外車 買取 査定

レクサスがベンツやBMWより魅力がないのは手抜き車を売っているから

 

北米市場でしか売れないレクサス

 

アメリカでは成功を収めたレクサスブランド。

 

 

しかし、それ以外の国々や日本国内での販売台数は大苦戦を強いられています。

 

 

品質重視の“正直な高級車”を標榜しているはずのレクサス。

 

 

メルセデス・ベンツBMWには歴史やきらびやかさでは劣るかもしれませんが、“本当に高品質なクルマ”を“適正価格”で売っていれば、それなりのシェアを確保できて当然だと思うのですが・・・。 

 

 

販売が目標より大きく下回っているということは、ユーザーの支持を受けていないことの明らかな証拠。

 

 

その原因は、レクサスが金額にそぐわない「手抜き車」を売っていることにあります。

 

 

クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

まったく目標に届いていない10年間

 

2005年に国内販売がスタートしたレクサスブランド。

 

 

当初、広報によれば年間7万台ほどを目標にしているという話でした。

 

 

しかしフタを開けてみると、翌2006年の販売台数は半分以下の3万台ほど。

 

 

そして2007年が3万5000台と非常に伸び悩みます。

 

 

さすがにこれはマズイと思ったのか、以後、怒涛の勢いでラインナップを拡充していきます。

 

 

2007年時点ではLS、GS、ISとセダンのみの展開だったのが、アメリカでの売れ筋モデル・RX、低価格なワゴン・CT、流行のコンパクトSUV市場をターゲットにしたNXなどを次々に追加。

 

 

さあこれでイケる!と考えていたはずですが、10年目となる2015年も総販売台数は4万8231台にとどまっています。

 

 

車種展開は倍以上になり、既存モデルについても大幅なモデルチェンジを行っているにもかかわらずこの体たらく。

 

 

2013年には輸入ブランドのベンツに抜かれ、2015年には6万5162台と圧倒的なリードを奪われてしまっています。

 

 

 

トヨタより100万円高いのはブランド料?

 

高級車ブランドは“台数を追わないもの”という不文律はあるものの、それはベンツやBMWなどの海外プレミアムブランドも同じこと。

 

 

問題は世間一般に魅力的だと認められているかどうかでしょう。

 

 

自動車メーカーの魅力度は、造るクルマの魅力に比例するもの。

 

 

レクサス車が、アウディを含むドイツ御三家と同等以上のクルマを提供しているのであれば、おのずとブランドイメージも高まっているはずです。

 

 

ただ、実際は、トヨタとの明確な差を感じているユーザーは少なく、それなのに価格は100万円高いことに疑問を感じているというのが正直なところでしょう。

 

 

たとえばボンネットフードを固定するためのボンネットキャッチャー。

 

 

BMW3シリーズでは左右に2つ付いているいるのに対して、ISはトヨタ車と同じく中央の1ヶ所のみ。

 

 

細かな点ではあるものの、こういった車を構成する基本部分の性能を高めるための熟成を重ねてきた結果、日本でも人気のベンツやBMWはプレミアムブランドとしての地位を確立してきたのですね。

 

 

 

このままでは高いだけが特徴の自動車メーカーになってしまう

 

レクサスに対して「トヨタよりもランクが上の国産車ブランド」を求めている層は多いはず。

 

 

そういったユーザーは、レクサスが“まっとうな価値を持ったクルマ”を作り、真の高級車メーカーになることを望んでいるはずです。

 

 

ドイツメーカーの上っ面をなぞっただけの商品、それを無駄に高い値段で高飛車に売りつける商売では、先駆者たちに追いつくどころか水をあけられる一方となってしまうでしょう。

 

 

価格が高いなら、そのぶんをすべて部品などの生産コストに反映させる、そういった気概が必要です。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

関連ページ

私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由
私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由、フランス車の魅力について書いてみました。
輸入車販売が好調なのはアベノミクスのおかげ?
自動車販売が振るわないなか、輸入車販売台数は着実に伸びています。これまで長らく好調だった軽自動車の販売の落ち込みが激しく、輸入車の伸びが順調だというのは、まさにアベノミクスの特徴のように思えます。
最新の自動車盗難ツール・イモビカッターとは?
年々巧妙化しているという自動車盗難の手口。とりわけイモビカッターなどのハイテク犯行ツールの進化はすさまじく、大事な愛車を守るのは難しくなってきているといいます。イモビカッターとは?規制の状況はどうなっているのか?についてお伝えしています。
日産リーフがテスラに電気自動車対決で完敗した3つの理由
日産リーフがテスラ・モデル3に電気自動車対決で完敗した3つの理由について述べています。国産EVで唯一市場を牽引しているリーフですが、売上が低迷している原因は「インフラ設備が充実していないこと」だけなのでしょうか。
BMW320i 国産車と比較するとどうなの?
BMWの中核モデルでミドルサイズセダンの世界的なベンチマーク「320i」は、クルマ好きからの注目度が高く、実際に国産車から買い換える人も多い車種です。今回は、そんなBMW320iを買った人、はたまた320iから日本車に乗り換えたという人たちのカーレビューを紹介したいと思います。「320iが欲しいけど、やっぱり国産車のほうが良いのかなぁ?」と迷っている方には参考になるかと思いますよ。
タイヤはなぜ黒いの?
タイヤの主原料のゴム樹脂はほぼ透明。にもかかわらず、タイヤの色が黒色なのはなぜなのでしょうか?その理由と、走行中のタイヤの変化について解説しています。
タクシーがLPGを採用しているのはなぜ?
タクシーやバス、トラック、ゴミ収集車などの“仕事に使うクルマ”に多く採用されていLPG。その利点と、LPG車が一般ユーザーに浸透しない理由などについて解説しています。
JC08モードなどの燃費値は意味がある?
自動車の燃費性能の比較検討においてJC08モードなどのカタログ値には意味があるのかについて。実際の使用状況に近づけた細かな速度変化を求められる測定方法になるのは間違いないようです。
車の寿命の目安は年数?走行距離?
クルマの寿命の判断基準は、新車時からの年数なのか?走行距離なのか?、はたまた交換パーツの在庫がなくなったらなのか?それとも、自動車はお金と愛情をかければ、いつまでも乗り続けられるものなのでしょうか。「多少の不具合なら修理しながら乗り続ける」というオーナーさんも多いと思いますが、お金をかけるより乗り換えた方がお得になるボーダーラインも気になるところです。
セルフスタンドでの給油の手順
初めてのセルフスタンドが不安な人のために、スムーズな給油の手順を解説しています。
ナンバープレートの番号・文字は何を意味しているの?
自動車のナンバープレートの番号や文字が何を意味しているのかについて解説してます。
75歳以上の免許更新講習の具体的な内容
高齢運転者による事故を防ぐため、平成21年に改正された「75歳以上の運転免許更新」の内容。その主な改善点は「認知症検査の義務付け」です。そのための特別な講習を行うという話も聞きますが、具体的には何をやっているのか?をまとめてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ