンがコンピュータで制御されています。

 

 

燃料噴射や点火時期など、そのときの温度に合わせて最適な制御をしてくれるのです。

 

 

それから、エンジンが長持ちするのは最適運転温度のときです。

 

 

止まったまま暖気運転をしても温まるまでに時間がかかりますし、少し負荷がかかる走行中のほうが最適運転温度になるのが早くなります。

 

 

もちろん、エンジンの温度があるていど上昇するまでは、負荷のかけ過ぎは禁物。

 

 

走り出して2〜3kmまでは、アクセルを目一杯踏み込んだり、タコメーターの針がレッドゾーンに飛び込むほど高回転にしたりするのはよくありません。

 

 

回転数を4,000回転以下におさえながらであれば、通常運転しても問題はないということになります。

 

 

 

最近のクルマは水温計すらない?

 

 

最近のクルマは、メーターパネルから水温計がなくなる傾向にあります。

 

 

水温についてはコンピュータが感知して、エンジンが冷えているときとオーバーヒートしそうなときだけ、警告ランプで知らせてくれる方式です。

 

 

この方式が増えてきた背景には、コストダウンの一環であると同時に、「ユーザーに余計な情報を与えて心配させないため」という意図があるようです。

 

 

水温計は、暖気後に常に同じ場所(真ん中辺り)を指してるのが一般的なので、少しでも上下すると不安になってディーラーに駆け込む客が多かったためとも言われています。

 

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

 

 

関連ページ

素人でもできる車の日常点検メニュー
車のコンディションを維持するために何よりも重要なのは日常の点検です。「点検なんてプロに頼まなければムリなんじゃない?」と思うかもしれませんが、それは大きな間違い。プロの手を借りなくても、“素人が” “無料で” 可能な点検メニューも数多くあるので紹介しています。
バッテリー上がりの対処方法
「バッテリー上がり」の対策方法や知っておきたい基礎知識をご紹介。「バッテリージャンプの手順」「バッテリー交換の手順」についてくわしく解説しています。
パンクしたときのタイヤ交換
タイヤ交換というと初心者にはハードルが高いように感じてしまいますが、車載工具さえあればできてしまうものです。緊急時に備えて知っておきたいタイヤの交換方法・手順について解説していきます。
エンジンオイル交換
エンジンオイルとオイルフィルター(エレメント)交換の手順と、作業時の注意点について説明していきます。初めてチャレンジするときにやりがちな失敗についても書いているので、参考にしてみてください。
クーラント交換
自動車のクーラント(冷却液)の交換の手順について解説しています。クーラント(ラジエーター液と呼ぶことも)は、エンジンオイルと同じく定期的な交換が必要です。劣化したまま放置していると冷却性能が落ちるのはもちろん、ゴミが溜まって冷却水の流路が詰まることも考えられます。
ブレーキパッド交換
ブレーキパッドの交換手順について解説しています。片持ちキャリパーと対向キャリパーでは作業内容が違うため、それぞれについて説明しています。なお、ブレーキは重要保安部品なので作業は慎重に行いましょう。
ホイールのガリ傷補修
ホイールのガリ傷をDIYで補修するために知っておきたいコツ&テクニックを紹介しています。アルミパウダー入りの超強力パテをベースにすれば、塗装後の仕上がりもかなり自然に。リムそのものが曲がってしまっていなければ、かなりキレイにホイール傷を修正できてしまうのでオススメです。

ホーム RSS購読 サイトマップ