実際にあった車買取専門店の変な店員の話

実際にあった車買取専門店の変な店員の話

 

 

当時、我が家では軽自動車を家族で一台所有していました。

 

 

この車は主人が初めて買った車で、私と付き合い始めてから買った、思い出の車でもあります。

 

 

しかし、結婚2年目に私が出産し、軽自動車ではいろんな場面で手狭になってしまうため、大きめのファミリーカーを買おう!ということになりました。

 

 

経済的に2台所有できないので、今まで乗ってきた車は泣く泣く手放す決心をしました。

 

 

そこで、買取専門店に査定をしてもらうことにしたのですが・・・・。

 

 

手っ取り早く愛車の最高買取額を知りたいときは?

↓   ↓   ↓

 

 

1社目は、自宅から5分の場所にあるアッ〇ルで、応対したのは若い新人の女の子でした。

 

 

車を見て話をした帰り「私こういうの向いてないんですよね。」とつぶやいたそうです。

 

 

お客さんの前でそんなこといいますか?

 

 

査定額は出してもらったものの、「ほかでも話を聞いてみたい」と言って店を離れました。

 

 

2件目はガ〇バー、担当は中年の男性でした。

 

 

この人も感じはよくなかったんですが、主人は、さっきの変な店員の後なので悪い印象はなかったそうです。

 

 

結局2社目で買取をしてもらうことにしました。

 

 

 

 

金額は2日後くらいには連絡をするという話だったのに連絡がなく、主人のほうから連絡をしました。

 

 

すると「今日もってきてくれると最終的な査定をして、来週の日曜日に買取をします」とのことでした。

 

 

すぐに持って行き、金額も決まりました。

 

 

向こうの都合で引渡し日を2日早めてほしい、と言ってきたそうです。

 

 

土日で売りたいからと…。

 

 

主人が「取りに来てくれるならいいよ」というと「仕事おわりの8時とかになるかもしれませんがそれでよければ」と言う話になりました。

 

 

 

正直、すんなり行きそうにない気はしていた・・・

 

引き渡す当日、ピカピカに洗車し、荷物も取り払って空っぽになった車にお礼を言い、あとは取りに来てくれるのを待つだけです。

 

 

しかし主人に「遅くなりそうです、○○市まで来ていて夜の9時半頃になりそうです」と連絡がありました。

 

 

○○市とは高速でも2時間以上かかるところです。

 

 

「かまいません。取りに来てください。」と言い、次の連絡は9時半でした。

 

 

「今○○市から帰ってます、今から行くと夜中の12時を超えます。そうなると僕が歩いていかないといけなくなるんですが。」と。

 

 

さすがに主人も怒りました。

 

 

元々早く車をほしいからと言い出したのは相手の方です。

 

 

 

 

取りに来るという約束でOKしたのに、会社の人手不足で…とか、お客さんには関係ないことですよね。

 

 

最後には12時は過ぎるというし、歩いていかないといけないとか。

 

 

いい年して、バカにしているとしか思えませんでした。

 

 

車業界で真剣に働いている人もいるのに、こんなバカな2人がいると思うだけで腹が立ちます。

 

 

ゆとりがゆとりが…と言われますが、ゆとりじゃない人間もまともじゃない人もいるもんです。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

関連ページ

私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由
私が浮気もせずフランス車に乗り続ける理由、フランス車の魅力について書いてみました。
輸入車販売が好調なのはアベノミクスのおかげ?
自動車販売が振るわないなか、輸入車販売台数は着実に伸びています。これまで長らく好調だった軽自動車の販売の落ち込みが激しく、輸入車の伸びが順調だというのは、まさにアベノミクスの特徴のように思えます。
最新の自動車盗難ツール・イモビカッターとは?
年々巧妙化しているという自動車盗難の手口。とりわけイモビカッターなどのハイテク犯行ツールの進化はすさまじく、大事な愛車を守るのは難しくなってきているといいます。イモビカッターとは?規制の状況はどうなっているのか?についてお伝えしています。
レクサスがベンツやBMWより魅力がないのは手抜き車を売っているから
2005年に国内販売がスタートしたレクサスブランドですが、この10年間、目標台数には遠く及んでいません。その原因は、レクサスがベンツやBMWより魅力がないのは手抜き車を売っているからです。
日産リーフがテスラに電気自動車対決で完敗した3つの理由
日産リーフがテスラ・モデル3に電気自動車対決で完敗した3つの理由について述べています。国産EVで唯一市場を牽引しているリーフですが、売上が低迷している原因は「インフラ設備が充実していないこと」だけなのでしょうか。
BMW320i 国産車と比較するとどうなの?
BMWの中核モデルでミドルサイズセダンの世界的なベンチマーク「320i」は、クルマ好きからの注目度が高く、実際に国産車から買い換える人も多い車種です。今回は、そんなBMW320iを買った人、はたまた320iから日本車に乗り換えたという人たちのカーレビューを紹介したいと思います。「320iが欲しいけど、やっぱり国産車のほうが良いのかなぁ?」と迷っている方には参考になるかと思いますよ。
タイヤはなぜ黒いの?
タイヤの主原料のゴム樹脂はほぼ透明。にもかかわらず、タイヤの色が黒色なのはなぜなのでしょうか?その理由と、走行中のタイヤの変化について解説しています。
タクシーがLPGを採用しているのはなぜ?
タクシーやバス、トラック、ゴミ収集車などの“仕事に使うクルマ”に多く採用されていLPG。その利点と、LPG車が一般ユーザーに浸透しない理由などについて解説しています。
JC08モードなどの燃費値は意味がある?
自動車の燃費性能の比較検討においてJC08モードなどのカタログ値には意味があるのかについて。実際の使用状況に近づけた細かな速度変化を求められる測定方法になるのは間違いないようです。
車の寿命の目安は年数?走行距離?
クルマの寿命の判断基準は、新車時からの年数なのか?走行距離なのか?、はたまた交換パーツの在庫がなくなったらなのか?それとも、自動車はお金と愛情をかければ、いつまでも乗り続けられるものなのでしょうか。「多少の不具合なら修理しながら乗り続ける」というオーナーさんも多いと思いますが、お金をかけるより乗り換えた方がお得になるボーダーラインも気になるところです。
セルフスタンドでの給油の手順
初めてのセルフスタンドが不安な人のために、スムーズな給油の手順を解説しています。
ナンバープレートの番号・文字は何を意味しているの?
自動車のナンバープレートの番号や文字が何を意味しているのかについて解説してます。
75歳以上の免許更新講習の具体的な内容
高齢運転者による事故を防ぐため、平成21年に改正された「75歳以上の運転免許更新」の内容。その主な改善点は「認知症検査の義務付け」です。そのための特別な講習を行うという話も聞きますが、具体的には何をやっているのか?をまとめてみました。
世界の高速道路事情
高速道路の速度制限100km/hを引き上げる議論が続いている日本ですが、じゃあ世界の国々の高速道の速度制限はどうなっているのでしょう?アウトバーンが有名なドイツを含むヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、お隣の韓国、中国、アジア諸国など。各国の道路事情をまとめてみました。海外に行ったとき、レンタカーを借りて乗ったときにも参考になるかと思います。
日産が新開発したVCターボエンジンが革新的すぎる!
2018年に日産が生産開始を予定している「インフィニティ VCターボエンジン」が、ついに世界初公開されました。この「可変圧縮比」エンジンの開発に、日産自動車は20年以上もの歳月を費やしたと言われます。“エンジン技術の夢” “エンジン開発者の夢”とも言われる、この革新的な新型エンジンは一体どんなものなのか?
ドライブデートの運転・会話テクニック(前編)
クルマは、サプライズが好きな女性にとって、いつでもサプライズを起こすことができる魅力のあるツールです。気になるあの子を落としたい!というときに、車を持っているのであれば、絶対利用するべきです!完璧なドライブデートで女の子をバッチリ虜にさせましょう♪そのための運転・会話テクニックをご紹介していきますね。
ドライブデートの運転・会話テクニック(後編)
クルマは、サプライズが好きな女性にとって、いつでもサプライズを起こすことができる魅力のあるツールです。気になるあの子を落としたい!というときに、車を持っているのであれば、絶対利用するべきです!完璧なドライブデートで女の子をバッチリ虜にさせましょう♪そのための運転・会話テクニックをご紹介していきますね。
輸入車エコカーの現在と未来 日本の省エネ車とどこが違う?
エコカーと聞くとハイブリッド先進国の日本車を思い浮かべる人も少なくないでしょう。しかし、欧米の自動車メーカーも独自の視点とテクノロジーで省燃費=CO2排出削減を目指したエコカーを次々と世に送り出しています。輸入車ならではのドライバビリティは損なわず、運転する楽しさを味わえるエコカーは魅力いっぱい。また、各メーカーならではのコンセプトにも心惹かれます。「エコカー減税」や「クリーンエネルギー自動車補助金」の対象となれば、次の購入候補として考えたくなるユーザーも多いはず。そこで今回は、輸入車エコカーにスポットを当てて見ていくことにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談