初めてのセルフスタンドが不安?スムーズな給油の手順を解説します!

初めてのセルフスタンドが不安?スムーズな給油の手順を解説!

 

 

最近では、有人スタンドからセルフに切り替わるスタンドも増えてきています。

 

 

「セルフスタンドは未経験、上手に給油できなかったらイヤだから避けてる・・・」という人も意外に多いかもしれません。

 

 

そこで今回は、セルフスタンドでスムーズに給油するための手順を解説していきます。

 

クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

基本的には機械の指示に従うだけ

 

まず車の給油口がホースの前に来るように給油スタンドの前に駐車します。

 

 

最近のクルマの燃料計には、給油口の左右の位置を示すマークが付いていてわかりやすくなっています。

 

 

車を停めたらエンジンを止めて、財布を持ってクルマから降りましょう。

 

 

給油機に向かうと機会が反応して指示を出してきます。

 

 

機械の種類によるものの、たいていの場合は最初に支払い方法を聞いてきます。

 

 

現金払い・クレカ払いを選択し、クレジットカード払いならランプの付いた挿入口にカードを入れましょう。

 

 

次に、レギュラー、ハイオク、軽油から油種を選んでボタンを押します。

 

 

給油量は金額かリットルで指定するか、満タンかを選んでボタンを押します。

 

 

これで給油準備完了です。

 

 

続いて実際の給油作業に入ります。

 

 

 

作業前の静電気除去は確実に

 

 

最初に、給油機に取り付けてある黒い静電気除去パッドに手を触れます。

 

 

これは静電気で燃料が引火するのを防ぐためです。

 

 

海外の動画ですが、実際にセルフ給油時に静電気で引火して大変な事態になっているのを見たことがあります。

 

 

セルフ給油は事故が起こっても自己責任ですから、事故防止のために必ずパッドに触れてから作業するようにしましょう

 

 

 

実際の給油〜精算

 

 

クルマの給油口のキャップを開けます。

 

 

レギュラーなら赤色、ハイオクなら黄色、軽油なら緑色のガンノズルを持って給油口に深く差し込みます。
(ブランドによって色が異なる場合あり)

 

 

レバーを引くと給油が始まります。

 

 

レバーを引いているあいだだけ給油し、離すと止まる仕組みになっています。

 

 

さらに、強くレバーを引くとそのぶん勢いよく出ますが、タンク内の空気抜きがうまくいかないと給油が止まってしまうこともあるので力加減が必要です。

 

 

指定した量になるか満タンになると自動停止します。

 

 

ガンノズルを元に戻してから、給油口のキャップと蓋を閉めましょう。

 

 

クレジットカード払いならレシートを機械から取り出して終了です。

 

 

現金払いの場合は、おつりは機械から出たレシートを持って、自分で精算機で精算することになります。

 

 

おつりの取り忘れに注意しましょう。

 

 

 

わからなければスタッフに確認を

 

セルフスタンドでの給油は一度経験してしまえば、手順自体は難しくないことがわかるはず。

 

 

ですが、自己責任の作業になるので、とくに実際に燃料を入れるときにはきちんと確認しながら行いましょう。

 

 

セルフとはいってもスタッフはいるので、わからないことは聞くようにしましょう。

 

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

 

 

 

関連ページ

私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由
私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由、フランス車の魅力について書いてみました。
輸入車販売が好調なのはアベノミクスのおかげ?
自動車販売が振るわないなか、輸入車販売台数は着実に伸びています。これまで長らく好調だった軽自動車の販売の落ち込みが激しく、輸入車の伸びが順調だというのは、まさにアベノミクスの特徴のように思えます。
最新の自動車盗難ツール・イモビカッターとは?
年々巧妙化しているという自動車盗難の手口。とりわけイモビカッターなどのハイテク犯行ツールの進化はすさまじく、大事な愛車を守るのは難しくなってきているといいます。イモビカッターとは?規制の状況はどうなっているのか?についてお伝えしています。
レクサスがベンツやBMWより魅力がないのは手抜き車を売っているから
2005年に国内販売がスタートしたレクサスブランドですが、この10年間、目標台数には遠く及んでいません。その原因は、レクサスがベンツやBMWより魅力がないのは手抜き車を売っているからです。
日産リーフがテスラに電気自動車対決で完敗した3つの理由
日産リーフがテスラ・モデル3に電気自動車対決で完敗した3つの理由について述べています。国産EVで唯一市場を牽引しているリーフですが、売上が低迷している原因は「インフラ設備が充実していないこと」だけなのでしょうか。
BMW320i 国産車と比較するとどうなの?
BMWの中核モデルでミドルサイズセダンの世界的なベンチマーク「320i」は、クルマ好きからの注目度が高く、実際に国産車から買い換える人も多い車種です。今回は、そんなBMW320iを買った人、はたまた320iから日本車に乗り換えたという人たちのカーレビューを紹介したいと思います。「320iが欲しいけど、やっぱり国産車のほうが良いのかなぁ?」と迷っている方には参考になるかと思いますよ。
タイヤはなぜ黒いの?
タイヤの主原料のゴム樹脂はほぼ透明。にもかかわらず、タイヤの色が黒色なのはなぜなのでしょうか?その理由と、走行中のタイヤの変化について解説しています。
タクシーがLPGを採用しているのはなぜ?
タクシーやバス、トラック、ゴミ収集車などの“仕事に使うクルマ”に多く採用されていLPG。その利点と、LPG車が一般ユーザーに浸透しない理由などについて解説しています。
JC08モードなどの燃費値は意味がある?
自動車の燃費性能の比較検討においてJC08モードなどのカタログ値には意味があるのかについて。実際の使用状況に近づけた細かな速度変化を求められる測定方法になるのは間違いないようです。
車の寿命の目安は年数?走行距離?
クルマの寿命の判断基準は、新車時からの年数なのか?走行距離なのか?、はたまた交換パーツの在庫がなくなったらなのか?それとも、自動車はお金と愛情をかければ、いつまでも乗り続けられるものなのでしょうか。「多少の不具合なら修理しながら乗り続ける」というオーナーさんも多いと思いますが、お金をかけるより乗り換えた方がお得になるボーダーラインも気になるところです。
ナンバープレートの番号・文字は何を意味しているの?
自動車のナンバープレートの番号や文字が何を意味しているのかについて解説してます。
75歳以上の免許更新講習の具体的な内容
高齢運転者による事故を防ぐため、平成21年に改正された「75歳以上の運転免許更新」の内容。その主な改善点は「認知症検査の義務付け」です。そのための特別な講習を行うという話も聞きますが、具体的には何をやっているのか?をまとめてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ