90年代の国産スポーツカー

1990年代を彩った魅力あふれる国産スポーツカーたちをカテゴリーごとに紹介しています。

90年代の国産スポーツカー記事一覧

1990年代は国産スポーツカーの飛躍の時代でした。エンジンはシングルターボからツインターボへと進化、シャシー技術ではトルクスプリット式4WDやトラクションコントロールを採用、ABSも大きく進化しました。そしてサスペンションもマルチリンク式の採用が拡大するなど、「安定していてしかも速い!」を実現するさまざまな革新技術が次々に登場してきたのです。そんな技術を採用して登場したホンダ SNXや日産 スカイ...

90年代を代表する国産スポーツカーの中でも、絶対性能と高い走りの質感が魅力のハイパフォーマンスカーたちを紹介していくこのシリーズ。前回のホンダ NSXに引き続き、今回は日産 スカイラインGT-Rを紹介していきます。1990年代に登場した「R33」「R34」という2台の名車はどんなクルマだったのでしょうか?日産 スカイラインGT-R(R33)1989年に復活を遂げたスカイラインGT-Rは、ふたたび大...

1993年の2代目スープラ(JZA80型)のデビューは、多くの車好きや業界関係者を驚かせました。あのトヨタがこんな過激なクルマを登場させたのかと。初代スープラ(A70型)は、もともとセリカXXから発展する形で誕生したGTカーとしての色の強いモデルでした。それが2代目ではコンセプト大きく方向転換。妥協を排したハイエンドスポーツカーとして軽量化や質の高い走りにこだわっただけでなく、安全性や環境への配慮...

普通のセダンやハッチバックがベースなのにとびっきりハイパフォーマンス!そんな違和感が魅力のラリーカーのベースモデル。WRC(FIA World Rally Championship:世界ラリー選手権)グループAのレギュレーションから生まれ、ハイトラクションに必須の4WDを備え、ハイエンドターボエンジンに多くの電子デバイスを駆使する・・・そんな、いかにも男心をくすぐるラリーカーベースとなった国産車が...

前回の記事、90年代のWRCラリーベースモデルたち【ランエボ・インプレッサWRX】では、ラリーベース市販車として知名度の高い2車種を紹介しました。そして今回は、ランエボとインプに比べると認知度は低いかも知れないものの、90年代ラリーシーンにおいて高スペックと実績を誇った2車種を紹介します!「実力派ながら渋めのチョイス」「希少な中古車」ということもあり、いまだにマニアの間では高値で取引されることもあ...

トップへ戻る