車のブレーキトラブル!フェード現象・ペーパーロックってなに?

車のブレーキトラブル!フェード現象・ペーパーロックってなに?

 

 

車を安全に運転するうえで生命線となるのがブレーキ。

 

 

そのブレーキの主なトラブルとして、「フェード現象」と「ペーパーロック」があります。

 

 

それぞれ、どんな状況でどんなことが起こるのか?

 

 

そして、起こったときの危険回避法について解説していきます。

 

 

 

フェード現象

 

ブレーキを酷使すると起きやすいのが「フェード現象」です。

 

 

ブレーキパッドに熱が蓄えられ温度が高くなりすぎたときに起こるブレーキトラブルです。

 

 

ブレーキパッドの温度が高くなり過ぎるとガスが発生し、パッドとローターの摩擦力を低下させてしまいます。

 

 

その結果、ブレーキの効きが悪くなってしまいます。

 

 

フェード現象は突然ではなく徐々に起こるものなので、ブレーキペダルの踏みごたえの変化で気づくことも多くあります。
(また、パッドが焦げた臭いや煙で気づくこともある)

 

 

つまり、ブレーキペダルを強く踏まないと効かなくなってきたなら要注意。

 

 

こうような状態で減速したい場合は、いつも以上にペダルを強く踏み込むしかありません。

 

 

フェード現象を防ぐためにできること

 

 

フェード現象は、山道の長い下り坂などでフットブレーキを酷使することで起こるので、ブレーキを休み休み使うことで防ぐことができます。

 

 

自動車教習所で「ポンピングブレーキ」を習ったかと思いますが、その運転技術が役立ちます。

 

 

ブレーキペダルを踏んでいないときはパッドの熱が空気中に放出されるので、連続してブレーキを使わないようにすることが大切です。

 

 

さらに、マニュアルモードつきのAT・CVTなら低いギアを選択するなどして、エンジンブレーキも上手に利用すると効果的です。

 

 

フェード現象が起きても、走りながらブレーキを冷やすことができれば回復の見込みはあります。

 

 

ですが、急な坂がまだしばらく続くようなときには、車を止めて1時間ほど自然に冷えるのを待つしかありません。

 

 

 

 

 

ペーパーロック

 

ブレーキ液の温度が上がり、パイプの中で沸騰したときに発生する気泡によって起こるブレーキトラブルが「ペーパーロック」です。

 

 

ペダルを踏んでも踏みごたえがなくなるのはフェード現象と共通ながら、突然まったくブレーキが効かなくなるのが恐ろしいところ。

 

 

ペーパーロックはブレーキ液が沸騰した瞬間に起こるため、その直前まで何の前兆もなくブレーキは効いています。

 

 

そのため、感知することもトラブル回避も難しいのです。

 

 

もし起こってしまった場合は、ブレーキペダルをすばやく上下に動かし連続してブレーキ液を送り込むこと。

 

 

そうやって少し踏みしろが出たら深く踏み込んで止めるしか方法はありません。

 

 

ペーパーロックを防ぐためにできること

 

 

ブレーキ液が古くなると水分量が増すため沸点が下がり、ペーパーロックが発生しやすくなります。

 

 

ブレーキフルードを適切に交換していればペーパーロックはまず起こりません。

 

 

車検ごとに交換しておけば間違いないでしょう。

 

 

フェード現象もそうですが、車両重量の重いミニバンやSUVにはこういったトラブルが起こりやすいと言えるので、注意しながら運転しましょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

関連ページ

先進安全自動車(ASV)
ここ数年、先進安全自動車(ASV)という言葉をよく耳にします。先進安全自動車(Advanced Safety Vehicle)とは、自動ブレーキ装置などの先進技術を利用して、ドライバーの認知や判断、操作をサポートしてくれるシステムを搭載した自動車です。特に最近の新車モデルには、ほとんどが設定できるなど、近年目覚ましい発展があります。国土交通省が「ASV推進計画」の元に促進しているプロジェクトなので、今後発売される多くの車種で採用され、ASVであることが当たり前の社会になっていくことでしょう。
ゲリラ豪雨に対応した道路規制を確認して安全なドライブを
ゲリラ豪雨による冠水や家屋の床上浸水など、生活に与える被害も甚大であると同時に、クルマとドライバーに与える影響も小さくありません。そんな集中豪雨に対応した道路規制を確認して安全なドライブを楽しみましょう。
旅先でオービスを光らせたら現地の警察署まで出頭する必要がある?
旅先や遠方に出かけた際にオービスを光らせた場合、わざわざ違反切符を着られるために現地の警察署まで出頭する必要があるのでしょうか?現在主流のオービスシステムについても解説しています。
タイヤの排水性能は○○に左右される
タイヤの溝の深さと、雨の日の排水性能について。溝の浅くなったタイヤは制動距離が長くなったり、ハイドロブレーニングの危険性が高まります。また自動ブレーキ車の性能が十分に発揮されないケースにもつながります。
冬のカーブが危険な理由と安全に走るための運転テクニック3つ
冬のドライブには危険がいっぱい!とくに路面が凍結している際の運転には慎重さが求められます。冬のカーブが危険な理由と安全に走るための運転テクニックを紹介しています。
チェーン規制がかかる条件は?
冬にチェーン規制がかかる条件はどうなっているのか?また規制のかかった通行禁止区域をスタッドレスや夏タイヤで走るのは可能なのか?夏用タイヤのまま走ったら、違反切符を切られて、反則金を払うことになるのか?といった、出かける前に知っておかないと不安になることってありますよね。今回はこのようなポイントについて解説していくことにします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談