先進安全自動車(ASV)

先進安全自動車(ASV)ってなに?保険も割引される?

 

ここ数年、先進安全自動車(ASV)という言葉をよく耳にします。

 

先進安全自動車(Advanced Safety Vehicle)とは、自動ブレーキ装置などの先進技術を利用して、ドライバーの認知や判断、操作をサポートしてくれるシステムを搭載した自動車です。

 

特に最近の新車モデルには、ほとんどが設定できるなど、近年目覚ましい発展があります。

 

国土交通省が「ASV推進計画」の元に促進しているプロジェクトなので、今後発売される多くの車種で採用され、ASVであることが当たり前の社会になっていくことでしょう。

 

そこで今回は、そんな先進安全自動車について詳しく見ていきたいと思います。

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 

 

安全装備その1:衝突被害軽減ブレーキ

まずは、よく知られるようになった自動ブレーキです。

 

「衝突被害軽減ブレーキ」搭載車では、万が一の際にドライバーに代わってクルマが自動的にブレーキをかけてくれます。

 

その仕組みとしては、@車に取り付けられたカメラやレーダーによって障害物などを感知。

 

A追突する可能性が高くなるとドライバーに警告を促し、Bブレーキ等の操作がない場合や、追突が避けられないと判断した場合には、自動的にブレーキをかけてくれるものです。

 

 

安全装備その2:ACC 

2つ目に、車間距離制御装置(Adaptive Cruise Control/アダプティブ・クルーズ・コントロール)があります。

 

これは、システムがアクセルとブレーキを行なうことで前の車との車間距離を自動的に維持して、一定速度で走行してくれるといったものです。

 

特に、高速道路など長距離を走行する場合や、渋滞時などにメリットがある装置です。

 

 

安全装備その3レーンキープアシスト

そしてふらつき運転を抑制してくれる車線逸脱警報装置(レーンキープアシスト)です。

 

このシステムでは、脇見運転や居眠り運転など、いろいろな原因で起こる車線の逸脱を、警報音などでドライバーに知らせる事で未然に防ぐことが可能です。

 

国土交通省からは、平成29年11月1日から高速道路を走行する一部のトラックやバスに対して車線逸脱警報装置(LDWS)の装備の義務付け方針が出されています。

 

 

 

各社の技術は様々

 

先進安全自動車の技術については、主な仕組みは同じですが、各自動車会社によって様々な特徴があります。

 

特に衝突被害軽減ブレーキでは、ミリ波レーダーやレーザーレーダー、カメラでも単眼なものや複眼のものを採用しているなど、メーカーによってばらばらです。

 

また、車種によって時速何キロから何キロまでの範囲で自動ブレーキが利くなどといった違いもありますので、クルマを選ぶ際には充分検討してみる必要があります。

 

 

 

保険料金の割引

 

損保各社では2017年1月から先進安全自動車(ASV)に適合する車両であれば、保険料を平均10%程度割引く方針となっており、注目を集めています。

 

年々自動車保険は値上がりが続いていますので、この割引制度(先進安全自動車割引(ASV割引))は車を買い替える方にとって大きなメリットといえるでしょう。

 

先進安全自動車は安全な交通状況をつくりだしてくれる期待のできるもの。

 

その技術の発展に今後も期待が寄せられます。

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

関連ページ

私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由
私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由、フランス車の魅力について書いてみました。
輸入車販売が好調なのはアベノミクスのおかげ?
自動車販売が振るわないなか、輸入車販売台数は着実に伸びています。これまで長らく好調だった軽自動車の販売の落ち込みが激しく、輸入車の伸びが順調だというのは、まさにアベノミクスの特徴のように思えます。
最新の自動車盗難ツール・イモビカッターとは?
年々巧妙化しているという自動車盗難の手口。とりわけイモビカッターなどのハイテク犯行ツールの進化はすさまじく、大事な愛車を守るのは難しくなってきているといいます。イモビカッターとは?規制の状況はどうなっているのか?についてお伝えしています。
ゲリラ豪雨に対応した道路規制を確認して安全なドライブを
ゲリラ豪雨による冠水や家屋の床上浸水など、生活に与える被害も甚大であると同時に、クルマとドライバーに与える影響も小さくありません。そんな集中豪雨に対応した道路規制を確認して安全なドライブを楽しみましょう。
レクサスがベンツやBMWより魅力がないのは手抜き車を売っているから
2005年に国内販売がスタートしたレクサスブランドですが、この10年間、目標台数には遠く及んでいません。その原因は、レクサスがベンツやBMWより魅力がないのは手抜き車を売っているからです。
旅先でオービスを光らせたら現地の警察署まで出頭する必要がある?
旅先や遠方に出かけた際にオービスを光らせた場合、わざわざ違反切符を着られるために現地の警察署まで出頭する必要があるのでしょうか?現在主流のオービスシステムについても解説しています。
タイヤの排水性能は○○に左右される
タイヤの溝の深さと、雨の日の排水性能について。溝の浅くなったタイヤは制動距離が長くなったり、ハイドロブレーニングの危険性が高まります。また自動ブレーキ車の性能が十分に発揮されないケースにもつながります。
日産リーフがテスラに電気自動車対決で完敗した3つの理由
日産リーフがテスラ・モデル3に電気自動車対決で完敗した3つの理由について述べています。国産EVで唯一市場を牽引しているリーフですが、売上が低迷している原因は「インフラ設備が充実していないこと」だけなのでしょうか。
BMW320i 国産車と比較するとどうなの?
BMWの中核モデルでミドルサイズセダンの世界的なベンチマーク「320i」は、クルマ好きからの注目度が高く、実際に国産車から買い換える人も多い車種です。今回は、そんなBMW320iを買った人、はたまた320iから日本車に乗り換えたという人たちのカーレビューを紹介したいと思います。「320iが欲しいけど、やっぱり国産車のほうが良いのかなぁ?」と迷っている方には参考になるかと思いますよ。
タイヤはなぜ黒いの?
タイヤの主原料のゴム樹脂はほぼ透明。にもかかわらず、タイヤの色が黒色なのはなぜなのでしょうか?その理由と、走行中のタイヤの変化について解説しています。
タクシーがLPGを採用しているのはなぜ?
タクシーやバス、トラック、ゴミ収集車などの“仕事に使うクルマ”に多く採用されていLPG。その利点と、LPG車が一般ユーザーに浸透しない理由などについて解説しています。
JC08モードなどの燃費値は意味がある?
自動車の燃費性能の比較検討においてJC08モードなどのカタログ値には意味があるのかについて。実際の使用状況に近づけた細かな速度変化を求められる測定方法になるのは間違いないようです。
車の寿命の目安は年数?走行距離?
クルマの寿命の判断基準は、新車時からの年数なのか?走行距離なのか?、はたまた交換パーツの在庫がなくなったらなのか?それとも、自動車はお金と愛情をかければ、いつまでも乗り続けられるものなのでしょうか。「多少の不具合なら修理しながら乗り続ける」というオーナーさんも多いと思いますが、お金をかけるより乗り換えた方がお得になるボーダーラインも気になるところです。
冬のカーブが危険な理由と安全に走るための運転テクニック3つ
冬のドライブには危険がいっぱい!とくに路面が凍結している際の運転には慎重さが求められます。冬のカーブが危険な理由と安全に走るための運転テクニックを紹介しています。
セルフスタンドでの給油の手順
初めてのセルフスタンドが不安な人のために、スムーズな給油の手順を解説しています。
ナンバープレートの番号・文字は何を意味しているの?
自動車のナンバープレートの番号や文字が何を意味しているのかについて解説してます。
車のブレーキトラブル!フェード現象・ペーパーロックってなに?
車を安全に運転するうえで生命線となるのがブレーキ。そのブレーキの主なトラブルとして、「フェード現象」と「ペーパーロック」があります。それぞれ、どんな状況でどんなことが起こるのか?そして、起こったときの危険回避法について解説していきます。
75歳以上の免許更新講習の具体的な内容
高齢運転者による事故を防ぐため、平成21年に改正された「75歳以上の運転免許更新」の内容。その主な改善点は「認知症検査の義務付け」です。そのための特別な講習を行うという話も聞きますが、具体的には何をやっているのか?をまとめてみました。
チェーン規制がかかる条件は?
冬にチェーン規制がかかる条件はどうなっているのか?また規制のかかった通行禁止区域をスタッドレスや夏タイヤで走るのは可能なのか?夏用タイヤのまま走ったら、違反切符を切られて、反則金を払うことになるのか?といった、出かける前に知っておかないと不安になることってありますよね。今回はこのようなポイントについて解説していくことにします。

ホーム RSS購読 サイトマップ