【2018年】ルノーの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

 

創業者ルイ・ルノーが発明したダイレクト・ドライブ・トランスミッションを搭載したモデルの生産をきっかけに1898年に創業。

 

戦前は自動車だけでなく戦車や航空機なども手がけていましたが1945年に国営化され、コンパクトカーを中心に数々の傑作モデルを輩出してきました。

 

個性的な車造りを得意とする、フランスの二大自動車企業の一角を占めるメーカーです。

 

イノベーションを重視し、ブランド色を押し出したデザイン、快適性に優れる乗り味、ルノースポールによるスポーツテイストなど、さまざまな特色を持つブランドでもあります。

 

 

 

 

1996年に民営化して以降は、1999年に日産自動車と提携、ルーマニアのダチアなどを傘下に収め、ダイムラーとも提携するなどグローバル企業としての成長も著しいメーカーです。

 

F1参戦、スポーツモデルのラインナップなどで、スポーティイメージを強めていましたが、最近では魅力の一つであるベーシックタイプの車種の展開も積極的に行っています。

 

そんな同社の車種別の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて各ページで解説しています。

 

 

 

【2018年】ルノーの買取査定相場と市場での位置づけ記事一覧

現在のカングーの買取価格の相場は、12.5万円〜162.4万円ルノー カングーの買取相場一覧ルノー カングーの買取査定の事例を一覧にまとめました。査定時期年式車名・グレード・走行距離査定額2017年10月2014年(平成26年)ゼン / 1.6万km1,430,000円2017年8月2005年(平成17年)1.6 ダブルバックドア / 10.0万km24,000円2017年8月2011年(平成23...

現在のメガーヌの買取価格の相場は、5.1万円〜350.0万円ルノー メガーヌの買取相場一覧ルノー メガーヌの買取査定の事例を一覧にまとめました。査定時期年式車名・グレード・走行距離査定額2017年10月2012年(平成24年)スポール / 2.8万km2,030,000円2017年9月2007年(平成19年)1.6 / 4.0万km70,000円2017年7月2013年(平成25年)ベースグレード...

トップへ戻る