冬のカーブが危険な理由と安全に走るための運転テクニック3つ

冬のカーブが危険な理由と安全に走るための運転テクニック3つ

 

 

冬のドライブには危険がいっぱい!

 

 

とくに路面が凍結している際の運転には慎重さが求められます。

 

 

普段、運転しなれた道でも、深夜や早朝、カーブを曲がりきれずにスリップやガードレールに衝突しそうになる「ヒヤリ・ハット」した経験のある人は多いことでしょう。

 

 

ではなぜ冬のドライブは運転が難しくなるのでしょうか。

 

 

 

 

 

冬場はタイヤの摩擦力がが弱くなる

 

 

冬道でスピンやコースアウトが起こりやすいのは曲がりが急なカーブ。

 

 

直線からハンドルを切ってカーブを曲がるとき、クルマには遠心力が働きます。

 

 

スピードが出ていればいるほど、カーブがきついほど遠心力は大きくなり、外側に向けて強い横向きの動き(横G)を体感するようになります。

 

 

この遠心力=横Gがリアタイヤの摩擦力を超えると、カーブでクルマはスピンしてしまいます。

 

 

また、ハンドルを切りそこねるとタイヤの摩擦力で内側にクルマを引き戻す力(向心力)が働かずに、クルマは慣性力で直進方向に動きコースアウトします。

 

 

したがって路面の凍結や雪でタイヤの摩擦力(μ)が弱くなる冬場はスピンや道路からの飛び出しが多くなるのです。

 

 

 

冬の安全走行のための運転テクニック

 

では、冬の道路を安全に走るにはどうすればいいのか?

 

 

そのための3つの運転テクニックを紹介します。

 

 

カーブでの加減速

クルマは急ブレーキをかけると前につんのめるような状態になります。

 

 

このとき後輪は浮き上がり、タイヤの摩擦力はゼロになって、コントロールできなくなります。

 

 

カーブの途中でブレーキを踏んではいけないのはこのためです。

 

 

反対にアクセルを踏むと、全体の荷重が前から後ろに移るので後輪の摩擦力が働きます。

 

 

ですから、まずカーブ手前で減速したら、ハンドルを切りながらカーブの途中でアクセルを踏み、徐々に加速しながらカーブを通過する。

 

 

これが上手な曲がり方です。

 

 

滑りやすい路面では、「手前で原則。途中から加速が鉄則」とおぼえておきましょう。

 

 

体を傾ける

次に、自分の体をカーブの内側、つまりハンドルを切る方向に傾けます。

 

 

曲がるときに働く外側に向けての遠心力に負けないように、カーブの外側を高くして勾配(カント)をつけた道路がありますが、体を内側に傾けるようにしてカーブを曲がるのは、これと同じ原理です。

 

 

そうすることで、リアタイヤの横滑りを防ぐことができます。

 

 

走る軌道に注意する

最後にカーブを曲がる軌道、「ライン取り」の大切さについて。

 

 

ハンドルをゆっくりと切れるクロソイド曲線を採用したカーブは問題ありませんが、危険なのは円軌道のカーブです。

 

 

カーブに沿って走行するには急ハンドルにならざるを得ず、そのためスピードの制御が難しくなります。

 

 

円軌道のカーブでは、対向車のいない道路であればクロソイド曲線を描くように大きく膨らんで曲がりましょう。

 

 

そうでない場合は、カーブ手前で十分に減速する必要があります。

 

 

 

安全な冬ドライブを

 

ケガをしたり愛車を傷つけたりしないためにも、ウインタードライブは細心の注意が必要です。

 

 

また、雨の日や溝の減った古いタイヤも、以上で説明したのと同じ原理で滑りやすくなります。

 

 

夏場や晴れの日と同じ感覚で運転してはいけません。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

関連ページ

先進安全自動車(ASV)
ここ数年、先進安全自動車(ASV)という言葉をよく耳にします。先進安全自動車(Advanced Safety Vehicle)とは、自動ブレーキ装置などの先進技術を利用して、ドライバーの認知や判断、操作をサポートしてくれるシステムを搭載した自動車です。特に最近の新車モデルには、ほとんどが設定できるなど、近年目覚ましい発展があります。国土交通省が「ASV推進計画」の元に促進しているプロジェクトなので、今後発売される多くの車種で採用され、ASVであることが当たり前の社会になっていくことでしょう。
ゲリラ豪雨に対応した道路規制を確認して安全なドライブを
ゲリラ豪雨による冠水や家屋の床上浸水など、生活に与える被害も甚大であると同時に、クルマとドライバーに与える影響も小さくありません。そんな集中豪雨に対応した道路規制を確認して安全なドライブを楽しみましょう。
旅先でオービスを光らせたら現地の警察署まで出頭する必要がある?
旅先や遠方に出かけた際にオービスを光らせた場合、わざわざ違反切符を着られるために現地の警察署まで出頭する必要があるのでしょうか?現在主流のオービスシステムについても解説しています。
タイヤの排水性能は○○に左右される
タイヤの溝の深さと、雨の日の排水性能について。溝の浅くなったタイヤは制動距離が長くなったり、ハイドロブレーニングの危険性が高まります。また自動ブレーキ車の性能が十分に発揮されないケースにもつながります。
車のブレーキトラブル!フェード現象・ペーパーロックってなに?
車を安全に運転するうえで生命線となるのがブレーキ。そのブレーキの主なトラブルとして、「フェード現象」と「ペーパーロック」があります。それぞれ、どんな状況でどんなことが起こるのか?そして、起こったときの危険回避法について解説していきます。
チェーン規制がかかる条件は?
冬にチェーン規制がかかる条件はどうなっているのか?また規制のかかった通行禁止区域をスタッドレスや夏タイヤで走るのは可能なのか?夏用タイヤのまま走ったら、違反切符を切られて、反則金を払うことになるのか?といった、出かける前に知っておかないと不安になることってありますよね。今回はこのようなポイントについて解説していくことにします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談