会社の経営者が高級車に乗る理由、乗れる理由

 

 

会社の経営者(以下経営者)といえばメルセデスベンツやBMW、アウディ、レクサス等の高級外車、国産車に乗っているイメージが強いですが、何故経営者は高級車に乗るのかを考えると、経営者だからこその理由が存在します。普通に考えれば、経営者はお金持ちであり、金があるから高級車を買えるし、乗れるのだとなります。確かにお金があるから高級車に乗れるのは間違いありませんが、他にも大きな理由があるのです。

 

それは会社の経費の観点から見れば一目瞭然です。会社を経営するにあたり経費は必ずかかるものであり、税金にも深く関わってきます。会社の売上げが少なければ税金は安くなり、逆に売上げが上がれば上がる程、税金も高くなるということを踏まえると、経営者は売上げが少ないのは会社としては良くないが、税金が高くなるのは困ると考えます。だから経営者は経費が売上に計上できることがわかっているので、経費で高級車を購入、又はリース契約にして売上を抑えるという節税をすると同時に、自分のお金を出すことなく高級車に乗れるのです。

 

ここで重要なのは高額な車になればなる程、会社の売上は低くなるので節税効果が高まるということです。中途半端な金額の車を選べば、従業員目線では贅沢のしない経営者と敬慕されるかもしれませんが、会社経営の視点から見れば、会社から余分な税金を払わないようにするという節税意識が若干不足しているとなります。もちろん会社の売上自体低い状況で高級車に乗るのはナンセンスだということは間違いありません。

 

経営者が高級車に乗る理由は、節税目的が一番の理由だとはいえ、気を付けなければならない点があります。それはフェラーリや、ランボルギーニといった趣味性の強い車です。会社で購入・リース契約するということは、その会社で必要であるという理由が必要になります。

 

冒頭で述べたような高級車は経営者が乗る以上高い安全性が必要というような理由で認められますが、フェラーリ等、俗に言うスーパーカーは経営者が仕事をする上で必要である理由にはならないと判断される可能性が高いと言えます。高級車を売る会社で宣伝目的だというケースで認められる場合もありますが、普通の会社ではまず経費計上は認められないと考えるべきです。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

 

「外車こそ一括査定するべき」なのはなぜ?

 

トップへ戻る