前方不注意から衝突事故!物損事故の事後対応はとても面倒でした

前方不注意から衝突事故!物損事故の事後対応はとても面倒でした

年齢

性別

住まい

44歳

男性

長野県須坂市仁礼

免許の色

車種/グレード

メーカー

ブルー

ヴォクシー Z煌

トヨタ

保険会社

年間保険料

等級

東京海上日動

56,700円

20等級

保証内容

過失割合(自分:相手)

支払われた保険金額

対物、車両

40:60

対物保険で22万円、車両保険で20万円

 

 交 通 事 故 の 体 験 談

 

 

反対車線の右折車に意識が行かず・・・

 

家の近くの交差点での事です。

 

 

左折しようと青信号の交差点に進入して、横断歩道を小学生や女性が渡るのを見ていました。

 

 

そして、その歩行者が交差点を渡り切ったところで、進もうと思ってアクセルを踏んだときに、反対側から来ている右折の車とぶつかってしまったのです。

 

 

確かに私も、左の歩行者の方にばかり気が行って、反対車線から右折しようとしている車に対してはほとんど意識を向けていませんでした。

 

 

そして、話をしたところ、相手の方も同様に歩行者が渡り終わったことで、進もうと思ったとのこと。

 

 

こちらの存在が目に入っていなかったようです。

 

 

場所が、信号機のある交差点でもあり、お互いの前方不注意から衝突事故となってしまいました。

 

 

割合的には相手側の方がやや悪いという判断となりましたが、交差点は非常に注意をしなければならないと認識しました。

 

 

 

事故現場に担当者が来ないタイプの自動車保険だった

 

交差点でぶつかった後、その交差点の中で立ち往生するのは危険ですし、周りの車の迷惑にもなることから、すぐ近くの路側帯に車を移動しました。

 

 

幸い、ほとんど衝撃も無く、身体は何もない状況の様でしたので、すぐにお互い車から降りて話をしました。

 

 

110番に電話をして、その場で待つこと30分位。

 

 

その間に、お互いの名前、住所、連絡先、そして、自動車保険の保険会社を交換しました。

 

 

また、おたがいの車についても、ナンバープレートや破損箇所がわかるように写メを撮りました。

 

 

身体の調子を聞いたのですが、何も異常はないようだとの返答。

 

 

但し、一応、病院には行きましょうねと世間話をしながら待機していたのを覚えています。

 

 

そして、それぞれの保険会社にも電話で連絡。

 

 

双方とも現地には担当者が来ないタイプの保険に加入していたので、遠隔でやりとりをすることになりました。

 

 

その後、警察が来て、現場検証を行いました。

 

 

 

自車の修理にかかる一時金は自分で出すことに

 

基本的には、事故を起こした後は保険会社にお任せにしました。

 

 

ただ、両方のの保険会社からいろいろ連絡が来て、何がなんだかわからなかった思い出があります。

 

 

特に、状況説明だけならまだしも、その後の過失割合を決めるための話などは、説明に苦慮しました。

 

 

こんな感じだったら、現地に保険会社が来る契約の方が良かったと思いました。

 

 

そして、警察の現場検証は30分くらいで終了。

 

 

おたがい車は問題なく動くことから、それぞれ、保険会社の指定工場まで持ち込みました。

 

 

その後、念のために病院へ行きレントゲン撮影を行いましたが、それでも異常なし。

 

 

結局、人身事故にはならず、物損事故として双方交渉を進めることとなりました。

 

 

後は、ちょくちょく保険会社より状況の報告が入ってきて、結局、私40:相手60の割合で示談することに。

 

 

そして、先方に挨拶だけ行きましたが、お互い軽い話で終わりました。

 

 

ただ、この示談金の確定までの期間が約1ヶ月。後からお金が支払われるとはいえ、修理にかかる一時金は自分で出すことになり、面倒でした。

 

 

 

だれでも完璧な運転なんてできない

 

人身事故でないだけ良かったのですが、やはり事故を起こすといろいろと大変です。

 

 

特に車は少なからず傷がついたわけですし、その修理に2週間程度かかってしまいました。

 

 

また、保険会社からの連絡も多く、良く内容は理解できなかったのですが、電話を受けるだけでも非常に面倒に感じました。

 

 

そして、保険の等級も下がるわけですから何も良いことなんてありません。

 

 

ちょっとした不注意から事故は発生しやすいものです。

 

 

相手が悪い、自分が悪かったなどあると思いますが、だれでも完璧な運転なんてできないと思います。

 

 

毎日車に乗っているからこそ、絶えず、歩行者やほかの車に注意して安全運転をしなければならないと考えさせられました。

 

 

今思えば、良い勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

交差点の衝突事故でファミリーバイク特約の補償を受けました
交差点の衝突事故でファミリーバイク特約の補償を受けた交通事故の体験談です。
追突事故に遭い車が大破 対物賠償で請求できる金額を越えてしまいました
追突事故に遭い車が大破、対物賠償で請求できる金額を越えてしまった自動車事故の体験談です。
一旦停止無視の車が側面衝突!プリウスが全損になる事故に・・・・
一旦停止無視の車が側面衝突!プリウスが全損になる事故に・・・・という自動車事故の体験談です。
路面凍結でブレーキが利かずにオカマを掘る事故を起こしていまいました
路面凍結でブレーキが利かずにオカマを掘る事故を起こしてしまった自動車事故の体験談です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談