保険を契約した初年度に自損事故を起こし車両保険を一般条件に変更しました

保険を契約した初年度に自損事故を起こし車両保険を一般条件に変更しました

年齢

性別

住まい

32歳

女性

山口県下関市一の宮町

免許証の色

車種/グレード

メーカー

ゴールド

Nワゴン

ホンダ

保険会社

年間保険料

等級

SBI損害保険

104,180円

7F等級

年齢条件

運転者限定

使用目的

26歳以上限定

本人・配偶者限定

日常・レジャー

対人保険

対物保険

車両保険

無制限

無制限

一般車両

人身傷害

特約

特約

3000万円

他の自動車運転危険保障特約

新規運転免許取得者に対する自動保障特約

 

 自 動 車 保 険 の 体 験 談

 

 

はじめての車購入に合わせて保険も新規契約することに

 

初めて新車でクルマを購入することになり、保険も手続きもなにもかも全くわからない状態からでした。

 

 

最初に友人に相談し、次にネットで一括見積もりをお願いをし、どの自動車保険がいいのか?いろいろと比較してみることに。

 

 

そうする中で一番条件が揃ったのと値段も手頃だったのがSBI損害保険株式会社だったので、ここに決めました。

 

 

車購入と保険加入から1年間、何もトラブルなどもなかったので2年目も、そのまま継続という形で手続きをとりました。

 

 

1年目は車両保険は「A限定」というものに入っていたのですが、自損事故のときの補償がないことが判明。

 

 

毎日ちょこちょこ乗るので、角をぶつけたりなどの地味に破損することの方が実際に起こりえそうな気がして。

 

 

なので、更新時に車両保険の部分だけ「一般条件」に変えました。

 

 

 

外資系の自動車保険はいざという時に使えない?

 

はじめての自動車保険選びについては、どのような会社があるのか?会社によってどう違うのか?などなど、

 

 

とにかく、まったく知識がなかったので、友達や旦那の同僚など、あちこちから話を聞いて情報を集めました。

 

 

ネットで調べるのもいいと思いますが、やはり近くにいる友人の声というのはリアルで説得力があるなと実感しましたね。

 

 

相談をする上で自分はどこを重視したいのか、どのあたりの値段で手を打とうと思っているのかを先に伝えてアドバイスをいただきました。

 

 

何人もの友人が口をそろえて言っていたのが、よくCMでやっているような外資系の自動車保険についてです。

 

 

「とても安くて魅力はあるが実際に事故にあったときに、電話をしてもなかなか電話に出なかったり、いざという時に使えないことが多い」

 

 

だから絶対に外資系はやめた方が良いとアドバイスを受けました。

 

 

実際に加入していた人の感想なので、信用できる情報だな、参考になるなと思いました。

 

 

 

パソコン音痴な私は契約手続きに四苦八苦。。

 

一括見積もりサービスで2社まで保険会社を絞り、見積もりを依頼し、さらに電話で詳しい内容を聞きました。

 

 

どちらの担当者も電話対応は丁寧で、無知なわたしにもわかるように手取り足取り教えてくださいました。

 

 

ただ、今は保険契約もすべてネットで手続きしないと割引の適応にならないとのこと。

 

 

電話で受け付けてはもらえません。

 

 

すべて自分でパソコン画面に入力しないとといけないのですが、なにがなんだかわからなくてとにかく大変でした。

 

 

SBI損害保険の電話対応の方は、あらかじめ私がネットが苦手であることを伝えると、わたしが口頭で伝えたことから入力画面に打つ内容をメールに書いて送ってくれました。

 

 

これは本当にありがたかったです。

 

 

最後にわたしの方で手続きだけをする状態まで準備してもらえたのでした。

 

 

パソコン音痴の私はそれでも苦労したものの、そこまでしたくれたことがSBI損保を選ぶ決め手になりました。

 

 

また、すでに書いたように、1年目は自損の車両保険に入っていなかったのですが、その最初の1年の間に運転ミスでクルマをぶつけたことがあります。

 

 

修理するほどではなかったのが幸いだったものの、やっぱり車両保険はフルカバータイプが必要だと思い、一般車両保険に入り直しました。

 

 

 

値段と安心とのバランスの難しさ

 

事故や故障など、これまで保険を使ったことは一度もありません。

 

 

保険の契約時には、対人や対物など重要な部分はかなり読んで調べて決めたのですが、今でもわからない部分はあります。

 

 

備考欄に書いてある、「自動車運転危険保障特約」や「新規運転免許取得者に対する自動保障特約」などは、なぜか付帯しているのですが。

 

 

全然何のことを言っているのかわからないし、説明を受けた記憶もありません。

 

 

やっぱり全てを理解はできていないのだなと実感しました。

 

 

またどういうところでいらない補償を削って保険料を安くしていくのも難しいと思います。

 

 

実際に削った時に限って事故を起こしたりすると元も子もないので・・・・。

 

 

何かあったときの保険といえど、値段と安心とのバランスの難しさは感じています。

 

 

 

どの部分の補償を手厚くしたいのか?をはっきりすることが大切

 

わたしは初めから無知な人間だったので、周りにいる友達や知り合い、いろんな人から情報を集め、最後は旦那と相談して自動車保険を決めました。

 

 

時間はかかったものの、結果的によかったと思っています。

 

 

実際に利用している人の声はわかりやすく、そして現実味があったので加入後のことを想像しやすかったです。

 

 

また、保険に入る上で自分はどこを重視したいのか?をはっきり決めておくことも大切だと思います。

 

 

値段なのか?万が一の事故を起こしたときのことを考えるのか?はたまた同乗の子どもたちについてを最優先すべきなのか?

 

 

重要ポイントにしておきたいところだけを手厚く設定し、だいたい困らない程度で大丈夫と思えるところは普通に設定する。

 

 

そうすることで、値段もはね上がらず、ほどよいところで決められるのではないかと今は感じています。

 

 

 

 

 

関連ページ

代理店型より通販型の自動車保険のほうが安いので切り替えました
代理店型より通販型の自動車保険のほうが安いので切り替えたという方の体験談です。
家族が契約していたソニー損保は事故対応でも満足できています
家族が契約していたソニー損保は事故対応でも満足できているという自動車保険の体験談です。
自動車共済の保険料は割と高額なため見直そうと決めました
自動車共済の保険料は割と高額なため見直そうと決めた自動車保険の体験談です。
損保ジャパン日本興亜の事故対応力が低いためおとなの自動車保険に切り替えました
損保ジャパン日本興亜の事故対応力が低いためおとなの自動車保険に切り替えた体験談です。
親の保険契約を引き継いで最初から20等級でスタートできました
親の保険契約を引き継いで最初から20等級でスタートできた自動車保険の体験談です。
通販系の自動車保険は女性オペレーターの対応がとても良かったです
通販系の自動車保険は女性オペレーターの対応がとても良かったという加入体験談です。
SBI損保の自動車保険はネット割引・早期割引で結構安くなりました
SBI損保の自動車保険はネット割引・早期割引で結構安くなったという体験談です。
オープンカーの屋根が閉じなくなりロードサービスに助けてもらいました
オープンカーの屋根が閉じなくなり、自動車保険に付帯のロードサービスに助けてもらった体験談です。
三井ダイレクトは保険料が安い上に鍵の閉じ込めの対応も無料でした
三井ダイレクトの自動車保険は保険料が安い上にロードサービスの鍵の閉じ込めの対応も無料でした。
人身傷害保険の金額と内容を重視して富士火災海上に加入しました
人身傷害保険の金額と内容を重視して富士火災海上に加入しました。私は富士火災海上保険を選んで、保険金額も安く、なかなかの保証が受けられるので本当に良かったと思っています。
ソニー損保の標準プランで保険料も対応も満足できています
ソニー損保の自動車保険はCMでよく目にしていたので気になっていました。走行距離に合せて保険料が変わるということで、家庭用に使っていてあまり走行距離がない我が家ならお得かなと思い、この保険を選ぶことにしました。結果、ソニー損保の標準プランで保険料も対応も満足できています。
はじめての自動車保険加入 まだネット見積もりも普及してなかったころ
自動車保険について、今でこそインターネットで簡単に調べたり見積もりなんかもできます。そのままパソコン画面だけで申し込みすることもできてしまいます。ですが私が最初の車を買った当時(9年前)はまだそこまで個人でするネット見積もりの普及もなく、分からないことは担当の方に相談して教えてもらうことが多かったです。そもそも保険がどういったものか分かっていなかったので担当の方に必要に応じて相談をした記憶があります。
自転車運転中の損害賠償保険に入っていないなら個人賠償責任特約は必須
自動車保険に付帯できる個人賠償責任特約は、最初つけていなかったのですが、自転車に乗るようになってから、自転車運転中の損害賠償保険に入っていないことを知り、更新時に自分でつけた特約です。
ダイレクト通販系にはない長期契約が魅力で損保ジャパン日本興亜に加入
自動車を買ったディーラーがメインに扱っているということで、クルマの保険は損保ジャパン日本興亜にしました。ダイレクト系の保険より金額は高いのですが、窓口を一本化できるのと、ダイレクト通販系にはない長期契約ができるところにメリットを感じました。長期契約をすることで、例えば三年長期で入った場合、その三年間の間に事故や故障で保険を使っても保険料金は上がらないのと使っても多少相殺できます。また損保ジャパン日本興亜は、もと損保ジャパンと日本興亜火災が合併した大きな会社なので、信頼性的にも良いかなと思い入りました。
20等級なのに保険料が高い!一括見積りで保険会社を切り替えました
等級は最高の20等級まで上がっているのに、保険料が年間6万円ほどかかっていることに不満でした。それに、あまり車に乗る機会もないので事故で使用することもないだろうと、とにかく一番安い保険料の会社を希望していました。そして実際に保険の切り替え時期が来る2か月くらい前に、保険料を一括見積りして比較できるサイトを利用。最終的にSBI損害保険に決めました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談