車 寿命 年数 走行距離

車の寿命の目安は年数?走行距離?お金をかけるより乗り換えた方がお得?

 

 

「形あるものいつか壊れる」のことわざ通り、車にもいつか寿命がやってきます。

 

 

その寿命の判断基準は、新車時からの年数なのか?走行距離なのか?、はたまた交換パーツの在庫がなくなったらなのか?

 

 

それとも、自動車はお金と愛情をかければ、いつまでも乗り続けられるものなのでしょうか。

 

 

「多少の不具合なら修理しながら乗り続ける」というオーナーさんも多いと思いますが、お金をかけるより乗り換えた方がお得になるボーダーラインも気になるところです。

 

クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

“10年/10万kmの壁” なんて日本車には関係ない?

 

クルマは実際どのくらいの距離や時間に耐えられるのか?

 

 

自動車に持たせる「信頼耐久性」は、開発の初期段階で設定目標値として決められています。

 

 

ただし、その数値はメーカーや車種、そしてそのクルマがどんな場所でどのように使われるかによって異なることになります。

 

 

 

 

設定値が特に高いのがトラックやバスなどの業務用の大型車。

 

 

たとえば東京〜大阪間を走る定期便の高速バスなら、年間の走行距離は約40万kmにもなり、3年足らずで100万kmを走る計算になります。

 

 

実際にはその2〜3倍走る車両が当たり前なので、数百万kmの設定値で開発されているのです。

 

 

では乗用車はというと、とある国内メーカーでは「10年/16万km」が目標値として掲げられています。

 

 

ただ、この設計上の目標は、あくまでも「安全に走れる」目安なので、新車当時の性能を保証してくれるものではありません。

 

 

国産車の場合、どんなにこまめなメンテナンスをしても、10万kmも走ると足回りのショックアブソーバーがヘタってきます。

 

 

そうなると新車同様の乗り味は期待できないですし、そのころには各部分の消耗品が次々と交換時期をむかえることに。

 

 

「修理見積もりが思った以上に高くて買い換えることにした」という人が多くなるのも、10年/16万kmの前後ではないかと思います。

 

 

 

 

ですが、その気になれば、それを超えて走り続けるのも難しくはないのも事実。

 

 

タクシーなどは数年で20万kmほど走ってから廃車されますが、それは壊れたからではありません。

 

 

減価償却が終わった(=帳簿上で元は取った)クルマを使い続けても、得にならないという経済効率重視の判断からなのです。

 

 

その後、需要のある東南アジアなどに輸出されて、現地でさらに数十万km走るケースも珍しくありません。

 

 

一般的に業務タクシーのベース車(トヨタ・コンフォートなど)はコスト重視で作られています。

 

 

そのクルマがこれほど走るのですから、現代の国産乗用車にとって10年/10万kmというのは、なんてことなく越えられるハードルなのですね。

 

 

 

メンテナンスなしでは車の寿命は短くなる

 

ただし、メーカーが設定する「信頼耐久性」はノーメンテを前提にはしていません。

 

 

自動車は乗りっぱなしではなく、メンテナンスしながら使うことを求められる道具です。

 

 

同じ中古車でも、オイル交換もろくにせず、整備なしで酷使されれば、走行5万km未満でもガタがくる場合があります。

 

 

国産車が優秀とはいっても、ほったらかしでは長寿は望めません。

 

 

オイル交換をしてこなかった中古車を見分けるコツ

 

 

中古車を購入する際に、きちんとエンジンオイルを交換していたか?を見分けるコツがあります。

 

 

エンジンの上部にあるオイルキャップを開けて、キャップの裏側の汚れをチェックしましょう。

 

 

オイル交換をサボっていたクルマは、ドロドロの汚れがこびりついているはずです。

 

 

逆にこまめに交換してきた個体なら、10万km走っていてもキャップの裏はキレイな状態なはず。

 

 

さらに、エンジンのカムシャフトがピカピカならば言うことありません。

 

 

また、整備記録簿がしっかりと記入されている場合は、そんなチェックすら必要なく合格です。

 

 

 

輸入車のほうが寿命が長い?

 

それでは輸入車はどうなのか?

 

 

なかでも、日本でのシェアも高いドイツ車はアウトバーンでの超高速・長距離走行を前提に作られていますから、足回りの頑丈さには定評があります。

 

 

また10万km程度ならボディもピンピンしていて、日本では過走行と考えられるような中古車が本国では当たり前に流通しています。

 

 

ならば、日本に持ってきても長寿命で、長い目で見ればコスパが良いのでは?と思ってしまいますが、そうもいかないのです。

 

 

 

 

まず、交通状況がヨーロッパとは大きく違います。

 

 

日本の都市圏のようなストップ&ゴーが多い環境で使用すると、そうでない状況と比べて足回りのパーツが消耗しやすくなります。

 

 

ブレーキパッドの減りや、サスペンションの位置決めをしているゴム製ブッシュの傷みが早くなるのです。

 

 

そうなると新車同様の乗り心地や性能を維持するのは難しくなります。

 

 

そして、ドイツ車を正規ディーラーで修理した経験がある人はわかるかもしれませんが、同じ内容の修理でも国産車より料金が高くつく傾向があります

 

 

これには理由が2つあって、

 

1.日本の正規ディーラーは、点検で少しでも傷みが見られたら完全に修理しようとするため

 

2.部品単品の交換ではなくアッセンブリー(部品類で構成された組立済みパーツ)ごと交換するケースが多いため

 

日本において輸入車の維持費が高いと言われる一因になっているのです。

 

 

もちろん、ドイツ本国であっても長く乗ればパーツは摩耗します。

 

 

しかし、輸入車はそれらの部品が交換しやすく作ってあって、しかも単品で購入できて比較的簡単に交換できるようになっています。

 

 

そのため修理コストは必ずしも日本車より高いわけではありません。

 

 

クルマに対する考え方の国民性の違い

 

 

輸入車は、当然ながら本国で購入したほうが価格は安いです。

 

 

しかし、国民所得に対するクルマの価格は、実は欧州のほうが日本より高価なのですね。

 

 

そのうえ、欧州ではとにかく距離を走るし、平均走行速度が高いので、走行安定性の低下は安全性にもかかわります。

 

 

だから、消費者はいいモノを買って、自己責任のもとに手入れしながら少しでも長く乗ろうとします。

 

 

メーカーもそうしたユーザーの考え方に合わせた商品作りを行っているわけです。

 

 

日本ではブレーキパッドの交換はしても、ブレーキディスクまでは替えた経験がないという人は多いはずです。

 

 

なぜなら、現代の日本車は、ディスクは「10万km程度なら交換不要」というモデルがほとんどだからです。

 

 

一方で欧州車は高速走行時の強力なプレーキ力と引き換えにディスクも削られるため、「パッド交換2回につきディスクも交換」が原則となっています。

 

 

道路状況やや生活環境に合わせて、クルマの整備に対する考え方やランニングコストが違う・・・これも国民性の違いと言えるのかもしれません。

 

 

 

結局、国産車は短期間で乗り換えがお得?

 

 

「10年/10万km乗ったら元が取れる」

 

「元を取ったら直すよりも乗り換えたほうが得」

 

 

日本の自動車産業はこのような思想で自動車を作り続けてきました。

 

 

この思想は日本人の国民性に合っているとされていて、実際にも10年/10万kmまで乗らずに次に買い替える人は多いです。

 

 

考え方がヨーロッパとは真逆ですね。

 

 

これは良い悪いではなく、つちかってきた文化の違いとも言えるでしょう。

 

 

先ほど書いたタクシーの例と同じように、新車を比較的短期間で乗り換えるのが、おそらく一番お得です。

 

 

購入のたびに諸経費はかかるものの、メーカーは頻繁に新車販売のキャンペーンをやっていますし、国産車は中古市場も充実しているのでリセールバリューも安定していて売る時も損をしにくくなっているからです。

 

 

逆に、多年式・多走行のユーズドカーは販売店としては売りにくいため、買取相場がガクンと下がってしまう市場の特徴もあります。

 

 

ケースバイケースではありますが、日本でクルマに乗るなら「お金をかけるより乗り換えた方がお得」なのは間違いないようです。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

 

 

 

関連ページ

私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由
私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由、フランス車の魅力について書いてみました。
輸入車販売が好調なのはアベノミクスのおかげ?
自動車販売が振るわないなか、輸入車販売台数は着実に伸びています。これまで長らく好調だった軽自動車の販売の落ち込みが激しく、輸入車の伸びが順調だというのは、まさにアベノミクスの特徴のように思えます。
最新の自動車盗難ツール・イモビカッターとは?
年々巧妙化しているという自動車盗難の手口。とりわけイモビカッターなどのハイテク犯行ツールの進化はすさまじく、大事な愛車を守るのは難しくなってきているといいます。イモビカッターとは?規制の状況はどうなっているのか?についてお伝えしています。
レクサスがベンツやBMWより魅力がないのは手抜き車を売っているから
2005年に国内販売がスタートしたレクサスブランドですが、この10年間、目標台数には遠く及んでいません。その原因は、レクサスがベンツやBMWより魅力がないのは手抜き車を売っているからです。
日産リーフがテスラに電気自動車対決で完敗した3つの理由
日産リーフがテスラ・モデル3に電気自動車対決で完敗した3つの理由について述べています。国産EVで唯一市場を牽引しているリーフですが、売上が低迷している原因は「インフラ設備が充実していないこと」だけなのでしょうか。
BMW320i 国産車と比較するとどうなの?
BMWの中核モデルでミドルサイズセダンの世界的なベンチマーク「320i」は、クルマ好きからの注目度が高く、実際に国産車から買い換える人も多い車種です。今回は、そんなBMW320iを買った人、はたまた320iから日本車に乗り換えたという人たちのカーレビューを紹介したいと思います。「320iが欲しいけど、やっぱり国産車のほうが良いのかなぁ?」と迷っている方には参考になるかと思いますよ。
タイヤはなぜ黒いの?
タイヤの主原料のゴム樹脂はほぼ透明。にもかかわらず、タイヤの色が黒色なのはなぜなのでしょうか?その理由と、走行中のタイヤの変化について解説しています。
タクシーがLPGを採用しているのはなぜ?
タクシーやバス、トラック、ゴミ収集車などの“仕事に使うクルマ”に多く採用されていLPG。その利点と、LPG車が一般ユーザーに浸透しない理由などについて解説しています。
JC08モードなどの燃費値は意味がある?
自動車の燃費性能の比較検討においてJC08モードなどのカタログ値には意味があるのかについて。実際の使用状況に近づけた細かな速度変化を求められる測定方法になるのは間違いないようです。
セルフスタンドでの給油の手順
初めてのセルフスタンドが不安な人のために、スムーズな給油の手順を解説しています。
ナンバープレートの番号・文字は何を意味しているの?
自動車のナンバープレートの番号や文字が何を意味しているのかについて解説してます。
75歳以上の免許更新講習の具体的な内容
高齢運転者による事故を防ぐため、平成21年に改正された「75歳以上の運転免許更新」の内容。その主な改善点は「認知症検査の義務付け」です。そのための特別な講習を行うという話も聞きますが、具体的には何をやっているのか?をまとめてみました。
世界の高速道路事情
高速道路の速度制限100km/hを引き上げる議論が続いている日本ですが、じゃあ世界の国々の高速道の速度制限はどうなっているのでしょう?アウトバーンが有名なドイツを含むヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、お隣の韓国、中国、アジア諸国など。各国の道路事情をまとめてみました。海外に行ったとき、レンタカーを借りて乗ったときにも参考になるかと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ