【2018年】ジャガーの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

 

サー・ウイリアムス・ライオンズが1922年に設立した「スワロー・サイドカー社」が前身のイギリスの高級車メーカー。

 

1931年に最初の「SS1」を開発し、1935年には初めてジャガーの名が与えられた「SSジャガー2.5リッターサルーンを誕生させました。

 

現在はランドローバーとともにインド・タタモーターズの傘下に。

 

とはいえ、近年はアルミニウムボディをはじめとした革新的な技術の投入で、新時代に向けてのクルマ造りは勢いを増してきています。

 

 

 

 

伝統的にラグジュアリーセダンを得意とするものの、最近になってスポーティクーペ・Fタイプ、SUVモデル・Fペースを導入するなど、目が離せないブランドのひとつとなっています。

 

そんな同社の車種別の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて各ページで解説しています。

 

 

 

【2018年】ジャガーの買取査定相場と市場での位置づけ記事一覧

現在のジャガーXJの買取価格の相場は、13.8万円〜768.6万円ジャガーXJの買取相場一覧ジャガーXJの買取査定の事例を一覧にまとめました。査定時期年式車名・グレード・走行距離査定額2017年11月2000年(平成12年)XJ8 3.2-V8 / 11.4万km96,000円2017年10月2006年(平成18年)3.0 エグゼクティブ / 3.1万km887,000円2017年10月2012年...

現在のジャガーXFの買取価格の相場は、90.3万円〜528.8万円ジャガーXFの買取相場一覧ジャガーXFの買取査定の事例を一覧にまとめました。査定時期年式車名・グレード・走行距離査定額2017年10月2011年(平成23年)5.0 プレミアムラグジュアリー / 3.4万km3,285,000円2017年10月2012年(平成24年)3.0 ラグジュアリー / 2.1万km3,211,000円201...

トップへ戻る