世界の高速道路事情 アウトバーンは今でも速度無制限?

世界の高速道路事情 アウトバーンは今でも速度無制限?

 

 

高速道路の速度制限100km/hを引き上げる議論が続いている日本ですが、じゃあ世界の国々の高速道の速度制限はどうなっているのでしょう?

 

 

アウトバーンが有名なドイツを含むヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、お隣の韓国、中国、アジア諸国など。

 

 

各国の道路事情をまとめてみました。

 

 

海外に行ったとき、レンタカーを借りて乗ったときにも参考になるかと思います。

 

クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

ドイツ

 

ドイツ・オーストリア・スイスをまたぐ自動車高速道路「アウトバーン」。

 

 

そのアウトバーンは、現在も、基本的に速度無制限です。

 

 

アウディR8やBMW・Mモデル、メルセデスAMGモデルといったクルマたちも、その高性能をいかんなく発揮して走ることが可能ですね。

 

 

ただし、近年では速度制限区域が少しづつ増えてきています。

 

 

ドイツ国内に総延長1万3000kmを超えるネットワークを誇る、利用料完全無料のアウトバーンは、全体の62%にあたる約8000kmが終日速度無制限。

 

 

それ以外の区域には終日の速度規制がされていて、約3500km(27%)が60〜130km/h、約900km(7%)が時間帯によって制限されています。

 

 

残りの4%ほどの区域は速度規制のかかる工事区域となっています。

 

 

速度無制限区域では、時速300km以上で走ろうとも、法的にはまったく問題ありません。

 

 

しかし、推奨速度は130km/hと定められていて、それ以上の速度での走行は“自己責任”。

 

 

万が一の事故の場合に、明らかな暴走とみなされれば、自動車保険の適用外となるケースもあります。

 

 

過去にも裁判でこのように判断され、保険が降りなかった事例もあるとのことです。

 

 

 

フランス

 

 

ルノーグループのお膝元フランスでは、高速道路の制限速度は130km/h(雨天時は110km/h)。

 

 

区域によっては70〜110km/hに制限される場所があります。

 

 

オービスが数多く設置されていることで知られていて、後方から撮影するものまであるので注意が必要です。

 

 

しかもスピード違反の罰金の相場がドイツよりも高いので、現地で運転するなら要注意です。

 

 

また、フランスの高速道路「オートルート」には無料区域と有料区域があります。

 

 

1992年にはリベルテ(liber-T)と呼ばれる電子料金収受システムが導入されています。

 

 

 

イタリア

 

フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーは、本国イタリアでは本領発揮できているのでしょうか?

 

 

イタリアの高速道路「アウトストラーダ」は、かつては最高速度が130km/h制限でしたが、2001年以降に条件を満たした区間限定で150km/hとすることも可能になっています。

 

 

約6800kmの総延長を持つアウトストラーダは有料道路。

 

 

1989年に世界に先駆けてテレパス(TELEPASS)と呼ばれる電子料金収受システムが導入されています。

 

 

オービスの設置数は日本よりも多く、41km/h以上のスピード違反の罰金は1000ユーロ超となるなど厳しくなっています。

 

 

 

アメリカ

 

 

アメリカの高速道路は「フリーウェイ」の名前のとおり、9割以上の区間で料金が無料です。

 

 

「トールウェイ」と呼ばれる有料道路は、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、ダラスなどの大都市圏の一部にあります。

 

 

最高速度は、以前は時速55マイル(88km/h)が一般的でしたが、近年では「自動車の性能向上による、実用に適した速度が必要」との解釈から、各州で法整備が進んできています。

 

 

現在では最高速度が時速65マイル(104km/h)が採用されるケースが多く、交通量が少ない地域(アリゾナ州やアーカンソー州の一部など)では、時速75マイル(120km/h)まで引き上げられるケースもあります。

 

 

アメリカの場合、一般道の制限速度が時速55マイル(88km/h)ととても速く、フリーウェイと大差がないのが特徴です。

 

 

交通の流れが非常に速いので、運転初心者はとくに注意が必要となるでしょう。

 

 

 

オーストラリア

 

オーストラリアは国土面積が広く(日本の20倍)、人口密集度も低い。

 

 

さらに、おおらかな雰囲気のイメージがあるので制限速度もゆるめかと思いきや、非常に速度オーバーに厳しい国です。

 

 

2〜3km/hオーバーするだけですぐに捕まり、違反切符を切られてしまいます。

 

 

取り締まりが厳しい理由は

 

・朝方、夕方にカンガルーなどの夜行性の野生動物との接触事故を防ぐため

 

・違反車による罰金が直接警察の収入になることから、真剣に取り締まっている

 

などがあります。

 

 

また、警察が委託した監視委員が、パトカーではない自家用車でやっているネズミ捕り制度もあるため、まったく油断ができません。

 

 

そんな事情から、この国のドライバーはみんな、必要以上にクルマをゆっくり走らせるのです。

 

 

高速道路名については、アメリカと同じフリーウェイ・トールウェイが使われ、制限速度は高速が100km/h。

 

 

一般道が80km/h、住宅地が50km/hとなっています、

 

 

 

中国

 

 

今や世界一の自動車マーケットとなった中国。

 

 

北京や上海といった大都市は、道の幅も驚くほど広く、その広い道路いっぱいにクルマが渋滞している状況です。

 

 

片側4〜5車線あるのは当たり前で、さらに端には自転車/スクーター用のレーンまであるほど。

 

 

それでも、交通秩序はある程度守られていますし、街のあちこちに公安警察や軍人が配備されているので、治安面でそこまで不安になることはありません。

 

 

街中を走っているのは日本車、欧州車、アメリカ車などさまざま。

 

 

ハッチバックやワゴン型ではなく、セダンが圧倒的に人気なのも中国の特徴です。

 

 

制限速度は高速道路で100km/h、一般道で80km/hとなっています。

 

 

 

韓国

 

道路事情は全体として日本に近い印象の韓国。

 

 

アジアの中の先進国のひとつであり、なかでも首都ソウルの中心部は大都会。

 

 

交通量は多く、走る車はどれもピカピカです。

 

 

ただし、日本車は少なくて、ヒュンダイやKIA(起亜自動車)など自国製のクルマが多く走っています。

 

 

また、地味な色のクルマがほとんどで、ド派手なスポーツカーなどはあまり見かけないなど、意外と真面目な雰囲気を感じられます。

 

 

制限速度は中国と同じく、高速道路で100km/h、一般道で80km/hとなっています。

 

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

 

 

 

関連ページ

私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由
私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由、フランス車の魅力について書いてみました。
輸入車販売が好調なのはアベノミクスのおかげ?
自動車販売が振るわないなか、輸入車販売台数は着実に伸びています。これまで長らく好調だった軽自動車の販売の落ち込みが激しく、輸入車の伸びが順調だというのは、まさにアベノミクスの特徴のように思えます。
最新の自動車盗難ツール・イモビカッターとは?
年々巧妙化しているという自動車盗難の手口。とりわけイモビカッターなどのハイテク犯行ツールの進化はすさまじく、大事な愛車を守るのは難しくなってきているといいます。イモビカッターとは?規制の状況はどうなっているのか?についてお伝えしています。
レクサスがベンツやBMWより魅力がないのは手抜き車を売っているから
2005年に国内販売がスタートしたレクサスブランドですが、この10年間、目標台数には遠く及んでいません。その原因は、レクサスがベンツやBMWより魅力がないのは手抜き車を売っているからです。
日産リーフがテスラに電気自動車対決で完敗した3つの理由
日産リーフがテスラ・モデル3に電気自動車対決で完敗した3つの理由について述べています。国産EVで唯一市場を牽引しているリーフですが、売上が低迷している原因は「インフラ設備が充実していないこと」だけなのでしょうか。
BMW320i 国産車と比較するとどうなの?
BMWの中核モデルでミドルサイズセダンの世界的なベンチマーク「320i」は、クルマ好きからの注目度が高く、実際に国産車から買い換える人も多い車種です。今回は、そんなBMW320iを買った人、はたまた320iから日本車に乗り換えたという人たちのカーレビューを紹介したいと思います。「320iが欲しいけど、やっぱり国産車のほうが良いのかなぁ?」と迷っている方には参考になるかと思いますよ。
タイヤはなぜ黒いの?
タイヤの主原料のゴム樹脂はほぼ透明。にもかかわらず、タイヤの色が黒色なのはなぜなのでしょうか?その理由と、走行中のタイヤの変化について解説しています。
タクシーがLPGを採用しているのはなぜ?
タクシーやバス、トラック、ゴミ収集車などの“仕事に使うクルマ”に多く採用されていLPG。その利点と、LPG車が一般ユーザーに浸透しない理由などについて解説しています。
JC08モードなどの燃費値は意味がある?
自動車の燃費性能の比較検討においてJC08モードなどのカタログ値には意味があるのかについて。実際の使用状況に近づけた細かな速度変化を求められる測定方法になるのは間違いないようです。
車の寿命の目安は年数?走行距離?
クルマの寿命の判断基準は、新車時からの年数なのか?走行距離なのか?、はたまた交換パーツの在庫がなくなったらなのか?それとも、自動車はお金と愛情をかければ、いつまでも乗り続けられるものなのでしょうか。「多少の不具合なら修理しながら乗り続ける」というオーナーさんも多いと思いますが、お金をかけるより乗り換えた方がお得になるボーダーラインも気になるところです。
セルフスタンドでの給油の手順
初めてのセルフスタンドが不安な人のために、スムーズな給油の手順を解説しています。
ナンバープレートの番号・文字は何を意味しているの?
自動車のナンバープレートの番号や文字が何を意味しているのかについて解説してます。
75歳以上の免許更新講習の具体的な内容
高齢運転者による事故を防ぐため、平成21年に改正された「75歳以上の運転免許更新」の内容。その主な改善点は「認知症検査の義務付け」です。そのための特別な講習を行うという話も聞きますが、具体的には何をやっているのか?をまとめてみました。
日産が新開発したVCターボエンジンが革新的すぎる!
2018年に日産が生産開始を予定している「インフィニティ VCターボエンジン」が、ついに世界初公開されました。この「可変圧縮比」エンジンの開発に、日産自動車は20年以上もの歳月を費やしたと言われます。“エンジン技術の夢” “エンジン開発者の夢”とも言われる、この革新的な新型エンジンは一体どんなものなのか?
ドライブデートの運転・会話テクニック(前編)
クルマは、サプライズが好きな女性にとって、いつでもサプライズを起こすことができる魅力のあるツールです。気になるあの子を落としたい!というときに、車を持っているのであれば、絶対利用するべきです!完璧なドライブデートで女の子をバッチリ虜にさせましょう♪そのための運転・会話テクニックをご紹介していきますね。
ドライブデートの運転・会話テクニック(後編)
クルマは、サプライズが好きな女性にとって、いつでもサプライズを起こすことができる魅力のあるツールです。気になるあの子を落としたい!というときに、車を持っているのであれば、絶対利用するべきです!完璧なドライブデートで女の子をバッチリ虜にさせましょう♪そのための運転・会話テクニックをご紹介していきますね。
実際にあった車買取専門店の変な店員の話
実際にあった車買取専門店の変な店員の話です。車業界で真剣に働いている人もいるのに、こんなバカな2人がいると思うだけで腹が立ちます。
輸入車エコカーの現在と未来 日本の省エネ車とどこが違う?
エコカーと聞くとハイブリッド先進国の日本車を思い浮かべる人も少なくないでしょう。しかし、欧米の自動車メーカーも独自の視点とテクノロジーで省燃費=CO2排出削減を目指したエコカーを次々と世に送り出しています。輸入車ならではのドライバビリティは損なわず、運転する楽しさを味わえるエコカーは魅力いっぱい。また、各メーカーならではのコンセプトにも心惹かれます。「エコカー減税」や「クリーンエネルギー自動車補助金」の対象となれば、次の購入候補として考えたくなるユーザーも多いはず。そこで今回は、輸入車エコカーにスポットを当てて見ていくことにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 中古車の一括査定 中古車の売り方 自動車保険 目次