新車購入時の残価設定ローンは得か損か

 

 

自動車は高額であるため、購入する時はローンを組むのが一般的です。

 

そして、ローンを完済すると、晴れて自分の所有物となります。

 

ところが、自動車ローンの中には購入した車を下取りに出すことを前提にしたローンがあり、それが「残価設定ローン」(残価設定クレジット)です。

 

 

 

 

残価設定ローンとは

 

残価設定ローンの「残価」とは、「買取保証額」のことです。

 

事前に定められた条件(走行距離など複数の指定項目があり)を満たしていた場合、ローン期間満了時(3年または5年)に買取保証額で購入された車が下取りされます。

 

残価設定ローンで返済する金額は、車両価格から買取保証額を差引いた金額になります。

 

例えば、車両価格が300万円で、買取保証額が100万円だとすると、残価設定ローンの返済額は200万円になります。

 

また、金利に関しても、契約者に新しい車に乗り換えてもらうことを目的としているため、通常のマイカーローンの金利より低めに設定されることが多くなっています。

 

 

 

ローン満了時における選択

 

残価設定ローンではローンが満了すると、即時に車を買取るか、乗換えるか、返却するかを選択しなければなりません。

 

1.買取

購入した車をそのまま乗り続けたい場合は買取ることになりますが、その場合は残価(買取保証額)を返済することになります。

 

一括で返済することもできますし、新たにローンを組み直すことも可能です。

 

2.乗換え

現在の車から別の車に乗換える場合は、購入車と同じメーカーの車で、且つ同じディーラーで新しい車を購入しなければなりません。

 

乗換える場合は残価の返済は不要になり、新しい車の代金を支払うだけで構いません(新たに残価設定ローンを組むことが可能です)。

 

3.返却

買取りもしない、乗換えもしない場合は、現在の車を返却することになります。

 

残価の返済は不要です。

 

 

 

残価設定ローンのメリット・デメリット

 

残価設定ローンのメリットとデメリットには以下のことが挙げられます

 

メリット1.合理性

同じ車を乗り続けるのではなく、一定の期間乗ったら新しい車に乗りたいという場合、購入した車の車両価格全額を支払うのではなく、乗った期間分だけお金を支払えば良いという合理性があります。

 

メリット2.一時的な利用

何らかの目的で3年または5年だけ使用し、その後は車を手放すことが明確な場合に効果的です。

 

デメリット1.割高の金利負担

購入した車をそのまま乗り続けることにした場合、金利負担が割高になります。

 

3年ないし5年の利息を支払ってこなかったことから、残価を一括で返済したとしても、結果的に通常の自動車ローンより支払う利息が多くなります。

 

デメリット2.新たな費用の請求

買取保証額というのは条件をすべて満たしている場合の価格であるため、一つでも条件をクリアしていない場合は追加費用を請求されます。

 

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

 

 

トップへ戻る