親の保険契約を引き継いで最初から20等級でスタートできました

親の保険契約を引き継いで最初から20等級でスタートできました

年齢

性別

住まい

24歳

女性

岐阜県美濃市

免許証の色

車種/グレード

メーカー

ゴールド

ハリアー/エレガンス

トヨタ

保険会社

年間保険料

等級

東京海上日動

98,670円

20等級

年齢条件

運転者限定

使用目的

21歳以上限定

家族限定

通勤・通学

対人保険

対物保険

車両保険

無制限

無制限

一般条件

人身傷害

特約

特約

1000万円

弁護士費特約

新車特約

 

 自 動 車 保 険 の 体 験 談

 

 

等級を引き継げるのは「同居の家族」

 

東京海上の保険に加入したのは、初めて車を買ったときに親が入っていた保険を案内してもらったからです。

 

 

最初にクルマを買ったときの年齢が18歳で、免許も取り立てでした。

 

 

それで、そのまま新規契約で普通に加入すると保険料がめちゃくちゃ高くなってしまいます。

 

 

等級は下から2番目のの7等級からスタートで、年齢制限も若くなるからだそうです。

 

 

そこで私は、親の等級(保険契約)を譲ってもらうことで、いきなり20等級から加入をすることができました。

 

 

「同居の家族」の持っている契約なら、引き継ぐことができるのだそうです。

 

 

 

保険料を計算しながら買う車を決めた

 

保険の金額はクルマの車種や車両保険の設定金額によっても変わるとのこと。

 

 

ですから、買う車を決める前に、自分の乗りたい車だと支払う保険料がいくらくらいになるのか?を数台提案して確認しました。

 

 

保険は月々支払うものなので、継続的に払っていっても大丈夫な金額の車種なのか?を考慮してクルマを選びました。

 

 

あとは補償の内容が各社いろいろあります。

 

 

どの補償がどういう時に必要になってくるのかを保険会社さんに一つ一つ確認しました。

 

 

自分で生活する中で必要になりそうな内容のものと、そうでないもの。

 

 

保険会社さんが付けておいた方がいいとすすめてくるものは、特約も含めてつけるようにしました。

 

 

金額が安いものは月々の支払いは楽ですが、いざというときに補償が手薄になるといけないので気をつけようと思いました。

 

 

 

東京海上の代理店の人がこまめに連絡をくれる

 

私の場合、親の等級(20等級)を譲ってもらうことができ、保険料を安くできたのはラッキーでした。

 

 

たとえばこれが一人暮らしで、自分1人で加入すると7等級からのスタートになり、保険料が10万円くらい高くなってしまうところでした。

 

 

東京海上の代理店の人から加入してますが、自宅まで来てゆっくり丁寧に保険の内容を教えてくれます。

 

 

紙に書いたり、アイパッドを使ってどんな内容なのか、どういう事故の時にどういう保証をしてくれるものなのか、どういう時にいくらのお金が動くのかなどをこと細かに
教えてくれました。

 

 

毎年、更新のときも再度加入している保険の内容と、年齢や免許証の色で保険条件が変わって月々の支払いがいくらに変わるのかを連絡くれます。

 

 

さいわい事故もないので一年に一度しか会わないですが、いつもとても優しく対応してくれるので安心です。

 

 

 

安い保険を選んだばっかりに損することもあるかも

 

保険を色々と調べると、高いものから安いものまであります。

 

 

ネットで加入できるものもあります。

 

 

私は事故をしたこともなく、故障をしたこともないので実際に保険を使ったことはないです。

 

 

事故がない限り、保険のありがたみはわからないと思うし、自動車保険は掛け捨てなので「払い過ぎかな?」と思いがちです。

 

 

そうなると、保険料を節約するために、色々な保険会社を調べて一番安い保険に加入するのがいいと考える人は多いと思います。

 

 

しかし、知り合いで自動車事故にあった人に話を聞くと「もっと充実した保険に入っていればよかった」という人もいます。

 

 

しっかり一つ一つの内容を理解せずに保険内容をカットしたり、値段だけで判断をすると、いざ事故・故障があったときに困るのかもしれません。

 

 

対応してほしいのにしてもらえず、困ることや損をすることもあるそうです。

 

 

価格と安心感のバランスが難しいですが、補償が十分に手厚くて、支払える範囲なら少し高いと感じるくらいの保険に加入するのがいいのかな?といつも感じています。

 

 

 

自賠責だけでは対応できない

 

私の友人には「自賠責保険は入ってるけど、任意保険は高いから入っていない」という人もいます。

 

 

でも、クルマの保険はどちらにも確実に加入しているのがいいと思います。

 

 

まず、車は安いものではないため事故が起きたときに損害があると、まず自分の貯金だけでは対応できない場合がほとんどです。

 

 

私たちくらいの若い人なら貯金額も多くないはずなのでなおさらです。

 

 

また、車の事故は自分がどんなに気をつけていても周りからもらう事故もあります。

 

 

ですから、いつ何が起きてもいいように加入するべきです。

 

 

加入するときは、ネットで手軽にできるものや電話で加入するものもいいと思いますが、やっぱり保険会社の方や保険代理人の方に直接会って、保険の内容をしっかり教えてもらいながら決めるのが安心できてオススメです。

 

 

保険会社の人の中には、こちらに必要なさそうな内容のものをつけてくる人もいるかもしれません。

 

 

なので、確何をプラスすると金額がどのように変わるのか?を一つ一つ確認することも大切だと思います。

 

 

自分の納得のいく保険プランで加入することが大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

代理店型より通販型の自動車保険のほうが安いので切り替えました
代理店型より通販型の自動車保険のほうが安いので切り替えたという方の体験談です。
家族が契約していたソニー損保は事故対応でも満足できています
家族が契約していたソニー損保は事故対応でも満足できているという自動車保険の体験談です。
自動車共済の保険料は割と高額なため見直そうと決めました
自動車共済の保険料は割と高額なため見直そうと決めた自動車保険の体験談です。
保険を契約した初年度に自損事故を起こし車両保険を一般条件に変更しました
自動車保険を契約した初年度に自損事故を起こし車両保険を一般条件に変更した体験談です。
損保ジャパン日本興亜の事故対応力が低いためおとなの自動車保険に切り替えました
損保ジャパン日本興亜の事故対応力が低いためおとなの自動車保険に切り替えた体験談です。
通販系の自動車保険は女性オペレーターの対応がとても良かったです
通販系の自動車保険は女性オペレーターの対応がとても良かったという加入体験談です。
SBI損保の自動車保険はネット割引・早期割引で結構安くなりました
SBI損保の自動車保険はネット割引・早期割引で結構安くなったという体験談です。
オープンカーの屋根が閉じなくなりロードサービスに助けてもらいました
オープンカーの屋根が閉じなくなり、自動車保険に付帯のロードサービスに助けてもらった体験談です。
三井ダイレクトは保険料が安い上に鍵の閉じ込めの対応も無料でした
三井ダイレクトの自動車保険は保険料が安い上にロードサービスの鍵の閉じ込めの対応も無料でした。
人身傷害保険の金額と内容を重視して富士火災海上に加入しました
人身傷害保険の金額と内容を重視して富士火災海上に加入しました。私は富士火災海上保険を選んで、保険金額も安く、なかなかの保証が受けられるので本当に良かったと思っています。
ソニー損保の標準プランで保険料も対応も満足できています
ソニー損保の自動車保険はCMでよく目にしていたので気になっていました。走行距離に合せて保険料が変わるということで、家庭用に使っていてあまり走行距離がない我が家ならお得かなと思い、この保険を選ぶことにしました。結果、ソニー損保の標準プランで保険料も対応も満足できています。
はじめての自動車保険加入 まだネット見積もりも普及してなかったころ
自動車保険について、今でこそインターネットで簡単に調べたり見積もりなんかもできます。そのままパソコン画面だけで申し込みすることもできてしまいます。ですが私が最初の車を買った当時(9年前)はまだそこまで個人でするネット見積もりの普及もなく、分からないことは担当の方に相談して教えてもらうことが多かったです。そもそも保険がどういったものか分かっていなかったので担当の方に必要に応じて相談をした記憶があります。
自転車運転中の損害賠償保険に入っていないなら個人賠償責任特約は必須
自動車保険に付帯できる個人賠償責任特約は、最初つけていなかったのですが、自転車に乗るようになってから、自転車運転中の損害賠償保険に入っていないことを知り、更新時に自分でつけた特約です。
ダイレクト通販系にはない長期契約が魅力で損保ジャパン日本興亜に加入
自動車を買ったディーラーがメインに扱っているということで、クルマの保険は損保ジャパン日本興亜にしました。ダイレクト系の保険より金額は高いのですが、窓口を一本化できるのと、ダイレクト通販系にはない長期契約ができるところにメリットを感じました。長期契約をすることで、例えば三年長期で入った場合、その三年間の間に事故や故障で保険を使っても保険料金は上がらないのと使っても多少相殺できます。また損保ジャパン日本興亜は、もと損保ジャパンと日本興亜火災が合併した大きな会社なので、信頼性的にも良いかなと思い入りました。
20等級なのに保険料が高い!一括見積りで保険会社を切り替えました
等級は最高の20等級まで上がっているのに、保険料が年間6万円ほどかかっていることに不満でした。それに、あまり車に乗る機会もないので事故で使用することもないだろうと、とにかく一番安い保険料の会社を希望していました。そして実際に保険の切り替え時期が来る2か月くらい前に、保険料を一括見積りして比較できるサイトを利用。最終的にSBI損害保険に決めました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談