【2018年】プジョーの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

 

2010年に創業200周年を迎えた、フランスに本拠地を置く世界最古の自動車量産メーカー。

 

現在は「PSA・プジョーシトロエン」と呼ばれるグループに属し、伝統をバックボーンにたゆまぬ前進を続ける世界有数のカーメイキングブランドです。

 

もともとは鋼材の生産に始まり、手がける商品もコーヒーミルやミシンなど多様化。

 

1889年に蒸気機関3輪車を発表し、初のガソリン四輪自動車 “Type2” の開発につなげています。

 

 

 

 

伝統的に中央に “0” を置く3桁のモデル名をつけてモデルを発表していることでも有名です。

 

コンパクトカーを中心に幅広いラインナップを展開し、本国フランスでは同門のシトロエンとともにルノーと双璧をなすシェアを獲得しています。
本来はフルラインメーカーながら、日本導入モデルはコンパクトモデルやモノスペースが中心です。

 

そんな同社の車種別の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて各ページで解説しています。

 

 

 

【2018年】プジョーの買取査定相場と市場での位置づけ記事一覧

現在のプジョーRCZの買取価格の相場は、90.3万円〜258.3万円プジョー RCZの買取相場一覧プジョー RCZの買取査定の事例を一覧にまとめました。査定時期年式車名・グレード・走行距離査定額2017年11月2010年(平成22年)カーボンルーフ・パック / 3.5万km1,710,000円2017年9月2010年(平成22年)1.6 / 6.0万km1,693,000円2017年8月2012年...

現在のプジョー207の買取価格の相場は、11.2万円〜94.5万円プジョー207の買取相場一覧プジョー 207の買取査定の事例を一覧にまとめました。査定時期年式車名・グレード・走行距離査定額2017年10月2010年(平成22年)CC プレミアム / 1.4万km794,000円2017年9月2009年(平成21年)CC GT / 4.2万km690,000円2017年8月2009年(平成21年)...

トップへ戻る