自動車用語集【か行】

自動車用語集【か行】

 

 

 

自動車に長年乗っていても、「聞いたことはあっても詳しくは知らない」という専門用語があるものです。

 

そんな自動車用語についてわかりやすく解説し、一覧にまとめてみました。

 

【か行】

 

過給

通常の空気を圧縮して密度を上げてエンジンに送り込み、その圧縮空気に釣り合う燃料を混合して燃焼させる。通常よりもエンジン出力が高く、ターボチャージャーなどの過給器が必要となる。

 

カムシャフト

エンジンの吸気・排気管のバルブを開閉するカムをまとめて一本の軸(シャフト)につなげて、動きを連動させて調整する部品。クランクシャフトの動力で動く。

 

ギアボックス

変速機のこと。トランスミッションともいう。

 

キックダウン

オートマチック車(AT車)が急に加速したとき、エンジン出力が間に合わず自動的に見合う加速度にギアをシフトダウンすること。

 

キャリパー

タイヤの回転を止めるディスクブレーキの機構の一つ。タイヤを回しているローターにパッドを押し付けて回転を止める。

 

空気抵抗

走行中、進行方向から押し戻すように働く空気の力。加速や燃費に影響するため、車のボディデザインなどは空気抵抗を小さくする工夫がされている。

 

クラッチ

変速するときに、エンジンの動力を規則的に伝達・遮断するための装置。

 

クランクシャフト

エンジンの部品の一つ。シリンダーの中で混合気の燃で膨張した空気を受け止めて往復運動をするピストンの運動エネルギーを、回転力に転換する軸のこと。

 

クリープ現象

オートマチック車でレンジがドライブもしくはリバースに入っているときに、アクセルペダルを踏んでいないのにじりじりと前に進んでしまう現象のこと。

 

クルーズコントロール

アクセルペダルを踏まなくても一定の速度で走行する機構。高速道路や幹線道路で、一定の速度で長時間走行する場合に使用すると、運転者の負担が軽減される。

 

グローブボックス

助手席の前方に備えられた収納ケース。クランクという手回しの棒を使ってエンジンを起動させていた時代に、クランクを回すときにエンジンオイルが手につかないようにはめていた手袋をしまうスペースだったのが、名前の由来。

 

転がり抵抗

タイヤが転がって道路に接したときに、車の重力などでタイヤが少しへしゃげる。そのときにタイヤの原料のゴムの元の形に戻ろうとする力が、タイヤの回転する力を奪うことを、転がり抵抗という。燃費低下の要因に挙げられる。

 

コンロッド

コネクティングロッドの略称。エンジンを構成している部品の一つで、シリンダーのピストンとクランクシャフトを連結している軸のこと。ピストンの生み出した力を、クランクシャフトに伝えている。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

関連ページ

あ行
自動車に長年乗っていても、「聞いたことはあっても詳しくは知らない」という専門用語があるものです。そんな自動車用語についてわかりやすく解説し、一覧にまとめてみました。
さ行
自動車に長年乗っていても、「聞いたことはあっても詳しくは知らない」という専門用語があるものです。そんな自動車用語についてわかりやすく解説し、一覧にまとめてみました。
た・な行
自動車に長年乗っていても、「聞いたことはあっても詳しくは知らない」という専門用語があるものです。そんな自動車用語についてわかりやすく解説し、一覧にまとめてみました。
は〜ら行
自動車に長年乗っていても、「聞いたことはあっても詳しくは知らない」という専門用語があるものです。そんな自動車用語についてわかりやすく解説し、一覧にまとめてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談