チェーン規制がかかる条件は?スタッドレスじゃダメなの?

チェーン規制がかかる条件は?スタッドレスじゃダメなの?

 

 

降雪のことを心配する季節になり、スタッドレスタイヤに履き替えようかと考える人もいるかと思います。

 

 

そのとき気にかかるのが高速道路でのチェーン規制

 

 

 

・チェーン規制がかかる条件はどうなっているのか?

 

 

・規制のかかった通行禁止区域をスタッドレスや夏タイヤで走るのは可能なのか?

 

 

・夏用タイヤのまま走ったら、違反切符を切られて、反則金を払うことになるのか?

 

 

 

といった、出かける前に知っておかないと不安になることってありますよね。

 

 

今回はこのようなポイントについて解説していくことにします。

 

 

 

 

 

チェーン規制には2種類ある

 

そもそもチェーン規制には2種類の意味があります。

 

 

まず「第一次チェーン規制」と呼ばれる「滑り止め装置・装着規制」です。

 

 

一般的に言われるチェーン規制は、この第一次規制のことを指します。

 

 

この規制のかかった道路を走行するには、冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)を装着するか、夏用タイヤの場合はチェーンを装着しなくてはなりません。

 

 

つまり、4本とも冬タイヤを履いていればOKなわけなので、「チェーン規制」という名称は紛らわしいですね。

 

 

この段階で、高速道路入り口やサービスエリアで係員や警察によるタイヤやチェーン装着のチェックが入ります。

 

 

夏用タイヤの準備しかない場合は引き返すか、次のインターチェンジで降りるように誘導されることになります。

 

 

 

 

次に「第二次チェーン規制」と呼ばれる「全車両チェーン装着規制」について。

 

 

こちらはスタッドレスを履いていても走行不可です。

 

 

金属、非金属を問わずチェーンの装着が必要になります。

 

 

この規制は高速道路が通行止めになる直前の緊急措置として出される場合が多いようです。

 

 

 

規制がかかる条件

 

チェーン規制がかかる条件は、降雪量だけでは決まりません。

 

 

パトロール隊や高速道路交通警察隊が巡回し、夏用タイヤでの走行が危険と判断されると「速度規制」「チェーン規制」を出すことになります。

 

 

さらに、除雪作業や凍結防止剤の散布では間に合わないと判断すれば、通行止めになるケースが多いようです。

 

 

また地域によっても条件は違います。

 

 

ノーマルタイヤ装着率が高い降雪量が多くない地域(雪国以外の地域)では、積雪で大渋滞や事故が発生しやすいため、10cm以下の降雪量でも通行止めにするパターンが増えてきているようです。

 

 

 

夏用タイヤで走ったら違反になる?

 

チェーン規制区間を夏用タイヤで走ったら違反になるのか?については、警察の制止を振り切った場合に限り違反となります。

 

 

高速道路では「高速自動車道等措置命令違反」となり違反点数2点、反則金はなし。

 

 

一般道では「警察官通行禁止制限違反」となり違反点数2点、反則金はなしとなります。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る