初めてのセルフスタンドが不安?スムーズな給油の手順を解説します!

初めてのセルフスタンドが不安?スムーズな給油の手順を解説!

 

 

最近では、有人スタンドからセルフに切り替わるスタンドも増えてきています。

 

 

「セルフスタンドは未経験、上手に給油できなかったらイヤだから避けてる・・・」という人も意外に多いかもしれません。

 

 

そこで今回は、セルフスタンドでスムーズに給油するための手順を解説していきます。

 

 

 

 

基本的には機械の指示に従うだけ

 

まず車の給油口がホースの前に来るように給油スタンドの前に駐車します。

 

 

最近のクルマの燃料計には、給油口の左右の位置を示すマークが付いていてわかりやすくなっています。

 

 

車を停めたらエンジンを止めて、財布を持ってクルマから降りましょう。

 

 

給油機に向かうと機会が反応して指示を出してきます。

 

 

機械の種類によるものの、たいていの場合は最初に支払い方法を聞いてきます。

 

 

現金払い・クレカ払いを選択し、クレジットカード払いならランプの付いた挿入口にカードを入れましょう。

 

 

次に、レギュラー、ハイオク、軽油から油種を選んでボタンを押します。

 

 

給油量は金額かリットルで指定するか、満タンかを選んでボタンを押します。

 

 

これで給油準備完了です。

 

 

続いて実際の給油作業に入ります。

 

 

 

作業前の静電気除去は確実に

 

 

最初に、給油機に取り付けてある黒い静電気除去パッドに手を触れます。

 

 

これは静電気で燃料が引火するのを防ぐためです。

 

 

海外の動画ですが、実際にセルフ給油時に静電気で引火して大変な事態になっているのを見たことがあります。

 

 

セルフ給油は事故が起こっても自己責任ですから、事故防止のために必ずパッドに触れてから作業するようにしましょう

 

 

 

実際の給油〜精算

 

 

クルマの給油口のキャップを開けます。

 

 

レギュラーなら赤色、ハイオクなら黄色、軽油なら緑色のガンノズルを持って給油口に深く差し込みます。
(ブランドによって色が異なる場合あり)

 

 

レバーを引くと給油が始まります。

 

 

レバーを引いているあいだだけ給油し、離すと止まる仕組みになっています。

 

 

さらに、強くレバーを引くとそのぶん勢いよく出ますが、タンク内の空気抜きがうまくいかないと給油が止まってしまうこともあるので力加減が必要です。

 

 

指定した量になるか満タンになると自動停止します。

 

 

ガンノズルを元に戻してから、給油口のキャップと蓋を閉めましょう。

 

 

クレジットカード払いならレシートを機械から取り出して終了です。

 

 

現金払いの場合は、おつりは機械から出たレシートを持って、自分で精算機で精算することになります。

 

 

おつりの取り忘れに注意しましょう。

 

 

 

わからなければスタッフに確認を

 

セルフスタンドでの給油は一度経験してしまえば、手順自体は難しくないことがわかるはず。

 

 

ですが、自己責任の作業になるので、とくに実際に燃料を入れるときにはきちんと確認しながら行いましょう。

 

 

セルフとはいってもスタッフはいるので、わからないことは聞くようにしましょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る