外車を国産ディーラーで下取りに出すと損する3つの理由

 

 

今現在、外車を所有していて、「次のクルマは国産にするつもり」というオーナーさんもいるでしょう。

 

そんな方が実際に乗り換えるときになって気になるのが、「今の愛車がどのくらいの値段で売れるか?」ではないでしょうか。

 

買取にしても下取りに出すにしても、その査定額次第で、次に買う車の予算にも影響してきますよね。

 

下取りも買取りもそれぞれにメリットデメリットがあります。

 

>>ディーラー下取りのメリットとデメリット 車を売るつもりなら必見!

 

 

ですから時間がない人や別に高く売れなくても良いという人は、手間を考えて下取りに出すのもひとつの方法です。

 

ただし輸入車を国産国産ディーラーで下取ってもらうときには、さらに注意が必要になります。

 

国産ディーラーで外車・輸入車を高く下取りできないのにはワケがある!

 

・・・という事実を知っておいたほうがいいでしょう。

 

一般に、外車や輸入車は高く売りたくても国産ディーラーで下取りに出すと損をするといわれています。

 

その理由について解説していきます。

 

 

 

 

 

転売が難しく不良在庫になりやすい

 

国産ディーラーではお客様からの要望があった場合には、基本的にどんな車であっても下取りを断るということはしていません。

 

新車(もしくは在庫中古車)を買ってもらえる、という前提で商談を進めるからです。

 

しかし、いくつかの理由があるため、できれは外車や輸入車は下取りしたくないというのが本音。

 

主な理由の一つ目が、“転売が難しい”ということです。

 

外車や輸入車は流通量自体が少なく、安定的なニーズも少ないと考えられています。

 

外車人気は年々高まってきてはいるものの、日本車へのニーズとは比べ物にならないというのが実際のところです。

 

そのため、たとえ下取りをしても、すぐに売ることができるとは限らない。

 

ある意味、外車や輸入車を仕入れても、長く保有してしまう場合に在庫面でのリスクになる可能性が高いのです。

 

 

 

 

また、自社の中古車の場合には、中古専門の店舗など転売ルートが確保されています。

 

中古車を積極的に売ることは、「自社メーカーのクルマの売値を支える」という意味で利点もありますから、メーカーとしては比較的高値でも下取りを行うことができるのですね。

 

 

 

維持コストがかかる

 

外車は維持費がかかるというイメージがありますが、これも国産メーカーが仕入れたがらない理由のひとつです。

 

外車や輸入車などは、部品などの交換も手間がかかったり、高価になったりしてしまいますので、実際に維持するのに多くのコストがかかります。

 

国産車とは整備に必要な知識やマニュアルも異なることがあり、一部輸入車メーカーでは認証工場の認可を受けないといけないケースも出てきます。

 

「そこまでの手間はかけられない」という理由から、結局は安値でオークションに流してしまう・・・・そんな例は多々あるのです。

 

 

 

価格の相場変動が激しい

 

そして3点目は、価格の相場変動が激しいという点です。

 

これも流通量の少なさと需要の低さが関係しています。

 

中古車の流通が少ない車種というのは、市場価値が定まりにくく、販売・買取の両面で相場が確立しにくいのです。

 

そのため、利益が出ると計算して下取った輸入車が販売時には相場が下落していた、という状況になりやすいのですね。

 

先ほどの在庫保有リスクが高くなることとあわせて、国産ディーラー側にとっては下取りメリットが少なくなります。

 

 

 

まとめ

 

 

以上のような理由を見ていくと、外車や輸入車を高く売りたいと思ったときに、国産メーカーに持ち込んでも不利な面が多いということがわかります。

 

下取りよりは輸入車ディーラー、もしくは買取専門店に買い取ってもらう方がメリットが大きい場合も多いでしょう。

 

また、ネットの一括査定を利用すれば、複数の買取店のなかから最も高く買い取ってくれる店が見つかるかもしれません。

 

できるだけ損をしないように売却するのであれば、こうしたサービスの利用も考えたほうが得策です。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る