75歳以上の免許更新講習の具体的な内容

 

 

高齢運転者による事故を防ぐため、平成21年に改正された「75歳以上の運転免許更新」の内容。

 

 

その主な改善点は「認知症検査の義務付け」です。

 

 

そのための特別な講習を行うという話も聞きますが、具体的には何をやっているのか?をまとめてみました。

 

 

 

 

 

実際に受ける講習の内容、流れ

 

「75歳以上の運転免許更新」は各都道府県の指定教習所で実施され、75歳以上の人は認知症などの対策として、まず「予備検査」を受けることになります。

 

 

これには免許更新料とは別に料金が発生します(30分650円)。

 

 

内容としては、当日の月日や曜日などを書いたり、イラストを見て記憶力をテストするなどの検査が行われます。

 

 

判定結果には3段階あり、各段階に応じて(コースに従って)、次に「高齢者講習」を受けることになります。

 

 

この講習費は3時間5,200円です。

 

 

75歳以上の高齢者講習の内容は次のとおりです。

 

 

座学

高齢者が起こしがちな交通事故の実態に即して、逆走、片側へのはみだし、一時停止見過ごしなどを学ぶ。

 

安全運転の心得を再度、認識するもの。

 

 

適性検査

自動車操作検査機というものを使用して、夜間視力、動体視力、視野検査、精度を高めた聴力検査などを行う。

 

通常の(若い世代の)検査の中身を濃くしたようなもの。

 

 

実車

教習所のコース内で実施。

 

一時停止、見通しの悪い交差点での走行、S字カーブ、坂道走行など、高齢者が不得意だったり、見落としがちな部分を走行し、検査官と確認する。

 

所要時間はひとり10〜15分。

 

 

 

講習であって試験ではない

 

 

以上が、「75歳以上の運転免許更新」講習の内容ですが、あくまでも講習であって試験ではないというのがポイントです。

 

 

つまり、十分な適性結果が出なくても落とされる(免許を更新できない)というわけではありません

 

 

また、受講させた側が「あなたは車を運転するうえで必要な判断力が劣っているから、そろそろ運転をやめてください」とは言えない(強制力がない)のです。

 

 

 

平成29年4月以降に大きく改正される?

 

“運転をやめてくださいとは言えない” の部分については、平成29年4月に変わるという情報が入ってきています。

 

 

指定自動車教習所から免許証の自己返納をうながすことを実施する、という改正の流れになってきているとのことです。

 

 

たとえば「認知症の疑いがあります。医師のお墨付き(診断書)がないとハンドルを握ることはできませんよ」というような通達が来るようになります。

 

 

一度取得したものはなかなか手放さない人間心理が働くこと。

 

 

近年、高齢者による逆走や踏み間違え事故が増加していることなどが、改正が急がれる背景にあるということでしょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る