ゲリラ豪雨に対応した道路規制を確認して安全なドライブを

ゲリラ豪雨に対応した道路規制を確認して安全なドライブを

 

ここ数年で定着した感のあるゲリラ豪雨という言葉。

 

天候の急変による局地的な大雨を指す言葉ですが、毎年夏をむかえるごとに頻発していますよね。

 

このゲリラ豪雨、冠水や家屋の床上浸水など、生活に与える被害も甚大であると同時に、クルマとドライバーに与える影響も小さくありません。

 

特に夏といえばレジャーの季節ですから、家族や友人と長距離ドライブする機会も多くなります。

 

そんなときに出先で大雨に会えば、安全運転の妨げになるだけでなく、大切な愛車をあっという間に水没させてしまうような被害にあう危険性も無視できません。

 

そのような深刻な自体に対応すべく国土交通省も対策に乗り出しています。

 

 

 

 

よりリアルタイムな気象情報が得られるように

 

国土交通省によれば1時間に50mm以上の雨が降る「短時間強雨」は、1970年代にくらべて2000年代で1.3倍に増加しているとのこと。

 

それにともなって、一般国道を走る通行車両が巻き込まれるなどの被害も増加しているといいます。

 

そうした自体を未然に防ぐために、従来の連続雨量(累積雨量)による通行規制に代わって、時間雨量による規制の新たな実施を開始。

 

現在は試行という形ながら、全国でも危険性が高いとされる地点18路線、24区間を指定して実施がスタートしています。

 

国土交通省 交通規制・道路気象情報

 

 

 

前もってネットで気象情報をチェック

 

今後、時間雨量による道路規制が始まれば、リアルタイムでの交通安全が確保できる可能性が高まります。

 

ただし、私たちユーザーがその情報を上手に利用して対応するためには、その道路・路線の最新情報を入手しておく必要もあるということになります。

 

そのときに利用したいのが気象情報のインターネットサイトが提供している豪雨レーダーです。

 

最近ではスマートフォンアプリでも利用することができますから、天候が怪しいときには出かける前に確認して、豪雨が予測されるルートは避けるなどの対策がドライブ中の安全につながることでしょう。

 

日本気象協会 豪雨レーダー

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る