若者の車離れの原因は本当に車への関心が薄まったからなのか?

若者の車離れの原因は本当に車への関心が薄まったからなのか?

 

 

最近よく若者の車離れというワードをよく耳にします。

 

そして、その大半は「今の若者は車に関心がない」という理由で片付けられています。

 

でも果たしてそうでしょうか?

 

筆者も含めて小さい頃、乗り物に対して興味津々だった方はたくさんいるのではないでしょうか。

 

今回は、若者の車離れの“真の原因”について述べていこうと思います。

 

 

 

 

そもそも、どんな関心が車から離れていったのか

 

車への関心の寄せ方って人それぞれだと思うのです。

 

例を2つあげます。

 

いわゆるマイカーブームの時代は、車を所有することがステータスでした。

 

これは自身のステータスアップの手段として、「マイカーを持つこと」に関心が集まったと言えます。

 

また、公共交通機関が発達していない地域では「移動の手段」として車に関心が集まります。

 

この2つの例の共通点は、[車を手段として利用している]という事です。

 

逆に言えば車以外の手段があれば、そっちでも良いわけです。

 

つまり、時代によって左右されやすい不確定な車への関心だと言えます。

 

車離れが叫ばれる理由は、この車へ手段として関心を寄せていた層が、別の手段に移ったからではないでしょうか?

 

現代では自身のステータスを上げる方法はネットの発展により多種多様にあります。

 

また公共交通機関も確実に地方まで届くようになってきました。

 

車の維持費は決して安くありません。

 

もっと安く済む手段があるなら、そっちに移るのは当然の選択と言えます。

 

そういう意味では「手段としての車への関心」は下がったと言えるでしょう。

 

 

 

車に乗ることが最大の関心である層は、いつの時代もいる

 

先程あげた例とは全く別次元の関心を持つ層があります。

 

それは、車に乗ること、またはカスタムすることそのものに関心がある層です。

 

これ、時代が変わっても一定の割合でいると思うんです。

 

車の所有欲や運転することへの楽しみは、はやり魅力的です。

 

数字のマジックで車好きの数が減った様に見えるかもしれません。

 

しかし実際は、単純に少子高齢化で分母である総人口が減ったから、分子である車好きの数も減っただけです。

 

現に、車を趣味にしたいと言う人は約半数に一人の割合でいるというデータもあります。

 

そして、そういう人は、ほかのことを我慢してでも、やはり車を買うんですよね。

 

車を所有することで平均して年間40万円くらいは維持費として掛かります。

 

それでも月に換算すれば3〜4万程です。

 

働いていれば十分に払える金額ですし、趣味や買い物にこの位の金額を使っている人は多いはずです。

 

 

 

まとめ

 

確かにデータ上の数字を見れば、車への関心を持つ若者の絶対数は減ったと言えるでしょう。

 

しかし、突き詰めていけば、必ずしも関心が減ったとは言えないのではないでしょうか。

 

これからは車を走らせることへの喜びに若者の関心が向けられることを祈ります。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

 

トップへ戻る