車のブレーキトラブル!フェード現象・ペーパーロックってなに?

車のブレーキトラブル!フェード現象・ペーパーロックってなに?

 

 

車を安全に運転するうえで生命線となるのがブレーキ。

 

 

そのブレーキの主なトラブルとして、「フェード現象」と「ペーパーロック」があります。

 

 

それぞれ、どんな状況でどんなことが起こるのか?

 

 

そして、起こったときの危険回避法について解説していきます。

 

 

 

 

 

フェード現象

 

ブレーキを酷使すると起きやすいのが「フェード現象」です。

 

 

ブレーキパッドに熱が蓄えられ温度が高くなりすぎたときに起こるブレーキトラブルです。

 

 

ブレーキパッドの温度が高くなり過ぎるとガスが発生し、パッドとローターの摩擦力を低下させてしまいます。

 

 

その結果、ブレーキの効きが悪くなってしまいます。

 

 

フェード現象は突然ではなく徐々に起こるものなので、ブレーキペダルの踏みごたえの変化で気づくことも多くあります。
(また、パッドが焦げた臭いや煙で気づくこともある)

 

 

つまり、ブレーキペダルを強く踏まないと効かなくなってきたなら要注意。

 

 

こうような状態で減速したい場合は、いつも以上にペダルを強く踏み込むしかありません。

 

 

フェード現象を防ぐためにできること

 

 

フェード現象は、山道の長い下り坂などでフットブレーキを酷使することで起こるので、ブレーキを休み休み使うことで防ぐことができます。

 

 

自動車教習所で「ポンピングブレーキ」を習ったかと思いますが、その運転技術が役立ちます。

 

 

ブレーキペダルを踏んでいないときはパッドの熱が空気中に放出されるので、連続してブレーキを使わないようにすることが大切です。

 

 

さらに、マニュアルモードつきのAT・CVTなら低いギアを選択するなどして、エンジンブレーキも上手に利用すると効果的です。

 

 

フェード現象が起きても、走りながらブレーキを冷やすことができれば回復の見込みはあります。

 

 

ですが、急な坂がまだしばらく続くようなときには、車を止めて1時間ほど自然に冷えるのを待つしかありません。

 

 

 

 

 

ペーパーロック

 

ブレーキ液の温度が上がり、パイプの中で沸騰したときに発生する気泡によって起こるブレーキトラブルが「ペーパーロック」です。

 

 

ペダルを踏んでも踏みごたえがなくなるのはフェード現象と共通ながら、突然まったくブレーキが効かなくなるのが恐ろしいところ。

 

 

ペーパーロックはブレーキ液が沸騰した瞬間に起こるため、その直前まで何の前兆もなくブレーキは効いています。

 

 

そのため、感知することもトラブル回避も難しいのです。

 

 

もし起こってしまった場合は、ブレーキペダルをすばやく上下に動かし連続してブレーキ液を送り込むこと。

 

 

そうやって少し踏みしろが出たら深く踏み込んで止めるしか方法はありません。

 

 

ペーパーロックを防ぐためにできること

 

 

ブレーキ液が古くなると水分量が増すため沸点が下がり、ペーパーロックが発生しやすくなります。

 

 

ブレーキフルードを適切に交換していればペーパーロックはまず起こりません。

 

 

車検ごとに交換しておけば間違いないでしょう。

 

 

フェード現象もそうですが、車両重量の重いミニバンやSUVにはこういったトラブルが起こりやすいと言えるので、注意しながら運転しましょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る