車を高く売るなら現在の査定価値を知ることが大切

 

 

車を売却するにもさまざまなコツがあります。

 

 

どうせ売るなら少しでも高く売りたいところですが、そのためには、まず、「いま乗っているクルマにいくらくらいの流通価値があるか」を知っておかなくてはなりません。

 

 

そのための方法にはいくつかの種類があります。

 

1.販売店や買取店にクルマを持ち込む

 

2.インターネットの車見積もりサイトを利用する

 

 

 

 

もうひとつは、自分の車に乗らずに中古車販売店に行き、自分のクルマの車種。年式を告げて「いくらくらいで販売していますか?」とたずねることです。

 

 

その金額から、販売店の利益を引いた額が、売却価格の目安となるわけです。

 

 

現在のところ、中古車販売の利益は10〜15%ほどを上乗せするケースがほとんどです。

 

 

販売価格100万円と言われたなら、85〜90万円ほどが買取の目標金額ということになります。

 

 

ネットオークションで個人売買するにしても、ネット査定を利用するにしても、このように目安の金額を知っていれば大きく損をすることがなくなります

 

 

 

 

下取りと買取の違いを知っておくことも大事

 

次のクルマを購入すること前提で、今のクルマを買い取ってもらうことを「下取り」といいます。

 

 

この「下取り価格」と、オークション市場の相場価格を参考にした「買い取り価格」は違うものだっと知っておかなくてはいけません。

 

 

下取りの場合、基本価格はあるものの、実際にいくらの値段をつけようと店側の自由です。

 

 

そのため、新しく買うクルマの値引き幅の調整に使われることもよくあります。

 

 

 

下取りは損をすることが多い

 

 

雑誌やブログに載っている新車購入記などを読むと、「高く下取りしてもらえて良かった」という人がいますが、ほとんどの場合は勘違いです。

 

 

多くの場合、高い金額で下取りしたように見せかけて、次の購入車の値引き幅を少なく抑えて、書類で操作しているに過ぎません。

 

 

値引き額と下取り額を(実際には)トータルにしてしまったことで、正確な買取額がわかりにくくなってしまいます。

 

 

このようなケースを避けるには、新車の値引き額と古いクルマの下取り金額をしっかり分けて提示してもらいましょう。

 

 

そのために交渉開始の時点では、値引き価格を明確にしてもらうために「まだ、下取りしてもらうかわからないから」と、とりあえず伝えておくのも有効な手段です。

 

 

 

買取査定額は店や担当者で大きく変わる?

 

一方の買取価格は、カーオークション市場での相場価格から、買取店の利益を差し引いた価格ということになります。

 

 

流通価格(販売店の店頭価格)から年式や車種、キズの程度などを見て算出されます。

 

 

オークション相場といってもそれほど厳密なものではありませんが、そこはプロの目。

 

 

実際の売却金額が店や担当者によって大きく変わることはまずありません。

 

 

とは言え、例外もあります。

 

 

輸入車や希少車、古い車、事故車などは、それらを専門に扱う買取店に見積もらせることで、通常よりも高く買い取ってもらえる可能性が高まります。

 

 

また、業者同士を買い競わせることができる一括見積もりサイトを利用することで、数万円以上の差がつくケースも少なくありません。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る