プジョー308SW BlueHDi DIESEL待望の発売です!

 

 

只今、車の乗り換えを検討している運転好きの主婦目線で書かせていただきます。(ドライバー歴20数年)これまで一度だけ外国車に乗っていたことがありまして、運転している時のわくわく感はなんとも言えませんでした。現在は国産車に乗っていますが、次はまた外国車に乗ってみたいと思っていたところ、以前から気になっていたプジョー308SWのディーゼルエンジン車が発売されると発表されたので、只今購入を検討しております。

 

 

フランス本国ではディーゼルエンジンが主流になっていますが、日本でも今後は需要が伸びていくと思っています。これまでのガソリン車よりも燃料費が節減されるのはもとより、21.0km/?と燃費の良さは選択理由の一つです。さらに二酸化炭素排出量の低減により、エコカー減税が適用されることは大きな魅力です。それによりガソリン車との価格差がほぼないようなので、ディーゼルエンジン車を選択するべき絶好のタイミングだと思っています。

 

 

そもそもプジョー308SWの外観には一目惚れをしていましたので、ディーゼルエンジン車の発売は購買意欲をかなりそそられています。外観に一目惚れした理由は、ステーションワゴンタイプでありながら大人の品と高級感のあるボディラインです。見た目重視の私としてはその美しさがたまりません。そして機能性として、ラゲッジスペースの広さと段差が無いことで荷物の出し入れがしやすいことは主婦には大きいです。

 

 

さらにもう一つ、運転好きの私としては猫足といわれるプジョーの走行性を味わいたいというのもあります。ディーゼルエンジン車でのトルクの強さと加速性も期待できそうです。毎日の運転でもわくわく感を感じたい私には『プジョー308SW BlueHDi DIESEL』が今一番乗ってみたい魅力的な車です。試乗できるのが待ち遠しい日々を過ごしております。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る