中古車販売の利益 国産車と外車の利益率の違いについて

 

 

元、中古車業界で仕入れ、販売をしていました。

 

 

その中であまり消費者の耳に入らない中古車の利益について書き下ろしたいと思います。

 

 

特に知っておいて欲しいのが、「外車/輸入車がいかに利益を上乗せされて販売されているか」についてです。

 

 

 

 

 

同じ地域で比較検討しても価格差が出ることは少ない

 

まず初めに我々消費者が車を買う際は、足を運べる範囲のお店をネットや情報雑誌等で比較対象として、安い、高いを決めていると思います。

 

 

しかし、中古車の販売価格(販売利益)は地域、時期、その車の希少価値・人気によって大きく変動します。

 

 

大体中古車屋が固まっている地域に関しては、何となくその地域における相場が決まっているケースが多いです。

 

 

ですから、近場の店舗同士を比較してみても、さほど価格差は出ることはありません。

 

 

現在のところ中古車の利益は、軽自動車で¥50,000から¥80,000、普通車で¥100,000から¥150,000位が1台販売した時の粗利となります。

 

 

 

人気車種・希少車については別の相場がある

 

ただし、人気の車種や希少価値が付いている車に関しては、仕入れ値プラス¥300,000からの販売が一般的です。

 

 

それだけ高くても、需要が有るために売れるからです。

 

 

なので、我々業界の相場と、世間一般で出回っている相場は明らかに違うということになります。

 

 

もちろん新車で発売されてから年数が経てば、その車の金額(市場価値)は年数と共に落ちていきます。

 

 

ただ、人気車種ともなると一般市場での相場に関しては年数が経っても相場が変動する事はあまりありません。

 

 

すなわち、低年式、型落ちでも今だ人気がある車の販売は車屋にとって大きな儲けになります。

 

 

 

輸入車は適正金額があって、無いようなモノ

 

そして一番中古車屋が販売して1台に対して利益率が高いのが外車です。

 

 

「輸入車は適正金額があって、無いような物」とよく耳にしますが、まったくその通りなのです。

 

 

よく外車専門の中古車屋で、業者間でのオークションで約¥300,000位の相場の車が、車体本体価格¥1,300,000位で店頭に並んでいるのをよく見ます。

 

 

たしかに外車に関しては業者間オークションでも相場はあるようで無いのですが、外車が店頭で販売されている物に関しては少なくとも¥400,000から1,000,000の利益分が上乗せされていると考えていいでしょう。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

 

「外車こそ一括査定するべき」なのはなぜ?

 

トップへ戻る