【2018年】ロータスの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

 

超軽量ボディのリアルスポーツカーを開発・生産を得意とするイギリスのロータス。

 

しかし、創業者であるコーリン・チャップマン亡き後は、何度も存亡の危機に瀕してきました。

 

その都度同社の歴史と名を惜しむ新たなパトロンがあらわれては窮地を救う・・・

 

そんな物語が起こりうるのも、稀代のアイデアマンに誘発され、鍛えられた技術者集団に投資の価値があったからこそでしょう。

 

 

 

 

現在のオーナーはマレーシアのプロトン。

 

アルミバスタブのユニークな構造を持つエリーゼが1995年に誕生してから、新生ロータスの新しいストーリーが始まりました。

 

そんな同社の車種別の年式・走行距離・グレードごとの買取査定相場一覧と、市場での位置づけについて各ページで解説しています。

 

 

 

【2018年】ロータスの買取査定相場と市場での位置づけ記事一覧

現在のエキシージの買取価格の相場は、313.6万円〜621.6万円ロータス エキシージの買取相場一覧ロータス エキシージの買取査定の事例を一覧にまとめました。査定時期年式車名・グレード・走行距離査定額2017年11月2005年(平成17年)ベースグレード / 2.1万km2,760,000円2017年9月2014年(平成26年)S 専用カラー プレミアムパック / 0.2万km6,000,000円...

現在のエリーゼの買取価格の相場は、189.0万円〜430.5万円ロータス エリーゼの買取相場一覧ロータス エリーゼの買取査定の事例を一覧にまとめました。査定時期年式車名・グレード・走行距離査定額2017年10月2006年(平成18年)111R スーパースポーツ / 8.7万km2,830,000円2017年9月2008年(平成20年)SC / 1.5万km3,060,000円2017年7月1999...

トップへ戻る