ランボルギーニの買取査定相場と市場での位置づけ

ランボルギーニの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

フェラーリと双璧をなすイタリアのスーパーカーメーカー。

 

ミウラ、カウンタック、エスパーダ、ウラッコなど日本のスーパーカーブームでも注目されたモデル以降も、歴史に語り継がれる名車を次々に世に送り出しています。

 

1963年の設立からトラクターの自社開発を手がけ、翌年に最初の量販市販車・350GTを発売して以来、今に至ります。

 

フォルクスワーゲン傘下になってからもムルシエラゴ、ガヤルドと意欲的に新モデルを発表。

 

現在の主力は攻撃的なデザインのウラカンとアヴェンタドールに移り、新しい時代を切り拓いているところです。

 

 

 

 

創業者フェルッチョ・ランボルギーニが指揮を執った時代に先鋭的なモデルを輩出し、急速に知名度を高めることに成功したものの、企業としての歩みは順風満帆とはいかず、1980年には倒産も経験。

 

しかし、1998年にアウディ傘下となってからは業績とともに商品力も改善され、高級車ブランドとしての地位も強固なものとなっています。

 

そんなランボルギーニの車種別の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて各ページで解説しています。

 

 

ランボルギーニの買取査定相場と市場での位置づけ記事一覧

ランボルギーニガヤルドの買取査定相場と市場での位置づけ

現在のガヤルドの買取価格の相場は、637.0万円〜2014.6万円ランボルギーニガヤルドの買取相場一覧ランボルギーニガヤルドの買取査定の事例を一覧にまとめました。査定時期年式車名・グレード・走行距離査定額2017年10月2004年(平成16年)e-gear / 3.4万km7,570,000円201...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
中古車の売り方 中古車の一括査定 車査定の体験談 自動車保険 自動車保険の体験談