ポルシェ マカンの買取査定相場と市場での位置づけ

ポルシェ マカンの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のポルシェマカンの買取価格の相場は、439.6万円〜908.6万円

 

手っ取り早く愛車の最高買取額を知りたいときは?

↓   ↓   ↓

 

 

ポルシェ マカンの買取相場一覧

 

ポルシェ マカンの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年12月 2016年(平成28年) ターボ PDK 4WD スポーツクロノパッケージ / 0.4万km 8,210,000円
2016年9月 2015年(平成27年) S PDK アダプティブクルーズ / 0.9万km 5,335,000円
2016年7月 2016年(平成28年) GTS PDK 4WD パノラマサンルーフ スポーツエキゾスト / 0.6万km 7,570,000円
2016年5月 2015年(平成27年) ターボ / 0.3万km 10,380,000円
2016年4月 2015年(平成27年) S / 0.9万km 7,892,000円
2016年4月 2014年(平成26年) ベースグレード / 1.0万km 6,122,000円
2016年2月 2015年(平成27年) GTS / 0.6万km 8,219,000円
2016年1月 2014年(平成26年) ターボ / 1.7万km 8,855,000円
2015年12月 2014年(平成26年) S / 0.8万km 7,420,000円

 

マカンを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

ポルシェ マカンの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

“ベイビー・カイエン”と長らくウワサされていたポルシェ流コンパクトSUVが2014年に遂に登場。

 

 

大ヒットを飛ばしたカイエン同様に、走り味は非常にスポーティでファンの期待通りのクルマとなっています。

 

 

アウディQ5と血縁関係を持つものの、V6ユニットや4WDシステムは同社独自のもので、共有されているプラットフォームにしてもポルシェ流の設定とチューニングが施されています。

 

 

カイエンよりもホイールベースで90mm、全長で175mm短く、ベースモデル同士の比較で280kg軽いことから弟分には間違いないものの、単なるダウンサイジングバージョンにとどまってはいません。

 

 

全長の差以上に目立つオーバーハングの短さや、ダイレクト感に定評のあるPDK(デュアルクラッチ式AT)を採用していることが物語るように、豪快さが際立つ兄貴分に対して、走りの俊敏さ、軽快さで勝負をかけているSUVだといえます。

 

 

これは同社の911ボクスター/ケイマンの関係とも似ていて、上下関係ではなく“別の答え”ということになるのでしょう。

 

 

心臓となるエンジンはすべて直噴ターボ。

 

 

ノーマルグレードが237馬力の2L直4、Sは340馬力の3L V6、そしてターボモデルは400馬力の3.6L V6というパワーユニットを搭載しています。

 

 

また2015年10月には、マカンSと同じエンジンを積みながら360馬力を誇る新グレードのGTSが追加されています。

 

 

ポルシェのSUVシリーズは見た目の迫力もさることながら、クーペにない実用性の高さもヒットの理由。

 

 

この車も車格に見合うラゲッジの広さがあり、そのぶんユーザー層を限定しない新たなエントリーモデルとなっています。

 

 

 

 

後部座席は4対2対4分割可倒式で最大容量は1500リットルを確保し、電動テールゲートも用意されています。

 


現行モデル購入アドバイス!

「マカン」と「マカンS」の価格差は120万円。

 

 

その差は小さくないものの、エンジンが直4からV6になり動力性能が格段に向上するので「マカンS」はお買い得感十分です。

 

 

さらに高額な印象の「マカンGTS」を選ぶなら、思い切って「マカンターボ」を買ったほうが満足感は高いでしょう。

 

 

どのグレードにしても、オプションのスポーツプラスモードが装備されるスポーツクロノパッケージは選んでおきたいところです。

 

 

ポルシェ マカンの買取査定アップポイント

設計年次が新しく、まだ市場投入から間もないことからリセールバリューは格別。

 

 

ドイツ車のなかでも、現状もっとも高く売りやすい車種です。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

クルマの買い替えるときって、ワクワクしますよね。

 

でも、商談してるときに新しい車の値引き額ばかり気にしてませんか?

 

実は「今の車をいくらで買い取ってもらえるか?」のほうが重要だったりします。

 

私自身、下取り10万円と言われたスイフトが買取専門店で25万円で買い取ってもらえたことがあります。

 

その差額を購入代金にあてて、次のクルマのグレードをひとつアップできてしまいました。

 

それからは、クルマを売るときは “まずは一括査定を試してみる” と決めています。

 

試してみて1万円でも高く売れるなら、損をしないで済むということですからね。

 

申込は1分で終わるし、すぐに高額査定の会社が分かるから便利ですよ。

 

そのまま下取りに出したら

10万円以上損してるかも?

関連ページ

911
ポルシェ911の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
ボクスター
ポルシェボクスターの年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
ケイマン
ポルシェケイマンの年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
カイエン
ポルシェカイエンの年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。
パナメーラ
ポルシェパナメーラの年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談