最新の自動車盗難ツール・イモビカッターとは?規制の状況は?

最新の自動車盗難ツール・イモビカッターとは?規制の状況は?

 

 

年々巧妙化しているという自動車盗難の手口。

 

とりわけハイテク犯行ツールの進化はすさまじく、大事な愛車を守るのは難しくなってきているといいます。

 

なかでも「イモビカッター」と呼ばれる道具は、新型車のセキュリティですらくぐり抜けてしまう厄介者。

 

多くの国産車で普及している防犯装置である純正イモビライザーでは、もう盗難から逃れることはできないのでしょうか。

 

イモビカッターがどんな道具で、どのように盗みに使われているのか?

 

防御策はあるのか?というポイントを知ることで、車両盗難の危機からあなたの愛車を救うことができるかもしれません。

 

 

 

 

イモビカッターは誰でも買える、使える

 

 

イモビカッターは、その名のとおり「イモビライザーを無効化する」目的で使われるアイテムです。

 

もともとは車のキーをなくした人向けに作られた商品で、インターネットなどを利用することで誰でも入手できてしまいます。

 

イモビカッターを運転席付近のOBDポートに挿入すると、自動車に搭載されるコンピュータ(ECU)にアクセスできるようになります。

 

 

 

 

すると、クルマに保存されている暗号化されたキー情報をリセットして書き換えることができるというハイテク機器なのです。

 

これにより、別の暗号を認識させた合鍵でもイグニッションに挿し込めば、そのキーを正式なものと認識してエンジンがかかるという仕組み。

 

クルマ窃盗犯はこの機能を逆手にとって、盗みに悪用しているということなのですね。

 

 

 

キープログラマーとは?

 

イモビカッターとは別に、スマートキーのロックを解除する「キープログラマー」というアイテムも存在します。

 

鍵に触れることなくドアロックの開け閉めができたり、イグニッションに挿し込まずにエンジンの始動が可能なスマートキー。

 

キーレスエントリーに次ぐ便利機能として、多くの車で普及してきています。

 

キープログラマーは、そんなスマートキー搭載車のICチップの内容を書き換えてしまう道具。

 

端末をクルマに接続すると、クルマごとに設定されている暗号とは異なる暗号でも正しいものとして登録させることができるのです。

 

 

 

 

規制はされていないの?

 

上記2つのアイテムを使えば、車内にさえ入ってしまえばセキュリティを解除して車を盗む事ができるということになります。

 

最近の窃盗グループは、あらかじめコピーキーを作成し、まるで自分が所有者かのようにドアを普通に開けて乗り去っていくといいます。

 

厄介なのは、これらの道具がもともと正しい目的のために開発された商品なため違法性がなく、今の法律では規制できないということです。

 

ただし警察も手をこまねいているだけではなく、インターネットオークションサイトの管理人などに対して、イモビカッターの出品の削除を要請したり、自動車製造メーカーとのあいだで、イモビライザーの高度化などについて検討したりするなどの対策を講じているといいます。

 

地域によっては、イモビ無効化器具の所持を禁止する条例が施工されるようになってきています。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る